お花見のイメージといえば、会社のレクリエーションの一環でお酒を酌み交わすものではありませんか?あるいは家族や友人で美味しい料理を持ち寄り、桜の下で楽しい時間を過ごすイメージもあるかもしれませんね。

このようにみんなで楽しむお花見も素敵ですが、最近では「一人花見」も人気なんです!

しかし一人花見と言われても、周りが気になってハードルが高そう・・・と思われる方も多いかもしれません。

そこで、一人花見とはどういうもので、どんな楽しみ方があるのか?といったことについてご紹介します

スポンサーリンク

一人花見とは?

お花見を一人で

お花見とは本来、桜・梅・桃の花を愛でつつ春の訪れを感じる行事。奈良時代の貴族は梅の花を鑑賞しながら、和歌を読む習わしがありました。

その後、鎌倉時代になると武士階級も楽しむようになり、桜の下で酒宴が行われるように。更に江戸時代になると一般庶民にも広まり、桜を楽しみながらお酒や食事を楽しむ風習となりました。

一人花見とはその名の通り、一人でお花見を楽しむこと。お花見は多人数で楽しまなければならないというルールがないため、一人楽しんでも何ら問題ありません。

しかし花見と言われると「団体で行う」といったイメージが強いため、あえて「一人花見」と区別しているんですね。

一人花見の人気の秘密は?

最近では女性の間で人気となっている、一人花見。その人気の秘密は、「一人の気軽さ」が挙げられます。

お花見の宴会と言われると、花が見える場所でお酒を楽しむイメージが。そこでは桜が咲いていることは重要ですが、その桜をしっかり見ている人は少なくありませんか?

またお酒が入るとトラブルも増えますし、お酒が飲めない人にとっては酒宴は苦痛。更には会社での花見となると、上司への気遣いなどで楽しむというより義務感で参加することも。

これが一人花見となれば、他の人に気遣う必要はなくなります

  • 桜をしっかり楽しむ事もできますし、
  • 好きなものを飲み食いできますし、
  • 好きな時に好きな場所に行くこともできますし、
  • 当日になって行くのを止めることも自由です。

他人に気遣うことのない気軽さが、一人花見の人気の秘密なんですね!

スポンサーリンク

一人花見の楽しみ方

事前準備とあると便利なグッズについて

周囲に迷惑をかけずに自分が楽しむ事ができれば、それが一人花見となります。

しかし、次のものを準備しておくと、更に楽しい一人花見となりますよ!

レジャーシートとゴミ袋

花見の名所には座る場所が無いこともあるため、レジャーシートはあると便利。

また自分で出したゴミは持ち帰るのがマナーなので、消臭効果のあるゴミ袋を用意したいですね。

スマホあるいはカメラ

きれいな桜をその場で撮影すると、楽しい思い出として残すことが可能です。

他人の目が気になる時も、デジタルカメラスマホのカメラで撮影していたら「写真女子なんだな」と納得してもらえます。

また歩きスマホは厳禁ですが、スマホでお気に入りの音楽を聞きながら花見を楽しめば気分も高まりますよ!

花そのものを楽しむ

団体で宴会を楽しむ場合、どうしても飲食がメインになりがち。

そこで一人花見では、桜の花をじっくり楽しみませんか?

例えば、

  • スマホやカメラで桜の木全体を撮影し、枝ぶりや花の美しさを楽しむ。
  • 桜の品種を下調べしておき、花の違いを楽しむ。
  • 絵心があるなら、桜をじっくりスケッチする。

など素敵ですね。

「桜のスケッチをする」などは一人花見ならではの楽しみ方ですね。

花見の本来の目的に立ち返るなら、桜そのものを楽しむのは何よりおすすめですよ!

とびっきりのごちそうを

一人花見なら気兼ねなく、自分が食べたいものだけを用意することも可能

デパ地下の美味しいデリを購入してもいいですし、自分でお弁当を作って持っていくのも楽しいです。美味しいスイーツを用意して、文字通りの「花より団子」を楽しめるのも一人花見ならではですね。

また最近では、桜がきれいに見られることを売りにしたレストランも。暖かな室内で美味しい食事をゆっくり楽しみつつ、桜を楽しむことも可能なんですよ!

ノープランを楽しむ

一人花見は、行き先だけを決めておいて、あとは当日の気分次第で行動するのも素敵です!

路地裏に素敵な桜が咲いているかもしれませんし、ふらっと立ち寄ったお店が思いの外美味しかったりすることも。

リサーチして確実なプランを立てておくと安心ではありますが、気兼ねせずにすむ一人だからこそ、ノープランも意外と楽しいですよ!

関連記事:
女性の「おひとりさま」にはメリットがいっぱい!素敵な過ごし方も紹介!
ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?
ゆったり贅沢な時間を!一人カフェのメリットと有意義な過ごし方!

一人もまた楽しい!

花見と言われると、みんなでワイワイ楽しむイメージがとても強いかと思います。

しかし、花を愛でて春を感じるお花見は、一人でも楽しめるイベント。むしろ一人で楽しむからこそ、より桜の美しさを楽しむことも可能です

桜の花見に行きたいと思った時に、好きな場所へ見に行けるのも「一人花見」ならではですね。

この春は、一人だから楽しめるポイントがたくさんある、一人花見をぜひ体験してみませんか?