大阪造幣局の桜の通り抜け。2017年の日程と見どころは?

| | , , ,

zouheisakura4

大阪の桜の名所といえば、何と言っても造幣局の桜の通り抜けは外せませんね。

毎年、桜の通り抜けの時期ともなりますと、とても多くの観光客で溢れかえります。普段は立ち入り禁止の区域も、この時期だけは特別に開放され、珍しい桜を数多く楽しむことができます。

そんな、大阪造幣局の桜の通り抜け、2017年の日程や見どころ、アクセスなどについて紹介します!

スポンサーリンク

「造幣局の桜の通り抜け」とは?

幣局とは、その名の通り日本の硬貨を製造している場所です。場所柄、一般客の入場は厳しく制限され、事前予約なしでは工場内の見学もできません。

ですが、桜の開花時期だけは、局内の桜を誰でも見学することが出来るのです

その通路が一方通行であること、見学のみで宴会などは出来ないことから、「桜の通り抜け」と呼ばれているのです。

zouheisakura1

造幣局にはどうして桜が咲いているのか?

現在の造幣局がある場所は、江戸時代に津藩を治める藤堂家の大阪屋敷がありました。藤堂家の屋敷内で育てられてきた沢山の桜の木を、そのまま造幣局が引き継いだ為に桜の木が沢山あるのです

この桜を「一般の方にも見てもらうべきだ」と、明治16年から一般開放したのが、桜の通り抜けの始まりです。

途中、第二次世界大戦時に大半の桜は焼失しましたが、職員らの手によって再び桜を集めて復元。今では全国各地の貴重な桜が数多く見られる場所として、毎年60万人近くの人が訪れるようになりました

2017年の開催日程を予想

zouheisakura2

桜の通り抜けの開催日程は、例年3月中旬頃に決定します。正式に日程が決まれば、ニュースなどでお知らせされますが、造幣局のHPを見るのが一番早いでしょう。

■独立行政法人 造幣局

開花予想から推測する、桜の通り抜け日程

2016年の大阪の桜の開花日は3月23日、満開宣言は4月1日でした。例年に比べて4,5日の早咲きでしたね。

そして、2016年の「桜の通り抜け」は、4月8日から4月14日までの1週間開催されていました。造幣局の桜は遅咲きの品種が多い為、大阪の桜満開日よりも遅めの日程を組むのが通例となっています。

大阪の開花予想はここ数年の早咲き傾向から3月25日頃、満開は4月2日頃になるかと思われます。ですので、桜の通り抜けも2016年と同じく4月8日からと言いたいところですがこの日は土曜日。土日も通り抜けは開催するとはいえ、桜の通り抜けの初日は平日になるのが通例です。

その点から考えると、4月7日(金)から4月13日(木)あたりが、2017年の通り抜けとなるのではないでしょうか。

追記:2017年は、4月11日(火)から4月17日(月)に決定しました。

スポンサーリンク

造幣局桜の通り抜けの見どころは?

桜の数が圧倒的!

造幣局の桜の通り抜けが人気を集める理由、それは圧倒的な桜の数につきます。

ソメイヨシノ、八重桜、シダレザクラなどはもちろん、全国から集められた桜を一度に見られるのはここだけです。その数は約130種類、約350本。その中には貴重な品種も数多くあります

そのため、一般の方はもちろん、園芸ファンも毎年熱心に訪れるんですね。

ライトアップ

夜になりますと、ぼんぼりなどでライトアップされ、夜桜を楽しむことができるのも人気の理由です。

ぼんぼりの淡い明かりに照らされた桜は、実に幻想的。通り抜けの道が、ほのかに桜色に染まる風景は、珍しい桜とともに、きっと記憶に残ることでしょう。

周辺の屋台も見逃せない!

造幣局の敷地内は飲食禁止です。それを見越してなのか、造幣局周辺には屋台が立ち並びます。

大阪らしく、たこ焼きやお好み焼きの「粉モン」のお店から、焼き鳥などの飲食系。わたあめやチョコバナナ、クレープなどのスイーツ系。

更には金魚すくいやボールすくいなど、まるで祭りのような賑わいを見せるんですよ。

zouheisakura5

屋台で食べ物を購入したら、少し足を伸ばして、近くの「毛馬桜ノ宮公園」へ行きませんか?

シートを敷いて、飲食しながら桜を見ることが出来ますよ。

造幣局へのアクセスは?

造幣局の桜の通り抜けは、一方通行で、逆走は出来ないようになっています。そのため、通り抜けの入り口に近い駅で降りる必要があります。

なお、周辺に駐車場はなく交通規制も敷かれます。車で直接行くのは控えましょう。

造幣局入り口へのアクセス

地下鉄谷町線及び、京阪本線の天満橋駅(京阪東口・2号出口)で下車、徒歩で約15分です。

または、JR東西線の大阪城北詰駅(3号出口)で下車、徒歩で約15分です。

どのルートでも少し歩きますが、皆同じ目的地へと向かいますので、迷うことはまずないですね。

造幣局の入場時間

造幣局は、入場時間が決められています。

平日は午前10時から午後9時まで。
土日は午前9時から午後9時まで
となっています。

ぼんぼりによるライトアップは、毎日日没後に行われます。

また貴重な桜には、柵が儲けられている場合もあります。むやみに桜には触れず、眺めるだけにしましょう。

お気に入りの桜がみつかるかも

桜といえばソメイヨシノがまず思い浮かびますが、日本の桜は300種類以上もあると言われています。

桜の名所は全国でも沢山ありますが、1ヶ所で100種類以上の桜が見られるのは、大阪の造幣局だけです。普段目にすることのない桜も数多くあります。その中で「お気に入り」を見つけませんか?

ソメイヨシノも素敵ですが、他の種類の桜も素敵だと再認識出来ることまちがいなしです!数々の桜の名前を覚えて、写真を取れば、きっと一生の思い出になりますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

静内二十間道路桜並木、2017年の開花予想や見頃は?

全国各地にある桜の名所には、様々なタイプの名所があるかと思います。 一度にたくさんの桜が楽

記事を読む

青森の弘前さくらまつり!2017年の開催時期と見どころは?

GWは様々な所でイベントがあり、どこへ行こうか目移りしちゃいますね。もし桜のイベントを見たい!と思う

記事を読む

相模原市民桜祭り2017年の開催日や見どころは?

春には、お花のお祭りが数多く開催されますよね。 春の空のもと、美しい花を眺めながらのお

記事を読む

2017年度の桜開花予想・満開予想!チェックはココで!

日本ほど、季節の移り変わりに敏感な国はないのではないでしょうか? 春は桜の開花を待ち、

記事を読む

桜の種類はどれぐらいの数あるの?有名なサクラの品種は?

桜が開花すると、それだけで心が暖かくなりませんか?また各地で開花に合わせたイベントが行われたり、お花

記事を読む

岡山の「醍醐桜」。2017年の見頃や見どころは?一本桜の由来もご紹介!

お花見と言えば、千本桜と言われる、たくさんの桜を楽しめる名所を思い浮かべる方が多いかも知れま

記事を読む

天空の花回廊、茶臼山高原の芝桜。2017年の見頃は?

春を代表する花と言えば桜。桜前線の訪れとともに各地で美しい桜が咲き乱れますね。 桜と言われると

記事を読む

東京・隅田公園の桜、2017年の開花予想と見頃は?

3月・4月の東京は、どこかしらで桜が楽しめる素敵な季節。東京の桜の名所はたくさんありますが、今年は隅

記事を読む

岐阜・根尾谷の淡墨桜、2017年の開花時期と見頃は?

日本全国にある桜の名所には、国の天然記念物に指定されている素晴らしい桜があります。 そ

記事を読む

古都鎌倉で桜を楽しむならココ!桜の名所おすすめ5選!

春が近づいてくると、気になるのが桜のこと。桜を見ながらお花見を楽しむのも良いですし、散策しな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑