うな重のうなぎ

バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。

お店に行くと、「うな重」や「うな丼」というメニューをよく見かけますよね。

ところで「うな重」「うな丼」には、どのような違いがあるのでしょうか。

家で作るときはともかく、お店ならではの違いがあるのか気になりますね。

うな重とうな丼の違いについて、また他にもひつまぶしの由来や食べ方についても紹介します。

スポンサーリンク

うな重とうな丼の違いとは?

「肝吸い」のありなし?

  • うな重とは「漆器の器」に盛られるもの
  • うな丼は「丼」に盛られるもの

という違いがあります。

それ以外でのわかりやすい違いとしては、「肝吸い」の有無が挙げられます。

肝吸いとは、うなぎの内蔵の一部が具として添えられたお吸い物のこと。「肝」と言いますがウナギの肝臓ではなく、胃とその周囲の臓器の一部が使われます。

  • うな重には肝吸いが添えられる
  • うな丼には肝の付かないお吸い物が添えられる

・・という場合が多いようです。

うなぎの量?

うな丼とうな重は一見すると、が変わらないように見えることがあります。しかし同じ量に見えても、うな重のご飯の中に蒲焼が隠されていることが。

実はうな重は、ご飯とうなぎが重なっているから「うな重」という地域も。この場合ですと、見た目はうな丼と同じでも、うなぎの量はうな丼の2倍近い事もあるんですよ。

うなぎの質?

ご飯の量もうなぎの枚数も同じな場合、うなぎの質が違うことがあります

例えばうな重ですと、
・身が厚くてふっくらしている胴体部分
を使うことが。

これがうな丼となると、
・身が薄くて骨が増える頭や尾に近い部分を
使うことがあります。

また同じ胴体を使用していても、

  • うな重では天然うなぎ
  • うな丼では養殖うなぎ

を使用することが。

うなぎの産地が明記されていない場合は、うなぎで差をつけていることも多いんですよ。

サービスの違い?

実はうな丼とうな重には、器以外の違いがないというお店もあります

今でこそうなぎは高級食材ですが、江戸時代のうなぎは美味しくないとされていました。しかしうなぎを開いて炭火で焼くことで程よく油が落ち、タレを染みこませることで美味しい蒲焼に。

こうしてうなぎの蒲焼が食べられるようになりましたが、庶民が食べる大衆食という扱いでした。

□うなぎ大黒屋蒲焼

*この美味しそうな焼き方も、昔の方の知恵が生み出したものなんですね。

大衆食の蒲焼を上品にするために、丼ではなく漆器に入れたのがうな重。

そのためうな丼より値段が高いのは、「お店のサービスの質が違う」という場合があります

スポンサーリンク

ちなみに「ひつまぶし」とは?

お櫃にうなぎとご飯が

最近ではうな重・うな丼に加えて、「ひつまぶし」にして食べる方も増えています。

ひつまぶしは明治時代以降に生まれたと言われる、名古屋発祥の食べ方です。

ひつまぶしは丼などではなく、お櫃に盛られていることがほとんど。別に茶碗が添えられていて、ウナギとご飯を茶碗に盛って頂きます。またネギ・わさび・ノリなどの薬味と、だし汁やお茶が入った急須がセットになっています。

高級鰻屋のうな丼

配達の合理性が生んだ?

ひつまぶしが生まれた背景や由来は諸説ありますが、まとめると次の様な説が主流となります。

元々名古屋でも、東京と同じく鰻の蒲焼を丼やお重に入れて食べていました。ところが出前の注文が入ると、漆器や陶器の器が重く割れてしまう事が。

そこで割れにくい木製の大きなお櫃に変え、複数人分をまとめて出前するようになりました。

またウナギを酒の席で頂いた時に、最後にさっぱりと食べたいという意見も。そこでうなぎとご飯の残りにお茶を加え、お茶漬けにしてサラサラといただきました。

これらが組み合わさった結果、名古屋名物「ひつまぶし」が生まれたと言われています。

一度に三度の美味しさ!

ひつまぶしのおいしい食べ方は次の通りです。

  1. まずはお櫃の中でご飯とうなぎを四等分にします。
  2. 四等分にしたら1/4を茶碗に盛り、普通に頂きます。
  3. 次に1/4を盛ってネギやわさびなどの薬味を添え、うなぎとご飯を混ぜて頂きます。
  4. 更に1/4を盛ってお好みで薬味を添え、だしやお茶を掛けてお茶漬けとして頂きます。
  5. 最後の1/4は気に入った食べ方で頂きます。

これが、ひつまぶしの美味しい食べ方です。

三通りの楽しみ方がある上に、最後にお気に入りの食べ方ができるなんてとても贅沢ですね。

□ひつまぶしの正しい食べ方

*見ていると、本当に美味しそうですよね!

お店の人に聞くのもあり

【関連記事】
土用の丑の日にうなぎを食べる由来。日付はいつ?

うな重とうな丼の違いは、お店によって様々です。違いが書かれていない場合や、値段が同じ場合はお店の方に聞いてみるのも良いでしょう。

値段もうなぎの質も量も違いがなければ、丼の持ちやすさや食べやすさで選ぶのもアリ。せっかく美味しいうなぎを頂くのですから、モヤモヤしたまま食べてはもったいないですからね。

うな重とうな丼の違いを理解して、美味しく夏を乗り切りましょう!