takayamamatsuri4

持ちの良い秋晴れが続くと、どこか旅に出たくなりませんか?地元では見られない風景、日本らしい風景を求めて旅行するのも素敵ですね。

そんな方にオススメしたいのが、飛騨・高山で10月に開催される
「秋の高山祭」です。

日本の原風景が残る飛騨・高山で、美しいお祭りをゆったりと楽しみませんか?

今回は、秋の旅行におすすめの秋の高山祭り、2017年の日程や見どころ、そしてアクセス情報などを紹介します!

スポンサーリンク

秋の高山祭りとは

二つの「高山祭」

山祭りとは、岐阜県高山市で毎年「春」「秋」に行われるお祭りのことです。

そのうち、秋の高山祭は、櫻山八幡宮の例祭で「秋の八幡祭」が正式な名称。

日本三大曳山祭・日本三大山車祭の一つにそれぞれ数えられる、屋台が魅力的なお祭りです。屋台と言ってもお店の事ではありません。高山では山車のことを屋台と呼ぶんですね

takayamamatsuri1

高山祭の歴史を見ると、

  • 春の祭りは1652年まで
  • 秋の祭りは1718年まで

遡れます。

現在のような祭りの形になったと推測されるのは、江戸時代後期の1800年頃。高山の商人達が飛騨の職人達を競わせる形で、屋台を作らせたのがきっかけとされています。

秋の高山祭。春の高山祭との違いは?

高山祭は春と秋の2回開催ですが、ではどの様な違いがあるのでしょうか。

主なところでは次のような違いがあるんですね。

  秋の高山祭 春の高山祭
正式名称 秋の八幡祭 春の山王祭
例祭開催の神社 櫻山八幡宮 日枝神社
祭りの開催地域 宮川より東岸の北側(通称「下町」) 宮川より東岸の北側(通称「上町」)
祭り行列の呼び方 御神幸(ごしんこう) 御巡幸(ごじゅんこう)
夜の祭りの呼び方 宵祭(よいまつり) 夜祭(よまつり)
巫女さんの髪飾り 菊のモチーフ 桜のモチーフ

髪飾りなどは小さな違いかもしれませんが、季節感を感じられてとても素敵ですね。

秋の高山祭、2017年の日程は?

takayamamatsuri4

の高山祭りは、毎年10月9日・10日の2日間に開催されます。

開催日時とスケジュール等の情報をまとめましたので、確認しておきましょう!

■開催日時
2017年10月9日(月・祝)~10月10日(火)8:00~21:00頃
 ※雨天の場合中止、順延なし

■会場
櫻山八幡宮周辺・通称「下町」地域

■主な行事

行事 スケジュール 場所など
10月9日(月) 屋台曳き揃え 9:00~16:00 境内表参道
からくり奉納 12:00~・14:00~ 八幡宮境内
屋台引き回し 13:30~16:00 町中を巡回
御神幸(祭行列) 13:00~15:00 八幡宮表参道出発
宵祭 18:00~21:00 八幡宮表参道~下二之町~安川通り~下一之町
10月10日(火) 屋台曳き揃え 9:00~12:00 境内表参道
12:00~16:00 各屋台蔵近辺
からくり奉納 11:00~・13:00~ 八幡宮境内
御神幸(祭行列) 8:30~11:30 八幡宮表参道を出発
13:30~16:00 お旅所を出発

スポンサーリンク

秋の高山祭の見どころは?

文化財の屋台が動く!

秋の高山祭りの見どころの一つに、「屋台曳き揃え」「屋台曳き回し」があります。

実はこの屋台、国の重要有形民俗文化財に指定されているとても貴重なもの。しかも「動く陽明門」とも例えられるほどの、とても美しい屋台なんです。

陽明門とは、日光東照宮にある門のこと。どれだけ豪華で素晴らしいのか気になりませんか?

こちらの動画の1分30秒からアップで撮影されているのですが…とにかくすごいの一言です。

屋台曳き揃えは、神社や町の保存会が所有する屋台が、合計11台展示される行事のこと。豪華な屋台を間近で見ると、その匠の技にただただ驚かされますよ。

屋台曳き廻しは、その名の通り屋台が町中に引き回されます。曳き廻しに登場するのは4台だけですが、いずれもとても貴重なもの。春の高山祭りでも曳き揃えは行われますが、曳き廻しは秋の高山祭りだけなんですよ。

1分58行あたりからよく見て下さい。からくり人形のある屋台ですよ!

からくり奉納

屋台には「からくり人形」が内蔵されたものがいくつか有り、祭ではこのからくりを見ることができます。

秋の高山祭では「布袋台」という屋台による、からくり奉納が毎年披露されています。人形を操る「綾方」さんたちの匠の技と、まるで生きているかのようなからくり人形は必見です!

□秋の高山祭り 布袋台からくり奉納・横から撮影

最近ではコンピュータ制御のからくりもありますが、こちらは人の手で操作されてるんですよ。

宵祭り

曳き廻しで街中を巡った屋台は、夕方頃から提灯を身にまとって収納場所へと帰っていきます。

屋台1台につき100個もの提灯が取り付けられ、動く様はとても幻想的。昼の華やかさとは対照的に、どこかわびしくも感じられる美しい光景が広がります。

お囃子の音色も情緒を添えています。

秋の高山祭、アクセスは?

祭り期間中は交通規制が敷かれ、渋滞も毎年発生しています。そのためなるべく公共交通機関を利用して、高山まで行く事をオススメします。

電車でのアクセス

電車で行く場合、まずはJR名古屋駅を目指しましょう。そこからJR高山本線に乗り換え、約2時間20分ほどで高山駅に到着します。

例年祭り期間中は高山駅から臨時バスが運行されますので、そちらを利用すると便利です。

なお櫻山八幡宮へは高山駅から徒歩で20分ほどの距離。散策がてら歩いてみるのも良いかも知れませんね。

晴れることを願って

山祭りは秋と春の年に2回開催されますが、秋の祭を見ると春の高山祭りも気になってしまう美しさです。秋の高山祭りを堪能したら、次は春の高山祭りにも足を運びたいところです。

一つ注意してほしいのは、文化財の屋台がある関係で悪天候だと中止になってしまうこと。せっかくのお祭りですから、良い天気になることを願って見に行きましょう!