うえの桜まつり1

上野公園といえば、東京のお花見スポットとして外せない場所。宴会の場所取りなども大変そうですし、とても混雑する場所としても有名ですよね。

そんな上野公園ですが、毎年「うえの桜まつり」が開催されている事をご存知でしたか?

宴会だけではない、上野公園の「うえの桜まつり」、2019年の開催時期や見どころについてまとめてみました!

スポンサーリンク

上野公園の「うえの桜まつり」って?

うえの桜まつりは、毎年桜の咲く時期に合わせて、上野恩賜公園(通称:上野公園)にて開催されています。

桜まつり期間中は、ぼんぼりによるライトアップ、骨董市など、多くのイベントが開催されます。そして夜になればお花見の宴会もあちこちで開かれ、人と桜の織りなす熱気はこの時期ならではですね。

上野公園に桜が多い理由とは?

現在、上野公園となっている一帯は、江戸時代は寛永寺(かんえいじ)の敷地でした。桜が多いのも、寛永寺に植樹された桜が数を増やしていったからなんですよ。

公園内の桜の大半は、京都から持ち込まれたソメイヨシノの子孫が大半です。その一方で多品種と交雑した桜もあり、40品種とも60品種もの桜があるとも言われています。

約1200本もの桜が園内各地で咲き誇る光景は、上野公園ならではですね。

□歓声あがる上野公園桜吹雪、美しい日本の風景。

*年によっては、初春に桜吹雪が舞うという珍しい光景に出会えることも。

うえの桜まつりの開催日程や桜の見頃は?

うえの桜まつりの日程は?

「うえの桜まつり」は、例年桜の開花状況に合わせて開催されます。

例年、開始は3月後半頃の土曜日あるいは祝日、終了は4月はじめ頃の日曜日であることが多いため、2019年は以下の日程が予想されますね。

  • 開催日程(予想):2019年3月21日(水・祝)〜4月7日(日)
  • 開催場所:上野恩賜公園

※桜の開花状況によって期間は1週間程度違ってくる可能性はあります。

昨年(2018年)の「うえの桜まつり」は、3月21日から4月8日まで開催されました。

2018年は2月は寒かったものの、3月中旬以降に急激に暖かくなったこともあり、東京の桜の開花宣言は3月17日、満開宣言は3月24日と記録的に早い開花でした。

それでも、丁度上野公園の桜の開花時期に合わせて開催となっていることがわかりますね。

うえの桜まつり3

上野公園の桜の開花や見頃は?

2019年の東京地方の長期予報によると、今年の冬はやや高い気温が推移しており暖冬傾向です。そのため平年に比べるとやや早めの開花になりそうです。

ただ記録的に早かった去年に比べると幾分遅めになると思われますので、開花は3月23日(土)頃、見頃は3月末頃になるのではないでしょうか。

尚、上野公園の桜の開花状況に関しては、保護活動を行なっている上野桜守の会でも、写真付きで紹介されているので、こちらも確認してみると良いですよ。

スポンサーリンク

上野公園 桜の見どころは?

上野公園といえば、つい宴会ばかりが目につくかもしれませんが、うえの桜まつり期間中は見どころも満載です!

うえの桜まつり2

ボンボリの柔らかな光

上野公園の桜といえば、ボンボリが飾られ、夜になるとライトアップがされることで有名。

近年の、強い光を当てるライトアップと違い、ボンボリの柔らかな光が桜を淡く照らして素敵ですよ。数も約1000個と多く、夜道も明るく照らしてくれます。

なお、ボンボリの点灯は夜8時までなので、それまでに行くようにしましょう。

*穏やかにボンボリでライトアップされた桜はとてもキレイですね!

おすすめポイントは不忍池

上野公園の桜見物ポイントですが、噴水広場へと向かう通称「桜通り」が有名です。

週末ともなりますと、大勢の見物客で大混雑します。このあたりは宴会も多く行われているため、非常ににぎやかです。

宴会目的ではなく、ゆっくりと桜を見たいのであれば、不忍池(しのばずのいけ)方面がおすすめです。こちらでも宴会は行われていますが、比較的ゆっくりと桜を楽しむことが可能なんですね。

足漕ぎボートを借りて、広い池から桜を眺めるのも素敵ですよ。

□上野公園 不忍池 ボート乗り場と満開の桜

桜以外にも様々なイベントが!

うえの桜まつり期間中には様々なイベントが開催されます。

昨年も、日曜日の4月1日に、噴水公園へ向かう道にある清水観音堂境内で、祭囃子と寿獅子が披露されました。

また、不忍池方面の弁天堂付近では、

  • 青空骨董市
  • 日光猿軍団の猿まわし

も催される予定です。

それに、桜まつり期間中の上野公園では、屋台もたくさん出ますので、お腹も大満足ですね。

うえの桜まつり4

上野公園には周辺施設がたくさん!

うえの桜まつりの期間中は、午前5時から午後11時まで上野公園の入園が可能です。

そして広い園内には上野動物園や、博物館美術館などの施設もあるので、花見の帰りに立ち寄るのも面白いですよ!

なお、周辺施設に関しては、営業時間などが異なりますので、ご確認の上でお出かけくださいね。

上野動物園

*上野動物園の中でも桜が楽しめます!

  • 開館時間:午前9時30分から午後5時(入園は午後4時まで)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日、都民の日にあたる場合は翌日が休園)
  • 入園料:
    • 大人(高校生以上)600円
    • 中学生 200円(都内在住、在学の中学生は無料)
    • 小学生以下 無料
    • 65歳以上 300円
  • 場所:東京都台東区上野公園9-83

なお、3月20日は「上野動物園開園記念日」で入園料無料となっています。「うえの桜まつり」の開催期間とも近いので、この日に行ってみるのもいいですね。

【参考記事】
3月20日は上野動物園開園記念日!制定された由来やイベントについて

上野動物園のパンダ

東京国立博物館

  • 開館時間:9:30~17:00(金土は20時まで。入館は閉館30分前まで)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌火曜日) 
  • 入館料:
    • 大人620円
    • 大学生410円
    • 高校生以下、65歳以上 無料
  • 場所:東京都台東区上野公園13-9

国立西洋美術館

  • 開館時間:9:30~17:30(金は20時まで。入館は閉館30分前まで)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌火曜日) 
  • 入館料:
    • 大人500円
    • 大学生250円
    • 高校生以下、65歳以上 無料
  • 場所:東京都台東区上野公園7-7

他にも、上野公園には、東京都美術館、東京文化会館、上野の森美術館、国立科学博物館、国際子ども図書館などの施設があります。

アクセスおよび開園時間について

上野公園は広く、交通の便がとても良いのも人気の理由です。とはいえ、大変混雑しますので、公共交通機関の利用をお勧めします。

JR・地下鉄でのアクセス

とにかく迷わない為には、JR上野駅・公園口側で下車しましょう。

降りてすぐ目の前が上野公園です。そこから桜の多いポイントまでは少し歩きますが、人も多いですので迷うことはまずありません。

JRの混雑を避けたいのなら、地下鉄もおすすめです。

東京メトロ銀座線・日比谷線の上野駅、また京成本線・京成上野駅で下車します。そこから徒歩5分で上野公園に到着です。

にぎやかさこそが上野公園の華

【関連記事】

野公園は日本でも有数の桜の名所です。夜にもなれば宴会で大盛り上がりですし、週末ともなれば日本全国から観光客が訪れます。

この賑やかさこそが、上野公園の桜の面白い所でもあります。

見知らぬ隣の人と、桜の美しさを語らう… なんて事もあるかもしれませんよ。