夏が近づくとスーパーなどでは、「土用の丑の日」とのぼりが立つのをよく見かけますね。

土用の丑の日には、鰻(うなぎ)を食べるものですが、
・そもそも「土用の丑の日」とは何の日なのでしょうか。
・また何故「うなぎ」が食べられるようになったのでしょう?

昔からの風習ではありますが、改めて考えると不思議ですね。

そこで土用の丑の日とうなぎの関係、2018年の土用の丑の日がいつなのか?などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

2018年の土用の丑の日はいつ?

土用の丑の日

「土用の丑の日」は、年に1度しかない日
・・・というわけではありません。

実は、四季それぞれに、1日、もしくは2日存在するんです

一般的に言う「土用の丑の日」とは、夏の季節のことを指しますよね。しかし、夏以外にも「土用の丑の日」はあります。

2018年の土用の丑は、

  • 1月21日(日)、2月2日(金)
  • 4月27日(金)
  • 7月20日(金)、8月1日(水)
  • 10月24日(水)、11月5日(月)

一般的に「土用の丑」はを指しますので、2018年は7月20日、8月1日の2回ということになります。

ただし、上にあげたように、他の季節にも土用の丑の日はあります。そして、2018年の土用の丑の日は、春は1日しかありませんが、冬・夏・秋は2日あるんですね。

そうした土用の丑の日が2日ある場合は、

  • 前日の方を「一の丑」
  • 後日の方を「二の丑」

と言って区別します。

土用の丑の日とは

干支の図

「土用の丑の日」とは、「土用」という期間の「丑の日」を指す言葉です。

「土用」とは?

土用とは、二十四節気の四立(しりゅう)である「立春・立夏・立秋・立冬」前の約18日間の事。

2018年の四立の日付は、「立春-2月4日、立夏-5月5日、立秋-8月7日、立冬-11月7日」。このうち、夏の季節で言うと、立秋(8月7日)の前18日間は、「7月20日から8月6日まで」ですね。

この間が【土用】の期間となります。

「丑の日」って?

十二支では、生まれ年だけではなく暦にも関係してきます。

日めくりカレンダーで「きのと・うし」、あるいは「乙丑」などと書いてあるのを見たことがありませんか?この「うし(丑)」というのが日付の十二支であり、「丑の日」の「丑」

当然、丑以外にも、子・寅・辰…と十二支の順番で、12日毎に割り当てられています

ちなみに「きのと」などの十二支の前につくものは、10日周期で振り分けられている「十干」というもの。「十干」と「十二支」の組み合わせにより、60日周期で月暦は一回りしています。

この「土用」の期間中にある「丑の日」が、「土用の丑の日」になります。

改めて、2018年の土用の丑の日を表にまとめると次の通りですね。

季節 土用の期間
(四立前の18日間)
四立の日付 土用の丑の日
(土用期間中の丑の日)
冬土用 1月17日
~2月3日
立春
(2月4日)
1月21日(日)
2月2日(金)
春土用 4月17日
~5月4日
立夏
(5月5日)
4月27日(金)
夏土用 7月20日
~8月6日
立秋
(8月7日)
7月20日(金)
8月1日(水)
秋土用 10月20日
~11月6日
立冬
(11月7日)
10月24日(水)
11月5日(月)

スポンサーリンク

どうしてうなぎを食べるの?

「土用の丑の日」にうなぎを食べる習わしは、どこからきたものなのでしょうか?

これについては、江戸時代の発明家「平賀源内」が広めたという説が有名です。

うな重

ある時、源内が流行っていないうなぎ屋から、「どうすれば夏にうなぎが売れるか」と相談を受けました。

それを受けて「丑の日にうなぎを食べよう!」という、キャンペーンを行ないました。

流行りモノ大好きな江戸っ子がそれに乗り、お店は大流行り。他のうなぎ屋も便乗して、今のような風習が広まりました。

・・とのことです。

「鰻(うなぎ)」はビタミンA・Bを豊富に含むため、実際に夏バテ(疲労)に効果があります。

ただしうなぎの旬は秋から冬にかけて。実はこの時期のうなぎは、旨みが少し落ちていて旬ではありません。旬では無く味が少し落ちる時期のうなぎを上手に売ろうとした、平賀源内のアイデア勝ちですね。

美味しいうなぎレシピ

美味しそうなひつまぶし

お財布にやさしい「ひつまぶし風」

最近は国産うなぎはちょっと高いですし、外国産もそこそこいいお値段が。

そこで鰻が少なくてもお腹いっぱいになる、「ひつまぶし風」を紹介します。

■材料(4人分)

  • 鰻の蒲焼     …開き1枚から2枚
  • 鰻の蒲焼のタレ  …最低大さじ2ぐらいからお好みで
  • ごはん      …2合半から3合
  • ネギ・ノリ・シソ …お好みで(多めの方が美味しい)
  • 白ゴマ      …適量(やや多めで)
  • わさび      …適量
  • だし汁      …カップ4ぐらい(お吸い物ぐらいの濃さで)

■作り方

  1. ごはんを炊飯器で普段通り炊きます。
  2. ごはんを炊く間にだし汁を作っておきます。だしの素でもOK。
  3. ネギは小口切りに、シソとノリは細切りにします。
  4. ごはんが炊き上がる10分ぐらい前に、鰻の蒲焼を3センチ角ぐらいに切っておきます。
  5. 切った鰻をレンジなどで軽く温めておきます。鰻に絡んでいたタレも捨てずに温めます。
  6. ごはんが炊きあがったら、白ゴマと蒲焼のタレを加えて混ぜます。
  7. 混ぜたごはんの上に鰻を半量入れて、混ぜ合わせます。
  8. 混ぜたごはんを器に盛り、残りの鰻を上にのせます。
  9. お好みで薬味やノリもちらして出来上がり。

ひつまぶしの食べ方ですが、

  1. 最初は普通に半分くらいまで食べて、
  2. わさびを少し加えてだし汁も掛け、「お茶漬け」にして食べる

というのがおすすめですね。

脂っこいうなぎもお茶漬けにすると、脂が流れてさっぱりと食べられますよ。

鰻は無理をしなくても

関連記事:うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

の蒲焼ってとても美味しいんですが、暑さで食欲が落ちているときだったら、ちょっと脂が重く感じる人も…。ひつまぶしにするとサラサラと食べられますが、それでもまだキツイと感じるかもしれません。

夏バテだからこそ、無理にでも食べたら良いということも言えるかもしれませんが、「土用の丑の日」だからうなぎを食べないといけない・・というものでもありません。

そんな時は元気になって食欲が出てから、別の日に改めて美味しく頂いたらいいんじゃないでしょうか。もちろん、元気で食欲があれば、土用の丑の日には、ぜひうなぎを食べて夏を乗り切っていきたいですね!