沢山の本

は気候がよく、何をしても楽しい季節。食欲の秋・行楽の秋・文化の秋と共に、読書の秋ともよく言われますね。

読書の秋には「読書週間」というものがあり、図書館や書店で様々なイベントが催されます。そんな秋の読書週間はいつからいつまでなのか?またその歴史が気になりませんか?

そこで、

  • 秋の読書週間はいつからいつまで?
  • 秋の読書週間とは?
  • 秋の読書週間のイベントは?

…についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

秋の読書週間はいつからいつまで?

毎年10月27日~11月9日

ゆったりと本を読む

秋の読書週間とは、公団社団法人「読書推進運動協議会」が推進するもので、正式名称は「読書週間」となっています。一般的に「秋の」と言われているのは、春にも別の読書週間があるからなんです。

その「秋の読書週間」の開催は、毎年10月27日~11月9日の2週間2019年(令和元年)の秋の読書週間も10月27日(日)~11月9日(土)となります。

読書週間期間のうちでも、特に11月3日(日)は文化の日ですので、読書を楽しむのにもピッタリ。しかも次の日が振替休日なので、本を探しに出かけたあとにゆっくり読めるのもうれしいですね。

秋の読書週間とは?

秋の読書週間

戦前に図書週間から始まった

秋の読書週間の歴史は古く、前身となる「図書週間」が誕生したのは1924年(大正13年)のことです。これは前年に関東大震災が発生し、多くの書物が焼失してしまったから。そこで日本図書館協会が「図書週間」を提唱し、本にまつわる活動を行うようになりました。

その後名称が「図書館週間」と変更され、出版社も「図書祭」として秋のイベントに。しかし昭和に入ってから戦争の影響などで、1939年(昭和14年)に廃止となってしまいました。

戦後に復活

読書週間が現在の名称となって復活したのは、終戦後の1947年(昭和22年)になってから。戦争の傷跡がまだ残る中で、読書の力で平和な文化国家をという決意で復活しました。

最初は11月17日からの一週間で開催されましたが、大評判のため1週間で終わるのは惜しいという意見が。それを踏まえ翌年1948年(昭和14年)から、文化の日を中心とした10月27日~11月9日の2週間が読書週間となったんですね。

ちなみに春の読書週間は?

「秋の」読書週間とつくように、実はにも読書週間が存在しています。

こちらの正式名称は「こどもの読書週間」で、1959年(昭和34年)からはじまりました。

春の読書週間の期間(こどもの読書週間)は4月23日~5月12日

3週間と長めですが、これは期間内に「こどもの日(5月5日)」を含むから。更に4月23日は本をプレゼントする「サン・ジョルディの日」なので、本をプレゼントするのにもピッタリですね。

スポンサーリンク

秋の読書週間のイベント

読書週間ポスターコンテスト

毎年「読書週間」に合わせて標語が発表され、またポスターの募集が行われます。

2019年(令和元年)の標語は、「おかえり、栞の場所で待ってるよ」

この標語をイメージしたポスターの募集期間は6月25日頃までで、8月ごろに入賞作品が発表されます。選ばれたポスターは、読書週間に合わせて全国の書店・図書館などに張り出されるんですよ!

ちなみに、過去7年間の読書週間の標語は次の通りでした。

年度 読書週間の標語
2018年 ホッと一息 本と一息
2017年 本に恋する季節です!
2016年 いざ、読書。
2015年 いつだって、読書日和
2014年 めくる めぐる 本の世界
2013年 本を旅する 本と旅する
2012年 ホントノキズナ

図書館や本屋でイベントが!

図書館では?

秋の読書週間に合わせて、全国各地の図書館では様々なイベントが用意されています。

図書館によって内容は様々ですが、

  • 読み聞かせ会
  • 夜の図書館に入れるイベント
  • 借りられる冊数が増える

…といったことなど。

また、秋に読みたいおすすめ本コーナーを作る図書館は多いですね。

地元の図書館でも何らかのイベントがあるかもしれないので、しっかりチェックしておきましょう。

古い図書館

書店では?

書店でも読書週間に合わせて、おすすめ本コーナーが作られることがあります。新刊でおすすめコーナーを作ることもあれば、埋もれた名作を中心に作る書店もあります。

また変わったところでは、大型書店の「ジュンク堂」で、ここ数年、毎年読書週間にあわせ、書店に1日宿泊して店内の本を読むというイベントを行っています。

「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」と言いますが、本好きの夢の一つである「本屋や図書館で暮らしたい」が叶う、とても素敵なイベントなんですね。

ジュンク堂の開催店舗は毎年変わりますし、抽選にはなりますが、募集開始は9月末頃。気になる方は時期がきたらジュンク堂のホームページをチェックしてみましょう。

書店くじ

日本書店商業組合連合会に加盟する書店では、読書週間に合わせて「書店くじ」を開催しています。

書店くじは500円以上の本を買うとクジがもらえ、後日抽選で景品があたるというくじで、春と秋の2回行われます。

2019年の「秋の書店くじ」は、2019年10月27日(日)〜11月9日(土)の期間で行われ、12月5日(木)に当選発表が行われます。

  • 1等賞 …図書カードか図書購入時に充当 5,000円分
  • 2等賞 …図書カートか図書購入時に充当 1,000円分
  • 3等賞 …図書カードか図書購入時に充当 500円分
  • 4等賞 …図書購入時に充当 100円分

が、それぞれ多数用意されますので、本を買う時に注目しておきたいですね。

読書の秋に!

【関連記事】

読書の秋という言葉があるように、秋のさわやかな気候は本を読みやすい季節でもあります。そんな季節に開催される「秋の読書週間」は、本を通じて文化的で平和な国としようとするものなんですよ。

読書週間期間中は図書館や本屋でおすすめ本のフェアが組まれたり、ちょっとお得なキャンペーンが開催されます。またユニークなイベントが開催されることもあるので、読みたい本を探しに行くのも楽しそうですね。

普段本を読まない人も、秋の読書週間をきっかけに本を一冊読んでみませんか?