卒団式という言葉をご存知ですか?

これは主に小学生のお子さんが所属しているスポーツ団を卒業する時に行う行事。

その卒団式では、父兄の代表挨拶を行うことがあります。もし挨拶を頼まれた場合、どのような内容で挨拶をすればよいのでしょうか?

そんな気になる、卒団式での挨拶のポイントを文例とともに紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

卒団式の挨拶のポイント

ほどほどの長さで

卒団式の参加者の大半は小学生です。

思い出してみると、朝礼などで挨拶の長い先生はイヤでしたよね?そして良いことを先生が言っていても、長い挨拶は頭に残りませんでしたよね?

ですので、挨拶はわかりやすく簡潔に話せるようにまとめておきましょう

子供を褒めよう

卒団式の主役は、スポーツ団などから旅立つ子供たち。まずは子供たちの活動を褒め、その上でどこが良かったのかを具体的に述べましょう

例えば、

  • 好成績を残した試合のこと
  • 負けたけれど善戦した試合のこと

なども良いですね。

あるいは、

  • 試合外でも挨拶が出来ていた事
  • 後片付けなどをしっかり行った点

なども褒めたいところです。

スポーツ団では成績ももちろんですが、挨拶や片付けといった部分も学ぶ場所。様々な角度から子供の成長を褒め、下級生の目指すべき目標であることを指し示したいですね。

またスポーツ団は子供だけでは活動は無理で、必ず指導者や見守る大人が関わってきます。そのため尽力してきた指導者にも、ねぎらいの言葉を入れましょう

次世代へのエールを

卒団の挨拶では、次の世代となる下級生に向けたメッセージも盛り込みましょう

  • 先輩を目標にしてほしい
  • 先輩のできなかったことを達成してほしい

といったことなどですね。

そういったエールを送ってあげると、自分たちも頑張ろうという気持ちが高まりますよ。

スポンサーリンク

卒団式の挨拶の文例

基本的な例文

スポーツ団となれば、参加者は全員見知った方々。それほど難しく考えずに、こちらのような気軽な文書はいかがですか?

父兄を代表しまして、一言挨拶をしたいと思います。

卒団おめでとうございます。
優勝(あるいは目標)目指して頑張ってきた皆さんなら、
新しいステージでもきっとがんばれます。

大変なこともあるかもしれませんが、
(スポーツ団の名前)魂で乗り越えてください!

最上級生が抜けた後は、
○○のみなさんが頑張る番です。

先輩を追い抜け追い越せを目標に、
更に上を目指してください。

また今日までご指導いただきました、
○○先生にも御礼を申し上げます。

ときに厳しく時に暖かな指導は、
父兄といたしましても本当に励みとなりました。

最後に、
父兄の皆さん、
指導者の皆様、
そして(スポーツ団)の皆さん、

今までありがとうございました。

これからのご活躍をお祈りいたします。

挨拶のポイントは、卒団する側にもこれから最上級生となる側にも「頑張れ!」と応援する姿勢であること。その上で指導者にも「お礼」を述べるなど、基本を押さえた挨拶となっています。

ここに成績や良かった点などを追加すれば、オリジナリティあふれる挨拶となりますよ。

子供の頑張りを褒める例文

特に優秀な成績だったり、あるいは下級生の模範となっていた最上級生。そんな子供たちの良かった点を褒めたいなら、次のような挨拶はいかがでしょうか。

父兄を代表しまして、一言ご挨拶を申し上げます。

6年生の皆さん、卒団おめでとうございます。

皆さんは(スポーツ団名)初の○○大会優勝という、
輝かしい成績を残しましたね。

これは下級生も含めた、
みんなが頑張った結果なので誇りを持ってください。

また優勝しただけでありません。

試合後の後片付けや用具の扱いなど丁寧で、
その点も誇らしい6年生でした。

下級生の皆さんも、
卒団する先輩以上を目指して頑張ってください。

そしてこのような成績を残せたのも、
○○先生のご指導のおかげでもあります。

挨拶といったスポーツ以外の指導も含め、
本当にありがとうございました。

最後になりますが、
(スポーツ団)のさらなる飛躍を願い、
締めの挨拶といたします。

今日までありがとうございました!

今回ご紹介した例文では「優勝」としましたが、この部分はそれぞれに有ったものに変更しましょう。

また成績メインではなく、後片付けや挨拶を褒める事をメインしても良いですね。

新しい旅立ちを

【関連記事】
小学校の子供に贈る親からの卒業メッセージ!例文もご紹介!
小学校の卒業式で送る祝電のポイントは?送る相手別の文例も紹介!

団式はそれまで頑張ってきた事をねぎらい、これからを応援するためのセレモニー。同時に指導者にも今までの感謝を伝え、また下級生を励ますためのセレモニーとしたいものです。

卒業式とは違ってそれほど厳格な場ではないため、挨拶もそこまでかしこまらなくても大丈夫。長い挨拶は子供に嫌われますし、難しい言い方よりもわかりやすい言い方がおすすめです

卒団式の挨拶で、新たな環境へ旅立つ子供たちへ元気にエールを送りたいものですね。