夏日と真夏日と猛暑日それぞれの違いとは?酷暑日や熱帯夜は?

| 生活・ライフスタイル | , , ,

natsubi3

気予報で「今日は夏日となるでしょう」と言われると、暑さを想像してうんざりしませんか?

しかし熱中症対策を考えたり涼しく過ごす準備がでるため、これらの予報はとても助かりますね。

ところでこういった予報では、「夏日」「真夏日」「猛暑日」と表現が変わることが。どの言葉も暑くて大変だという事はわかるのですが、具体的にはどういった違いがあるのでしょう?

夏日・真夏日・猛暑日の違いについて、またその他の暑さの表現とあわせてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏日と真夏日と猛暑日の違いとは

夏日とは

natsubi1

夏日とは、1日(0時~24時)の最高気温が25度以上30度未満になる日の事を指します。

これは気象用語なのですが、天候は関係ないため、雨でも気温が25度を超えたらその日は夏日。季節も指定していない為、1月や2月でも25度を超えれば「夏日」なのです。

少し話はそれますが、30度未満と言われた場合、30度はその範囲に含みません。ですので夏日となる最高気温の範囲は、「25度から29度台の間」となります。

真夏日とは

真夏日とは、1日の最高気温が30度以上35度未満となる日を指す気象用語。

雨の日で真夏日となれば蒸し暑くなりますし、晴天となれば体感温度は更に暑く感じます。夏日と発表された時点で熱中症対策は考えなければなりませんが、真夏日は更に熱中症への注意が必要

可能であれば日中の外出は避け、出る場合も日傘や帽子などで直射日光対策を行いましょう。また室内でも熱中症になりますので、こまめな水分補給と冷房などで気温を下げることも必要です。

猛暑日とは

猛暑日とは、1日の最高気温が35度以上になる日を指す気象用語。上限がないため、40度を超える日があった場合も「猛暑日」となります。

猛暑日となった場合、日が暮れた後も暑さが残ることが多く寝苦しい夜になることが。そのため夜中でも熱中症対策が必要で、なるべく冷房を切らずに寝ることをおすすめします。

また猛暑日は外出を避け、どうしても出る場合は対策をした上で日陰を歩きましょう。

更に喉が乾いていなくても、こまめに水分を取ることも大切。この場合もお茶やジュースではなく、スポーツドリンクや経口補水液がオススメです。

経口補水液は市販されていますが、自宅でも作ることが可能です。

少しでも体調がおかしいと感じたら、熱中症を疑って直ぐに涼しい所で休憩して水分補給。特に子供や高齢者は体調変化に気づきにくいため、周囲で気を配るように心がけましょう。

それぞれの違い

夏日・真夏日・猛暑日の違いを、比較してみましょう。

夏日 →1日の最高気温が25度から29度になる日
真夏日→1日の最高気温が30度から34度になる日
猛暑日→1日の最高気温が35度以上になる日

それぞれの範囲が5度刻みですので、その点を覚えるとわかりやすいですね。いずれにしても最高気温は25度以上となる日ですので、暑さを覚悟して1日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

酷暑日とは

酷暑日=猛暑日

ところで以前は「酷暑日」という表現もありましたが、最近は見聞きしませんね。

酷暑日は日中の最高気温が35度以上になる日を指す言葉で、実は気象用語ではありません。現在では同じ意味である気象用語の「猛暑日」があるため、めったに耳にすることがなくなりました。

温暖化の影響で

もともと気象用語には、35度以上になる日を指す言葉がありませんでした。しかし温暖化の影響で、最高気温が35度以上となる日が何日も続くように。

そのため2000年ごろより、マスコミでは35度以上になる日を「酷暑日」と言うようになりました。それを受けて2006年に気象予報用語が改定され、酷暑日と同じ意味の「猛暑日」が誕生。

天気予報でも「猛暑日」を使うようになったため、酷暑日は使われなくなったのです。

natsubi2

熱帯夜とは

夜限定

熱帯夜とは、1日の最低気温が25度以下にならない日のことを指す言葉。

そのため熱帯夜となる日は、必ず夏日・真夏日・猛暑日のいずれかにもなります。日中も暑いのに夜になっても寝苦しいため、熱中症や夏バテになりやすい傾向が。寝る前にエアコンを使用するなどして、室内を涼しくしてから眠りましょう。エアコンを使いたくない場合は、体に当たらないように扇風機を使うのも効果的ですよ。

ちなみに熱帯夜は元は気象用語ではなく、お天気キャスターとして活躍された倉嶋厚さんという方が作った言葉。しかし分かりやすさから一般的に使われるようになり、後に気象用語として採用されました。

気温に合わせて涼しく過ごそう

夏日・真夏日・猛暑日は、最高気温の違いをわかりやすく伝えるための言葉。夏日の予報が出たら暑さ対策を考え、真夏日となった場合は外出を控えるなどの対策も必要となります。

更に猛暑日となった日は、こまめな水分補給と涼しく過ごす事が大切です。

夏だから暑いのが当たり前と思っていると、熱中症で思わぬ事態になりかねません。夏日などの予報が出たら、必ず暑さ対策を心がけて1日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

立食パーティーで気を付けるべきマナーとは?服装や料理の取り方は?

会社で行うような大規模なパーティーは、何回出席しても緊張するものです。しかしこういったパーテ

記事を読む

イヤーマフの防音効果は?商品を選ぶポイントと活用法!

日々の生活の中で騒音に悩まされることってありませんか? 掃除をしたり、洗濯をしたりする時に、

記事を読む

運動会に食べたいお弁当のおかずは?定番やおすすめはコレ!

運動会でのお楽しみといえば、お昼に食べるお弁当です。体を動かした後のごちそうは、本当に美味し

記事を読む

非常食は何日分必要?防災時に適したおすすめの食べ物は?

自然豊かな日本列島は、時として思わぬ災害に見舞われることがあります。そんな「万が一」の時のために、防

記事を読む

浴衣に合う巾着の作り方とは?簡単に作るためのコツもご紹介!

夏になると、浴衣を着用して出かける機会も増えてきますね。 そんな時に合わせるカバンは、和装に合

記事を読む

カレーの染み抜き方法!服についたシミを効果的に落とすには?

みんなが大好きなカレーは、服についた時にシミになるものの一つですね。 学校給食でこぼしてしまっ

記事を読む

可愛く美味しく美しく!お弁当の上手な詰め方とコツをご紹介!

毎日のお弁当作りは大変ですが、慣れてくるとワンランク上を目指したくなりますね。 キャラ

記事を読む

お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

定番のプレゼントである花束は、とても素敵ですが長持ちしない欠点がありますよね。また花粉アレルギーや香

記事を読む

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

妊婦はコーヒーを飲んでも大丈夫?胎児へのカフェインの影響は?

妊娠中は、一般にコーヒーを飲まない方がいいと言われています。 それはお腹の胎児にとって、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑