oseibo1
年末には、普段お世話になっている方に、
今年一年間の感謝の気持ちを込めて、
お歳暮
を贈りたいですよね。

でも、お歳暮って、いつ頃贈ればいいんでしょう?

お歳暮の由来や、贈る時期、喜ばれる送り方などについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

お歳暮の由来は?

oseibo2
歳暮(せいぼ、さいぼ)とは、「年(歳)の暮れ」のことです。

昔は、お正月に先祖の霊を祭るためのお供え物を、
嫁いだ人や分家の人が年末に本家に持ち寄る
「歳暮の礼」という行事が行われていました。

その後、親族に限らずお世話になっている人に感謝する
「歳暮周り(せいぼまわり)」
が行われるようになり、

この習慣が現在の「お歳暮」の始まりです。

今では、「お歳暮」と言えば、
年末に感謝の気持ちを込めて贈る贈答品や、
贈り物をする習慣のことを指すようになりました

スポンサーリンク

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?

お歳暮を贈る時期はいつからいつまででしょうか?

これは地域によって異なり

 ◯関東地方:12月初旬から12月31日まで
 ◯関西地方:12月13日から12月31日まで

とされています。

しかし、最近では、暮れの忙しい時期を避けて
12月20日くらいまでに到着するように贈るのが一般的です。

そのため、デパートやスーパーのお歳暮商戦も、
年々早くなっているようですよ。

■まだ10月ですが・・・ 早くも「お歳暮商戦」開始!

ただし、生鮮食品など、贈るものによっては
むしろ年末の方がよい場合もありますね

その場合には、前もって連絡しておくようにするといいでしょう。

贈る時期が過ぎてしまったらどうする?

お歳暮は、12月初旬から12月20日くらいにかけて贈るのが一般的です。
では、時期が過ぎてしまったらどうしたらいいでしょう?

そんなときは、お正月に「御年賀」を贈ってみませんか?

oseibo3

御年賀はだいたい1月7日くらいまでですが、
その後なら「寒中御見舞」になります。

時期を過ぎてしまったからと言って諦めず、
昨年の感謝の気持ちとともに
「今年もよろしくお願いします」と言う気持ちを込めて、
新年の贈り物をするのも素敵だと思いますよ。

喜ばれるお歳暮の贈り方は?

oseibo3

お歳暮は、本来、持参するのが正式なマナーです。

でも、年末の忙しい時期に直接訪問することは、
かえって迷惑になることも…
最近では、デパートなどから直接届けることが多くなっているようです。

特にお世話になった方には、できれば持参して、ご挨拶できるといいですね

この場合は、食事時などは避け、事前に連絡しておくようにしましょう。
忙しい時期なので、長居をしないように気を付けましょうね。

デパートなどから送ってもらう場合には、
送り状を同封するか、品物より早く挨拶状を郵送するのが正式なマナーです。

送り状には、日ごろの感謝の気持ちと、お歳暮を送ったことを書きましょう。

また、お歳暮は、相手の好みや家族構成を考えて選ぶことが何より大切です

お酒の好きな方ならお酒を、甘いものが好きな方にはお菓子を、
お子さんのいるご家庭にはお子さんの喜ぶものを選ぶなど、
「贈る相手のことを考えて選ぶ」のが喜ばれるお歳暮のポイントだと言えますね。

日頃の感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈りましょう

oseibo4

感謝の気持ちを伝えるって、簡単なようで、
なかなか難しかったりしますよね。

でも、「お歳暮」と言う形なら、何となく出来そうな気がしませんか?

年末に、日ごろの感謝の気持ちを込めて贈り物をする-考えてみれば
「お歳暮」って素敵な習慣だと思います

日本のよい習慣や伝統は、受け継いでいきたいものですね。