真夏の暑さに耐えるしろくま

気予報で「今日は夏日となるでしょう」と言われると、暑さを想像してうんざりしませんか?

しかし熱中症対策を考えたり涼しく過ごす準備がでるため、これらの予報はとても助かりますね。

ところでこういった予報では、「夏日」「真夏日」「猛暑日」と表現が変わることが。どの言葉も暑くて大変だという事はわかるのですが、具体的にはどういった違いがあるのでしょう?

夏日・真夏日・猛暑日の違い、またその他の暑さの表現である酷暑日や熱帯夜についても、あわせてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏日と真夏日と猛暑日の違い

夏日とは?

暑い夏日

夏日とは、1日(0時~24時)の最高気温が25度以上30度未満になる日の事を指します。

これは気象用語なのですが、天候は関係ないため、雨でも気温が25度を超えたらその日は夏日。季節も指定していない為、1月や2月でも25度を超えれば「夏日」なのです。

少し話はそれますが、30度未満と言われた場合、30度はその範囲に含みません。ですので夏日となる最高気温の範囲は、「25度から29度台の間」となります。

真夏日とは?

真夏日とは、1日の最高気温が30度以上35度未満となる日を指す気象用語。

雨の日で真夏日となれば蒸し暑くなりますし、晴天となれば体感温度は更に暑く感じます。夏日と発表された時点で熱中症対策は考えなければなりませんが、真夏日は更に熱中症への注意が必要

可能であれば日中の外出は避け、出る場合も日傘や帽子などで直射日光対策を行いましょう。また室内でも熱中症になりますので、こまめな水分補給と冷房などで気温を下げることも必要です。

猛暑日とは?

猛暑日とは、1日の最高気温が35度以上になる日を指す気象用語。上限がないため、40度を超える日があった場合も「猛暑日」となります。

猛暑日となった場合、日が暮れた後も暑さが残ることが多く寝苦しい夜になることが。そのため夜中でも熱中症対策が必要で、なるべく冷房を切らずに寝ることをおすすめします。

また猛暑日は外出を避け、どうしても出る場合は対策をした上で日陰を歩きましょう。

更に喉が乾いていなくても、こまめに水分を取ることも大切。この場合もお茶やジュースではなく、スポーツドリンクや経口補水液がオススメです。

経口補水液は市販されていますが、自宅でも作ることが可能です。

少しでも体調がおかしいと感じたら、熱中症を疑って直ぐに涼しい所で休憩して水分補給。特に子供や高齢者は体調変化に気づきにくいため、周囲で気を配るように心がけましょう。

【参考記事】
熱中症の症状と予防。水分補給の正しい方法とは?

夏日・真夏日・猛暑日、それぞれの違い

夏日・真夏日・猛暑日の違いを、比較してみましょう。

  • 夏日 →1日の最高気温が25度から29度になる日
  • 真夏日→1日の最高気温が30度から34度になる日
  • 猛暑日→1日の最高気温が35度以上になる日

夏日・真夏日・猛暑日は、それぞれの範囲が5度刻みです。

その点を覚えるとわかりやすいですね。いずれにしても最高気温は25度以上となる日ですので、暑さを覚悟して1日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

酷暑日とは?

酷暑日=猛暑日

ところで以前は「酷暑日」という表現もありましたが、最近は見聞きしませんね。

酷暑日は日中の最高気温が35度以上になる日を指す言葉で、実は気象用語ではありません。現在では同じ意味である気象用語の「猛暑日」があるため、めったに耳にすることがなくなりました。

温暖化の影響で

もともと気象用語には、35度以上になる日を指す言葉がありませんでした。しかし温暖化の影響で、最高気温が35度以上となる日が何日も続くように。

そのため2000年ごろより、マスコミでは35度以上になる日を「酷暑日」と言うようになりました。それを受けて2006年に気象予報用語が改定され、酷暑日と同じ意味の「猛暑日」が誕生。

天気予報でも「猛暑日」を使うようになったため、酷暑日は使われなくなったのです。

光る夏

熱帯夜とは?

夜限定

熱帯夜とは、1日の最低気温が25度以下にならない日のことを指す言葉。

そのため熱帯夜となる日は、必ず夏日・真夏日・猛暑日のいずれかにもなります。

日中も暑いのに夜になっても寝苦しいため、熱中症や夏バテになりやすい傾向が。寝る前にエアコンを使用するなどして、室内を涼しくしてから眠りましょう。エアコンを使いたくない場合は、体に当たらないように扇風機を使うのも効果的ですよ。

ちなみに熱帯夜は元は気象用語ではなく、お天気キャスターとして活躍された倉嶋厚さんという方が作った言葉。しかし分かりやすさから一般的に使われるようになり、後に気象用語として採用されました。

【参考記事】
暑い夜の熱帯夜対策!エアコンや扇風機の上手な使い方とは?

気温に合わせて涼しく過ごそう

【関連記事】
熱中症の症状と予防対策について。水分補給の正しい方法とは?

夏日・真夏日・猛暑日は、最高気温の違いをわかりやすく伝えるための言葉。夏日の予報が出たら暑さ対策を考え、真夏日となった場合は外出を控えるなどの対策も必要となります。

更に猛暑日となった日は、こまめな水分補給と涼しく過ごす事が大切です。

夏だから暑いのが当たり前と思っていると、熱中症で思わぬ事態になりかねません。夏日などの予報が出たら、必ず暑さ対策を心がけて1日を過ごしましょう!