住所を配達伝票に書く

本の配達事情はとても優秀で、住所が正しく記入されていれば、大抵の荷物はきちんと届きます。しかし長い住所の場合、省略できる文字があれば、省略したいと思うこともありますよね。

「字」(あざ)、あるいは「大字」(おおあざ)も、省略できるものなのでしょうか?

そこで、

  • 字や大字とはどういう意味なのか?
  • 住所表記で字や大字は省略しても大丈夫なのか?
  • 大字や字が含まれる時の改行はどうする?

…といった内容で紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

字や大字の意味とは?

大字は住所の表記に使われるもので、それぞれ「あざ」「おおあざ」と読みます。

表記する場合、市町村の下に付け加えられる事がほとんど。

  • ○○県 ○○市 大字○○ 字○○

…といった表記となり、この後に番地などが加わる場合もあります。

田舎の風景

「字」とは?

字・大字の「(あざ)」は、市町村内にある集落を指す言葉。その範囲は狭く、現在の地名で使われる「○丁目」ぐらいの範囲となります。

「字」の歴史は古く、平安時代の貴族が所持していた「荘園」にも見られた言葉。ただしなぜ「字」という名称となったのかは不明で、起源についてもはっきりしません。

その後、豊臣秀吉が行った「太閤検地」によって、地域の土地の広さや所有者が把握されるようになりました。この際に集落や土地ごとに名前が明記されるようになり、それが「字」として定着されていきました。

江戸時代に入った後も「字」は使われ、明治時代になっても引き継がれました。

一方で市町村合併や、住所のわかりやすさを優先するために、市町村側で「字」の表記を廃止することも良く行われました。

ただし、字が廃止されても、地名自体は残るケースもあります。例えば、「字○○」と言っていたものが、現在は「○○1丁目」(○○は同じ名前の地名)といったケースですね。

「大字」とは?

大字(おおあざ)」が登場するようになったのは、明治時代になってからです。

明治時代になって国の制度が変わる際に、多くの集落や地域が吸収・合併して村や町になりました。その際に吸収する側を「村の名前」に、吸収された側を「大字」として残すことがありました。

あるいは「字」が集まって一つの区域とした時に、「大字」として新しい地域名が作られたことも。

「大字」も市町村合併や区画整理の際に、わかりやすさから「町」などの表記に変更することがあります。「大字」を使わないといけない法律はないため、新しく生まれた市町村には大字がないことも多くありました。

それだけに大字・字が残る地域は、古い伝統が残っている地域とも言えますね。

スポンサーリンク

住所表記で字や大字は省略しても大丈夫?

大字・字がある住所は省略しない方がベスト

大字・字がある住所は、どうしても長くなりがちです。しかも「字○○」「大字○○」という表記となるため、どこからが地域名なのかわかりづらい部分もあります。

また「字や大字がある地域は田舎」という認識も一部にあるため、「字」「大字」を省略したい人もいるかも知れません。実際のところ、郵便番号には「市町村+地域」までの情報が含まれるため、省略しても大抵の手紙は届きます。

例えば、郵便番号が正しく表記されていれば、次のように住所表記の省略は可能です。

字のみ含まれる場合

○○県 ○○市 字▼▼1234番地567
 ↓
▼▼1234番地567

大字のみ含まれる場合

○○県 ○○市 大字◆◆1234番地567
 ↓
◆◆1234番地567

大字も字も含まれる場合

○○県 ○○郡 大字◆◆ 字▼▼1234番地567
 ↓
◆◆ 字▼▼ 1234番地567

*字は省略できない

しかし字や大字を省略すると、場合によっては荷物が遅れる可能性もあるんですね。何故なら機械である程度仕分けができていても、最終的に配達するのは「人」だからです。

特に郵便番号が間違っていた場合、人の手によって住所を確認して配達することになります。この時に住所の一部を省略していた場合、配達が遅れたり該当する住所がないとして差出人に戻されることもありえます。またマナーとしても住所の省略はあまり好ましくありません。

手紙や荷物がきちんと届いてほしいなら、字・大字は省略せず記入した方がベストですね。

配達されたものを受け取る

宛名書きも省略しない

手紙や年賀状を出す場合、大抵は相手の手紙や年賀状に書かれていた住所を記入しますよね?この時も明らかな間違いがある場合を除き、住所は頂いたものそのままを記入しましょう。

また差出人として記入する自分の住所も、面倒ですが「字」や「大字」は省略せずそのまま記入した方が良いです

改行はどうする?

ちなみに長い住所で、大字や字が含まれる場合、どこで改行すればよいのか迷うかも知れません。

例えば

○○県 ○○市 大字◆◆ 字▼▼ 1234番地567

…という住所の場合、

○○県 ○○市
大字◆◆ 字▼▼ 1234番地567

…というように、大字の前で改行するとよりスマートです。

大字がなくて、字のみの場合は、字の前で改行するとわかりやすいですよ。

【関連記事】

歴史ある地域の名前を大切に

大きな都市で生まれ育った場合、住所に「字」や「大字」がつくことはほとんど無いですよね。しかし、実は地名変更や都市の合併で、字や大字を廃止した可能性もあります。

昔の古い住所を確認してみると、実は「字」や「大字」がついていたという場合もありますね。

また、現在も住所に「字」や「大字」が残る地域の場合、それは歴史ある地域ということ。書くのが面倒だとは思いますが、愛着を持って省略せずに住所を書くようにしましょう!