供にとってお正月のお年玉は、一年に一度の大きなプレゼントです。しかし渡す大人にとっては、その金額が負担になることもありますよね。

ところで最近ではお年玉に加えて、「お盆玉」という風習が定着しつつあります。

いつ頃からお盆玉の風習が始まったのか気になりますし、みんな渡しているのかどうか気になりませんか?

そこで、
・お盆玉とはどういう由来があるのか
・お盆玉はあげる必要があるのか
・お盆玉の相場

などについてまとめたので、渡す際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

お盆玉とは?由来は?

お年玉のお盆版

お盆玉はその名の通り、お年玉のお盆バージョンのこと。お盆に遊びに来る子供や孫に、祖父母や両親が渡すお小遣いのことを言います。

お盆玉が誕生したのは2010年と最近のことで、広まったきっかけとなったのは郵便局にあります。

というのも2010年に山梨の「マルアイ」という会社が、お盆らしいデザインのポチ袋を「お盆玉」として発売。このポチ袋を郵便局が2014年より窓口で販売した事で、広く知られるようになりました。

奉公人にお小遣いを

お盆玉という言葉は2010年に誕生したものですが、風習そのものは江戸時代頃には存在していました。

山形県の一部地域ではお盆になると、奉公人に下駄や衣服などを渡す風習がありました。

奉公人は主に商家などに住み込みで働く人のことですが、十代前半より親元を離れて働くのが一般的。その奉公人がお盆に親元へ戻る際に渡したのが、お盆玉の原型となっています

それが昭和初期には「祖父母から孫へ」と形が変わり、また利便性から物ではなくお小遣いという形に。これに名前がついて全国的に広まったのが、お盆玉なんですよ。

スポンサーリンク

お盆玉はあげる必要があるの?

ちょっとしたお小遣い

お盆玉は最近になって広まった風習のため、人によってはあまり良く思わないことも。またお金を渡す風習ということもあり、はしたないと考える人もいるかもしれません。

もし最近広まった点で気になる方は、こう考えてみるのはいかがでしょうか。

「お盆に久々に会った孫や親戚の子に、ちょっとしたお小遣いをあげる」

お盆玉という名前でなくても、こういったやり取りは昔からありましたよね?それが名前がついて、祖父母から孫へと強調されただけ。お小遣いをあげたいという気持ちがあるなら、名前を気にせずあげても良いのではないでしょうか。

お盆玉のポチ袋を使うかどうかも、使いたいなら使う程度で大丈夫ですよ

あげなくてもいい

孫や親戚の子とは普段から行き来していて、お盆に会うのが久しぶりでない場合。

この場合は、あえてお盆玉という形で渡さなくても大丈夫です。

普段から会っているなら、お孫さんのお金の使い方やもらい方は知っているのでは。それに普段からお小遣いをあげているなら、お小遣いを増やす必要もありませんよね。

また祖父母が孫を可愛がるあまりに、お年玉やお盆玉に大金を渡してしまうケースもあります。

確かに孫は喜びますし、その顔を見るとこちらも嬉しくはなります。

しかし大金を渡してしまうと無駄遣いをした上に、「祖父母にねだればいい」と考える子に成長する可能性も。かわいいお孫さんのことを考えて、必要以上にお金を渡さないという考え方もアリですよ。

スポンサーリンク

お盆玉の相場は?

お年玉の7割程度

お盆玉の相場ですが、お年玉の7割程度が相場となっています。

具体的な金額にすると、次の通り。

小学生以下(幼児) 500円~1000円前後
小学生     1000円~3000円
中学生     3000円~5000円
高校生     5000円~10000円

家庭によってお年玉の金額は違うので、具体的な金額がそのまま当てはまるとは限りません。

また昔からお盆にお小遣いを渡す習慣がある地域ですと、また違った金額が相場となっていることも。

もしお盆玉の風習がある地域にお住まいでしたら、年配の方にそっとリサーチしてみましょう。

お金ではなく金券で

相場の7割程度だと心もとない場合や、現金だと不安に感じるなら金券で渡すのもおすすめです。

最近ではスマホゲームにお金を使う子供もいるため、使用目的が制限される金券は親にとってもありがたいもの。

例えば図書カードでしたら、使用目的が漫画や小説といった書籍に限定されて安心ですね。

渡してもいいし、渡さなくてもいい

お盆玉という言葉は最近になって生まれたものですが、風習自体は昔から一部の地域であったものです。またお盆に遊びに来た子供たちに、ちょっとしたお小遣いをあげること自体はよくあること。

それまで渡していたのなら、改めてお盆玉という形で渡すのもよし。渡していなかったのなら、今までどおり渡さなくても問題はないので安心してください。

その上でちょっと渡したいなと思ったら、お盆玉を取りいれてみませんか?