oseibo5

一年の締めくくり、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮には、心から喜んでもらえるものを贈りたいですね。

でも、お歳暮を贈るときには、やはり相場が気になるもの。また、どんな品物を選んだら喜んでもらえるのか?についても気になるところ。

毎年お歳暮の品選びに悩まれる方は多いのではないでしょうか?



そんな気になるお歳暮

お歳暮の相場や、お歳暮の選び方のポイント

についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

お歳暮の相場は?

oseibo6
お歳暮を贈る相手は一般的に、

◯別居の両親、義両親
◯仲人
◯お世話になった人

です。

最近では、職場の上司に贈ることは少なくなりましたが、お稽古ごとの先生には贈る人も多いようです

お歳暮の相場は一般的には3,000円~5,000円ですが、贈る相手によって

別居の両親、義両親:3,000円~5,000円
仲人       :5,000円前後
お世話になった人 :3,000円~5000円

くらいが相場となります。

お歳暮の相場は、やはり年代によっても異なりますね。

20代は低め、40代以上はやや高めのようです。

仲人さんへのお歳暮は、金額の相場とともに、いつまで贈るのかも気になりますが通常は3年程度とされています。

お稽古ごとの先生には、「一ヶ月分のお月謝」と言われますが、最近では必ずしもそうとも言い切れないようです。

周りの方にそれとなく聞いてみてもいいですね。

お歳暮の選び方は?

oseibo7

お歳暮に限らず、喜ばれる贈り物は、「贈る相手のことを考えて」贈るのが基本です。

相手の好きなものを選ぶ

例えば

◯お酒が好きなら:ビールのギフトセット、お酒
◯甘いものが好きなら:お菓子の詰合せ、スイーツセット
◯料理好きの方には:産直グルメセット

など、相手の好きなものを選べば間違いないですね。

季節感のあるもの

◯カニ、鍋の材料
◯おせちの材料として使う昆布、椎茸、数の子
◯入浴剤 など

ただし、入浴剤は使わない方もいるので、注意が必要です。

家族構成を考えて

◯お子さんのいるご家庭には:ハム、ソーセージの詰合せ、お菓子など
◯少人数のご家庭には:数や量より質を重視したお菓子など
◯人の集まるご家庭には:ビールやお酒

スポンサーリンク

必ず使うもの

タオルなどは、どこのご家庭でも良く使うものですよね。普段より上質なものを選ぶと、結構喜ばれるものです。ただし、お醤油や洗剤などは、人によってはこだわりがあったり、好みが分かれるので難しいところ。

相手の好みがわかっている場合には、それを選ぶのがいいと思います。

自分では買わないもの

上質なタオルグルメギフトなど、自分ではあまり買わないけれど貰ったらうれしいものってありますよね。

迷ったらコレ!」と言うくらいおすすめです。

商品券・カタログギフト

実は、「貰ってうれしいお歳暮ランキング」1位は、
商品券・ギフト券
だそうです。

ただし、目上の人に贈るのは、失礼に当たるので避けましょう。

賛否両論ありますが、カタログギフトなら、選ぶ楽しみもあり、好きなものを選んでもらえるので安心ですね。

ただし、カタログギフトは「手抜き」だと思われることもあるので要注意。年配の方など、カタログギフトを選べない方もいるので、配慮が必要です。

選ぶのに迷ったら

何を選んでよいかわからないときは、定番品のハムや飲み物、洗剤や食用油などが良いのではないでしょうか。

貰って困るお歳暮って?

せっかくのお歳暮ですが、
実は「貰って困る」こともあるんです。

例えば

◯冷凍のもの:冷凍庫がいつもいっぱいなので入らない
◯趣味の合わない置物
◯生鮭一匹:さばけない、食べきれない
◯生もの、日持ちしない品
◯同じものばかり貰った(ハム、ローストビーフ)

Yahoo知恵袋から引用

など。

私も、飲まないインスタントコーヒーを沢山いただいて、困ったことがあります。

やはり、相手の好みを考えて贈ることが肝心ですね

感謝の気持ちを込めて贈ることが大切

oseibo9

お歳暮は、一年の感謝の気持ちを込めて贈るもの。そんな風に考えると、大切なのはやはり「気持ち」ではないでしょうか。

どれくらい費用がかかるか、相場を考えることも必要ですが、相手の好みや家族構成を考えて、喜んでもらえる品を選んで贈ることは大切なことです。

また、贈った相手に喜ばれたら、贈った方としても嬉しいものですしね。