川越のまつり

戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、ゆっくりと街歩きが楽しめる街でもありますね。

その川越で毎年秋の10月に開催される川越祭りは、これまた江戸の情緒を色濃く残すお祭りです。

たくさんの山車が川越の街をめぐる趣のある様子は、まるで江戸にタイプスリップしたかのよう! 毎年本当に沢山の人でにぎわいます。

そんな川越祭りの2018年の日程や、すごいと評判の山車の見どころなどをまとめて紹介します!

スポンサーリンク

川越祭り2018年の日程は?

夜の川越

越まつりの正式名称は「川越氷川祭」。埼玉県川越市にある川越氷川神社の例大祭として、毎年10月の第三土・日曜日に行われています。

2018年は10月20日・21日の2日間。多少の雨でも開催されますが、出来れば晴天になるといいですね。

スケジュールの時間を参考にして、見学予定を立てて見てはいかがですか?

■開催日時
2018年10月20日(土)

  • 昼の部…13:30~14:50頃
  • 夜の部…18:00~21:00頃

2018年10月21日(日)

  • 昼の部…13:20~15:00頃
  • 夜の部…18:30~21:00頃

■開催場所

  • 川越氷川神社(川越市宮下町2丁目11−3)
  • 川越市役所前
  • 川越駅・本川越駅周辺から氷川神社にかけて

■最寄り駅

  • 川越駅、本川越駅

★スケジュールの詳細

日にち 時間 内容 場所
10月20日(土) 13:00~ 神幸祭 氷川神社(出御)
14:30頃 氷川神社(還御)
14:00~15:00頃 山車揃い(囃子も披露) 川越市役所前
18:00~19:00頃 宵山の山車揃い(居囃子も披露) 各会場
18:20頃~ 鳶のはしご乗り 埼玉りそな銀行前
19:00~21:00頃 夜の曳っかわせ 仲町・札の辻・連雀町・本川越駅前の各交差点他
10月21日(日) 13:30~15:00頃 山車巡行 川越市役所前
18:30~21:00頃 夜の曳っかわせ 仲町・札の辻・連雀町・本川越駅前の各交差点他

※スケジュールの時間は変更になる可能性もあります。

川越祭りとは?

きっかけは川越の大火

川越祭りの歴史を紐解くと、1638年(寛永15年)に起こった「川越大火」にたどり着きます。

この大火のあとに、江戸幕府の老中であった松平信綱が中心となって再建されていきましたが、その際に川越氷川神社に太鼓やお神輿などを寄進して、お祭りを盛大に行うことを奨励しました。

松平信綱はその後、川越藩の藩主となったのですが、藩主様の後押しがあるお祭りとして大賑わい。更に商人の後押しもあって、豪華な山車やお神輿などが登場するようになりました。

川越氷川祭

天下祭を今に伝える

川越祭りの特徴としてあげられるのが、「天下祭」の影響を強く受けたお祭りという点が挙げられます。

天下祭とは、江戸時代から続く山車などが練り歩くお祭りのこと。東京の神田明神で行われている「神田祭」は、この天下祭の流れをくんだ祭りでもあります。

神田祭との最大の違いは、川越祭りは山車を出せること

神田祭では明治維新後に山車が解体された事と、電線が増えたために神輿に変わって行きました。一方の川越祭りでは、電線などの影響を受けなかったことから山車が存続される事に。

その結果東京では変わってしまった天下祭の流れを、川越では現在も色濃く伝えているんですね。

スポンサーリンク

川越まつりの見どころは?

山車に注目!

川越まつりの見どころは、なんといっても山車でしょう。

8メートル近い高さを誇る山車が合計で29台あり、江戸時代から現存するものも。

しかもこの山車には人形が内蔵されていて、山車の一番高い所へとせりあがるんです!人形のモチーフは弁慶などの歴史上が題材のものや、能の演目から取られたものも。

作られた年代によって表情がちがうので、見比べてみるのも面白いですよ。

昼の山車揃い・山車巡行

数多くの山車をじっくり見たいのであれば、昼の部がおすすめ。

10月20日(土)は、14時から各山車が川越市役所へ一同に勢揃いし、囃子も披露されます(山車揃い)。山車が一列にならぶ様は圧巻ですよ。

そして、翌日の10月21日(日)も13時20分ころから市役所前で山車巡行が行われます。

先ほど説明した山車の上にのる人形が登場するのも、山車巡行の見どころの一つ。人形や山車そのものの違いを、じっくりと楽しみましょう!

沢山の山車を一度に見られるので、昼間の市役所前は見逃せませんね。

8分あたりから、山車が勢揃いします!

夜は曳っかわせ!

一方の夜の部のお楽しみと言えば、曳っかわせです。

川越の街中を山車が練り歩くのですが、山車同士がかち合った時に曳っかわせは発生します。

曳っかわせを簡単に言いますと、「山車同士の意地の張り合い」なのですが、その内容はそのもの。他の祭りでは山車がぶつかり合ったりしますが、川越祭りの場合は「お囃子合戦」となるんです!

実は各山車ごとに自分たちの持ち歌ならぬ「持ちお囃子」があり、双方でお囃子を奏で始めます

うっかり相手のお囃子につられてしまったほうが負けで、負けたほうが道を譲るルール。現在は事前に打どちらが譲るか決めてるそうですが、それでも曳っかわせは楽しいですよ!

□川越まつり 4台の山車による曳っかわせ

お囃子が混ざり合い、独特の世界を作り上げてますね。

川越駅へのアクセス

交通規制について

川越まつりは街中を山車が練り歩く関係もあり、両日とも川越市内に交通規制が敷かれます。

場所は、川越駅・本川越駅付近から、市役所・氷川神社付近まで。時間は10時から22時までです

交通の便も良い所なので、公共交通機関を利用することを強くおすすめします。

公共交通機関でのアクセス

東京方面から行く場合、まずは池袋か新宿を目指しましょう。

新宿から行く場合は、

  • JR埼京線で約50分、JR川越駅で下車。
  • 西武新宿線で約45分、本川越駅で下車。

…となります。

池袋から行く場合は、

  • 東武東上線(急行)で約30分、川越駅で下車。

…となります。

その他に大宮方面からの場合

  • JR川越線で約20分、JR川越駅で下車。

横浜方面からの場合

  • 東急東横線、東京メトロ副都心線、東武東上線を経由して川越駅で下車

…となります。

小江戸を満喫!

戸時代からの伝統を受け継ぐ川越まつりは、山車がとても豪華で一度見ると忘れられません!

また江戸っ子の粋で洒落な気風が楽しめる面白いお祭りでもあるんですよ。

この時期の川越は気候もよく、美しい町並みと山車のコントラストも一層映えます。見物客が多いので身の回りに気を配って、小江戸・川越のお祭りを楽しんでくださいね。