熱中症に注意

温が高い季節になると、ニュースでも良く耳にすることがある「熱中症」

室内で暑いのを我慢した結果だったり、炎天下での作業中に・・という話もよく聞きます。熱中症にならないようにするには、その症状を知って、暑い季節に備えていくことも大事ですね。

熱中症の予防で特に大事なことと言えば、何といっても水分補給をきっちりとすることですが、他にも注意すべきことはあるのでしょうか。

怖い熱中症ですが、症状が出た時の対策がわかれば大丈夫。しっかり覚えて備えたい、熱中症の症状と予防に繋がる水分補給の方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

熱中症の症状とは

熱中症は様々な症状がある

熱中症とは、体にとって暑い環境にいることでおきる様々な症状の総称。
その症状や特徴により、いくつかに分類されます。

熱くてバテているサラリーマン

熱失神

暑さから血管が広がると、急激に血圧が下がって脳に流れる血が少なくなります。そうなると、顔が青白くなり、めまいでくらくらし、ひどい場合は倒れて失神してしまいます。これが熱失神です。

熱けいれん

暑さのために大量の汗をかいた事で、血液内の塩分が失われた時に表れやすくなります。手足がつってしまったり、筋肉の痛みけいれんなどが主な症状です。

熱疲労

熱疲労は、大量に汗をかき体内の水分が足りなくなると表れます。

熱けいれんと一緒に起こりやすいので、特に運動時には注意が必要です。頭がぼーっとして集中できなくなったり、体のだるさ・頭痛・吐き気を引き起こします。

熱射病

暑さによって体温が急上昇することで起るのが熱射病

ひどくなると、体がほてって熱い、意識がもうろうとして倒れてしまう、呼びかけても反応が鈍い…、といった症状が表れますので注意が必要です。

こんな症状が出たら注意

はっきりとした症状が出ていなくても、次のような兆候が出たら熱中症になりかけの可能性があります。早め早めにチェックするようにしてくださいね。

  • 気温が高いのに手足が冷えてくる
  • 大量に汗をかく
  • その汗が止まってしまい、汗をかかなくなる
  • 気温以上に体が熱く感じる
  • 体全体が乾いた感じがする
  • 手の甲の皮膚をつまんでもすぐに戻らない
  • 普段通りなのになんだかドキドキする
  • ものすごく喉が乾き、水が欲しい

この中で二つ以上当てはまるようなら、熱中症の初期症状を疑うべきです。

特に気温が高いのに全く汗をかかないのは、かなり危険な兆候。休憩出来るなら、すぐにでも風通しの良い涼しい場所で休憩するようにしましょう。

スポンサーリンク

熱中症の予防方法と対策

まずは水分補給

熱中症かなと感じたら、なるべく早くに水分を取りましょう

体が熱を持った状態だと、体を冷やそうと汗を沢山かくようになります。その分、体から水分が抜けてしまうので、脱水症状を引き起こしてしまうんですね。

体が熱くて汗が沢山出る時は、早急に汗で失った水分を体に入れてあげましょう。

水をとる

正しく水分を取ろう

水分を補うのに一気に水を飲んでも、体内にとどまらず過剰な水分として排出されてしまいます。少しづつゆっくりとコップ1杯分200ccぐらいを飲むのが理想

一度に沢山飲むよりも、一日に何度かに分けて少しずつ水分をとる方が、熱中症予防のためには適した飲み方です。仕事も適度な休憩を取りながらのほうが効果的。1時間に一度はお水タイムを心がけましょう。

水よりお茶よりスポーツドリンク?

喉が乾いた時に、自動販売機やコンビニなどで手軽に購入できるペットボトル飲料。熱中症対策として飲む場合、コーヒーや紅茶、緑茶などの「カフェイン」を含む飲み物はNGです。

カフェインには利尿作用があり、水分が排出されやすくなってしまいます。お茶を飲むのであれば、麦茶などのノンカフェインのものが適していますね。

また、水分補給にはお水も良いのですが、汗を沢山かいた時には、ポカリスエットなどのスポーツドリンクの方が適しています。

水を飲めば水分を補給できますが、汗とともに流れでた塩分などは補うことができません。その点スポーツドリンクなら、塩分などを含むので熱中症対策にはぴったり。

ただし市販のスポーツドリンクは、必要以上に糖分を含むので飲み過ぎには注意したいですね。

熱中症対策には、経口補水液を!

体の水分が足りずすぐにでも対処しないといけない時には、「経口補給液」を飲みましょう。

経口補給液は、お水やスポーツドリンクよりも吸収されやすく、飲む点滴の異名ももちます。市販されていますが、実は自宅にある調味料で簡単に作ることもできるんです。

覚えておいて損はないので、ぜひメモしておいて下さいね。

「経口補水液」の作り方

◎作り方
水1リットルに対して、

  • 砂糖大さじ4杯半(40g)
  • 塩小さじ半分(3g)

を溶かして混ぜます。

*軽量スプーンが無い時や緊急時は、
コップ1杯の水に対し、

  • 塩ひとつまみ
  • 砂糖を軽くひとにぎり

で作りましょう。

「経口補水液」の飲み方

経口補給液を飲んでみて、美味しく感じられたら、体の水分が足りない証拠です。ゆっくりと口に含むように、コップ1杯を飲んで下さい。

やがて不味く感じるようになりますが、そうなれば体の水分がしっかり補給されたサイン。

なお、経口補給液はジュース以上に糖分を含むので、日常的に飲むのは控えたいですね。熱中症の症状が出始めた時や出そうな時など、緊急用の飲み物としてぜひ活用して下さい。

水分補給以外もしっかりと!

水分を補給する事は、熱中症の予防にとても効果的です。ですが、炎天下で体を動かし続けていると、水分補給も意味が無くなってしまいます。

気温の高い時間の外出はなるべく避けたり、帽子や傘で日除けをする対策も必要ですね。

また外だけでなく、室内でも熱中症は起こります。風通しを良くして体感気温を下げましょう。

「暑いけど我慢」は絶対に禁物。水分補給と快適な気温を心がけて、熱中症予防に努めましょう!