しい花は心を和ませてくれる上に、見かけた場所と共に思い出を残すことがあります。そんな花の一つに、ハワイでよく見かけるプルメリアがあります。

レイ(首にかける花輪)として渡されることもありますし、豊かな香りはハワイそのものとも言えますね。ALOHAとのつながりも深いプルメリアですが、どんな花言葉があるのでしょう?

そこで、

  • プルメリアの花言葉
  • プルメリアとALOHAとの関係
  • プルメリアとはどんな花?咲く時期は?

…といった内容についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

プルメリアの花言葉は?

プルメリア

プルメリアには、よく知られたもので4つの花言葉があります。


  • 気品がある
  • 恵まれた人(恵まれた容姿)
  • 日だまり
  • 内気な乙女

気品がある

花言葉の中の「気品がある」は、プルメリアの花と香りから生まれました。

プルメリアの花は優雅で美しく、香りも甘さがありながら上品さが感じられます。そこから気品があるという、花言葉が生まれたんですね。

知り合いの女性へ花を送るときは、プルメリアはぴったりですね。

恵まれた人・恵まれた容姿

「恵まれた人」「恵まれた容姿」という花言葉も、プルメリアの花の美しさから生まれました。しかも素晴らしい香りも楽しめるとなれば、恵まれているという印象となりますよね。

ただし贈り物の花言葉とするには、贈る方の本質を見誤った印象にもなりかねません。素敵な花言葉ですが、引用しないほうが無難ですね。

日だまり

プルメリアは暖かな地方で咲く花で、太陽の光を受けてたくさんの花を咲かせます。そのため陽のあたる場所で咲く印象につながり、「日だまり」という花言葉となったんですね。

明るく朗らかな方へ花言葉として、男女問わず使いたいですね。

内気な乙女

「内気な乙女」という花言葉もまた、プルメリアの花から受けるイメージからつけられました。

プルメリアの花は、3~4輪ずつまとまって開花します。姿も香りも美しい上に、まとまって咲く様子が内気な乙女と重なったんですね。

ただし贈り物に添えるにはやや難しい言葉なので、引用はあまりおすすめできません。

プルメリアとALOHAとの関係は?

ALOHAはプルメリアの花びらに

プルメリアとハワイの挨拶「アロハ(ALOHA)」には、実はとても深いつながりがあるんですよ。

ALOHAとはハワイの挨拶として良く知られていますが、5つの文字にそれぞれ素敵な意味が込められています。

文字 スペル 読み 意味
A Akahai アカハイ 上品さ・優雅さ
L Lokahi ロカヒ 協調性や調和
O Olu’olu オルオル 心躍るような喜び
H Ha’aha’a ハア ハア 謙虚・慎ましやか
A Ahonui アホヌイ 忍耐・辛抱強さ

ALOHAの5つの言葉はプルメリアの5枚の花びらに重ねられており、ALOHAからプルメリアの花へとつながるわけですね。

プルメリアの花

満月のプルメリアには思いを伝える力がある

ハワイでは満月の翌朝プルメリアでレイ(首にかける花輪)をつくり、好きな人に渡すと思いが伝わると言われています。

ALOHAの象徴といえるプルメリアは、歓迎のレイにピッタリですね。もし空港などでプルメリアのレイを渡されたら、心良く受け取って身に付けましょう!

スポンサーリンク

プルメリアとはどんな花?咲く時期は?

ハワイ原産の花ではない

プルメリアはキョウチクトウ科インドソケイ属の樹木の総称で、全世界に300種類ほどあります。5m~10mぐらいまで成長し、熱帯地域ではおなじみの花となっています。

プルメリアはハワイの花として知られていますが、実は中南米・カリブ海が原産の花です。ハワイにはもともとプルメリアはなく、18世紀頃に持ち込まれました。

花の色は赤・白・ピンク・黄色

プルメリアは、日本では6月~10月ごろに花を咲かせます。花の色は赤・白・ピンク・黄色などで、やや肉厚の5枚の花びらをつけます。

花の大きさは5~8センチほどで、3~5輪ほどずつまとまって開花するんですよ。

[マイハワイ] ハワイの花図鑑「プルメリア」

*プルメリアはハワイの様々な場所で見かけ、素敵な花が楽しめるんですよ!

プルメリアの花は素敵ですが、茎や葉を切る時に出てくる白い樹液には毒があります。許可をもらって花を摘むときは、樹液に触らないように十分気をつけてくださいね。

もしも樹液に触れてしまった場合は、すぐに触れた部分を洗い流すようにしましょう。

日本ではインドソケイとも

プルメリアという花の名前は、17世紀のフランスの植物学者シャルル・プリュミエ(Charles Plumier)から取られました。

一方で日本では「インドソケイ(インド素馨)」という、聞きなれない和名がつけられています。ソケイはインドなどで咲く花で、ジャスミンの仲間です。

インドソケイは上品な香りから取られた名前ですが、わかりにくい名前ですね。

インドソケイ

お寺に咲く花

プルメリアは英語では「Plumeria」ですが、別名として「Temple tree(テンプル・ツリー)」とも呼ばれています。

プルメリアは熱帯地域の寺院や墓地に、よく植えられているからついた名前なんですね。

素敵なプルメリアの花で歓迎を

【関連記事】

ルメリア(インドソケイ)はカリブ海を中心とした、熱帯地方が原産の樹木です。「ALOHA」とのつながりも深い花ですが、もともとハワイにはなかったと聞くと驚きですね。

プルメリアは花と香りが美しく、「気品がある」「内気な乙女」といった花言葉が生まれました。また暖かい場所を好むため、「ひだまり」という花言葉もあるんです。

「アロハ」の声と共にプルメリアのレイを渡されたら、歓迎の印として受け取りましょう!