の花といえば桜が有名ですが、その一方で地面を覆い尽くす「芝桜」も美しく、たくさんの名所があります。

そんな芝桜は、樹木に咲く桜と違って地面に咲きますが、どんな「花言葉」があるのでしょう?また名前に“桜”がつく芝桜ですが、桜の一種なのかも気になるところです。

そこで、色別の違いも含めた、芝桜の花言葉、そして芝桜はどんな花なのか?についてお伝えしていきます。春を楽しむためにぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

芝桜の花言葉は?

芝桜にはたくさんの花言葉がある

キレイな芝桜

芝桜にはたくさんの花言葉があります。いずれも咲いている姿からつけられたものとなります。

次の花言葉は、芝桜の花が小さく密集して咲くことから付けられたものです。その様子は、まるで花同士が意見を一致・合意し、協調して咲いているかのようですね。

  • 合意
  • 一致
  • 協調

また花は小さいですが一斉に咲き、しかも場所を広げて咲く様子から、次のように前向きにうけとれる意味にもつながります。

  • 忍耐
  • 希望

さらに小さいながらもしっかりとした色あいは、次の花言葉にもつながります。

  • 温和

一方で芝桜の英名「Moss phlox(モス・フロックス)」を直訳すると、「炎の苔」。「moss(モス)」は苔(こけ)の意味ですが、「phlox(フロックス)」は、ギリシャ語で“炎”を意味する「phlogos」から取られています。

そのため次の花言葉もあるんですね。

  • 華やかな姿

芝桜の色別の花言葉は?

様々な色の芝桜

【花言葉】白・青の芝桜

芝桜はピンク色のイメージが強いですが、白や薄い青色の芝桜もあるんです。花言葉の上では、白も青も同じものとされ、次の花言葉がつけられています。

  • 燃える恋
  • きらめく恋

どちらの花言葉も、芝桜の英名である、「Moss phlox(モス・フロックス)」によるもの。白や青い花びらが静かに揺らめく炎を連想させ、そこから恋の花となったんですね

【花言葉】濃いピンクの芝桜

芝桜といえばピンク色のイメージがありますが、その色は薄いものもあれば、濃いものもあります。このうち、濃いピンク色の芝桜には、次の花言葉がつけられています。

  • 私を拒絶しないで

芝桜の濃厚な花の色が積極的に見えるため、自己主張の強さを表しているところからきています。しかしそれも相手を思うからこそで、ありのままの自分を否定してほしくない…という願いとなっているんですね。

【花言葉】淡いピンクの芝桜

濃いピンクとは対象的に、薄い(淡い)ピンクの芝桜には、次の花言葉がつけられています。

  • 臆病な心

こちらは芝桜がたくさん咲く様子が、誰かと一緒でなければ不安だ…という心のあらわれとなっているから。また一つ一つの花が小さいことも、一人では不安な様子を連想させるんですよ。

スポンサーリンク

芝桜の花の特徴は?

芝桜は桜より後に咲く

芝桜公園

「芝桜」はハナシノブ科フロックス属の多年草で、ハナツメクサ(花詰草、花爪草)の別名もあります。樹木に咲く「桜」とは品種的なつながりはありません

ピンク色の花が良く知られていますが、他にも白や青の花を咲かせます。茎は地面を這うように伸びるため、花が咲くとまるで桜色のジュータンのようです。そして花が散った後は葉の緑で覆われるため、「芝桜」の名前が付けられました。

芝桜の開花時期は4月~5月頃。北海道では5月中旬~6月初旬にかけて。丁度桜の後を追うように開花していきます。

力強さを感じる芝桜

芝桜の花は一つ一つは小さいですが、数多く咲くためその様子は力強さが感じられます。ガーデニングとしてみた場合も寒さにも強く、雪の降る地域では土の下で冬を越すほどです。

そのため日当たりと風通しがよく、水はけの良い場所に植えると自然と育ってくれるんですね。また病気や害虫にも強いので、初めて育てる方にピッタリです。

ただし芝桜の茎は踏まれると弱ってしまうので、地面に植えるときは踏まれにくい場所を選びましょう。心配ならプランターに植えて、花が咲いたら庭に並べると素敵ですよ!

芝桜の代表的な名所については、以下の記事にも掲載していますので、あわせて確認してみてくださいね。

芝桜は育てやすく魅力的

【関連記事】
芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

桜は地面にピンク色の花を数多く咲かせ、その様子は絨毯(ジュータン)にも例えられます。また桜と同じ時期または少し遅れて咲くことから、桜を再び楽しみたい方にも人気の花です。

花言葉も「希望」「忍耐」「きらめく恋」など数多くあり、また色ごとにも素敵な花言葉が並んでいます。そのため友人・先輩・恋人に贈る花にしやすく、また育てやすいので思い出に残りやすいですね。

春の花を楽しみたいなら、育てやすくて桜色が楽しめる「芝桜」を選びませんか?