原一面を舞う蛍(ホタル)の光は、日本の初夏の風物詩とも言えますね。しかし身近なところでは、それは手の届かなくなった光景かも知れません。

そんな美しいホタルをたっぷり楽しみたいのでしたら、長野県で行われる信州辰野ほたる祭りがおすすめ!

一万匹以上ものホタルが見られると聞いたら、見に行きたくなりませんか?

そんな、辰野ほたる祭りの開催日程や見どころ、アクセス・駐車場についてまとめました。

スポンサーリンク

辰野ほたる祭りの開催日程と場所は?

2018年の開催は・・

ホタルが舞う

信州辰野ほたる祭りは、長野県上伊那郡の辰野町で毎年6月中旬に行われるお祭りです。今年で70回目となる伝統あるお祭りで、毎年6万人以上の方が訪れるんです!

2018年の開催日程は次の通りです。

  • 開催期間:2018年6月16日(土)~6月24日(日)
  • 会場
    • 松尾峡・ほたる童謡公園(長野県上伊那郡辰野町上平出)
    • 辰野駅周辺の歩行者天国(伊那富橋・平出〜松尾峡)*土・日のみ
  • 入場料
  • ほたる育成協力金として500円(中学生以下無料)*ほたる童謡公園のみ

信州辰野ほたる祭りの見どころは?

一万匹ものホタルが!

ホタルの乱舞

信州辰野ほたる祭りの見どころといえば、やはり圧倒的な数のホタルです。

ほたる童謡公園は「辰野挟」の一角にある、自然豊かな地域。天竜川の恵みもあって、ゲンジホタルの育成環境に適しているんですね。

一時は環境の変化によってその数も減りましたが、現在は保護活動のおかげでホタルも復活。多い時で一万匹以上のホタルが見られる、ホタルの名所となりました。

まるで天の川かと思うようなホタルの光は、他ではめったに見られないもの。その幻想的な風景は、きっと一生の思い出となりますよ。

ホタルの種類と狙い目の時間は?

辰野ほたる祭りで見られるホタルは、ゲンジボタルというもの。日本を代表するホタルで、やや強めの光を長めの間隔で点滅させる特徴があります。

ホタルは静かで湿った環境を好むため、風の少ない曇りの日が狙いめ。20時~21時ぐらいからが活発になる時間帯となるので、そっと蛍を見守りましょう。

*夜の23時過ぎてのこのホタルの乱舞がスゴイです!遅い時間帯の鑑賞もおすすめですね。

□第68回信州辰野ほたる祭りをタイムラプス

*夜の20時30分ごろから0時頃までの様子を撮影したものです。少し暗いですが、多くのホタルが飛ぶ様子がわかりますね。

ホタル以外も楽しい!

辰野ほたる祭りは、長野県の辰野町全体で行われているお祭り。そのためホタル以外にも、見どころがいっぱいあるんですよ。

例えば土日限定で夜に行われる歩行者天国

土曜日は17時~22時まで、日曜日は17時~21時まで、辰野駅前一帯からほたる童謡公園の松尾峡へと続く道が歩行者天国となり、多くの屋台で賑わいます。

また小学生の鼓笛隊や、中学校の吹奏楽部によるパレードも開催。

更に「ほたるのお宿うつし」という、牛車が登場する幻想的なイベントも開催されるんですよ!

スポンサーリンク

アクセスと駐車場について

公共交通機関でのアクセス

  • 東京方面から行く場合は・・
  • JR岡谷駅からJR飯田線に乗車して、JR辰野駅まで約10分

  • 名古屋方面から行く場合は・・
  • JR塩尻駅でJR中央本線に乗車して、JR辰野駅まで約20分

で到着。辰野駅から「ほたる童謡公園」までは徒歩20分程度です。

平日でしたらタクシーの利用も可能で、その場合5分程度で到着しますよ。

なお帰りは遅い時間になりますが、臨時列車も含めて1時間に1本程度の運行が。また土日限定で、松本駅から辰野行きの臨時列車も運行されます。

車でのアクセスは

車で行く場合は、中央自動車道・伊北ICから国道153号線を経由して約10分程度で到着。

ただし祭り期間中の週末は渋滞が予想されるため、早い時間からの移動をおすすめします。

ホタルが舞う!舞う!

駐車場について

駐車場に関してですが、ほたる童謡公園周辺に有料・無料駐車場が多く用意されています。ほたる童謡公園内の駐車場を含めると、合計2000台程度駐車できますよ。


※「赤」が有料駐車場、「青」が無料駐車場

有料駐車場は、次の4ヶ所が利用可能。

有料駐車場 料金 台数 場所
ほたる童謡公園内駐車場 1,000円 250台 辰野町上平出
辰野病院駐車場 500円 140台 辰野町辰野1445-5
丸山球場駐車場
(土日のみ)
500円 300台 辰野町辰野1425-2
ほたるの里検診センター
(土日のみ)
500円 40台 辰野町辰野1477-6

無料駐車場は、次の7ヶ所が利用可能です。

無料駐車場 台数 場所
辰野目立加工所駐車場 20台 辰野町辰野1550
辰野町役場周辺 300台 辰野町中央1番地
IHI回転機械体育館周辺 260台 辰野町伊那富3934
IHI回転回転機械第一工場下 200台 辰野町伊那富3934
JA上伊那辰野支所駐車場 50台 辰野町伊那富2809-1
JA上伊那ぬくもりの里デイサービスセンター駐車場 140台 辰野町伊那富2681-1
ときめきの街ショッピングモール駐車場 380台 辰野町中央606-1

ほたる童謡公園内の駐車場が満車でも他に駐車場がたくさんありますので、案内に従って移動しましょう。

有料駐車場からほたる童謡公園の名所までは徒歩で20分~25分、無料駐車場からは25分~35分程度で到着します。

その他にも、土日には予備の駐車場として、以下の9つの無料駐車場も開放されていますので、土日は最大3200台以上駐車が可能になります。

  • 平安祭典駐車場(約100台)
  • 辰野西小学校(約300台)
  • ユニバース城前南駐車場(約100台)
  • 辰野東小学校(約300台)
  • シンセイ駐車場(約30台)
  • 平井星光堂さくら工場(約60台)
  • 米玉堂食品駐車場(約40台)
  • 春日電機駐車場(約150台)
  • 協成長野工場駐車場(約40台)

ただし、ホタルの見頃時期や時間によってはいずれも満車となる可能性があるので、早めの移動をおすすめします。

蛍をこの目に!

野ほたる祭りは、豊かな自然と地元住人の努力によって成り立っているお祭りです。一万匹以上にもなるホタルの光はとても美しく、また迫力もあり、他では目に出来ない光景なんですよ。

ホタルは光や音に弱く、スマホのシャッター音やフラッシュが苦手。素敵な光景は撮影したくなりますが、スマホ越しではなく自分の目で楽しみたいですね。

美しいホタルの姿を見に、辰野ほたる祭りへ出かけませんか?