社で行うような大規模なパーティーは、何回出席しても緊張するものです。しかしこういったパーティはずっと着席の事が多く、座って拍手をしていれば意外と楽なもの。

それよりもハードルが高いのが、参加者それぞれが歓談しやすいようにと設けられた立食パーティーです。

出された料理に手を付けて良いものなのか、またどのようにして食べればよいのか迷いませんか?当日着ていく服装についても気になりますよね。

そこで立食パーティーにおける、料理や服装といったマナーについて紹介しますので、ぜひ覚えて積極的に参加しましょう!

スポンサーリンク

立食パーティーを楽しむポイント

ドレスコードを確認して

立食パーティとは、ご存知の通り「立ったまま歓談と食事を楽しむ」形式のパーティです。

会社の創立パーティや学校全体の同窓会など、参加人数が多いパーティーでよく採用されています。

その目的は食事を楽しみつつ、参加者同士が楽しく歓談すること。そのため椅子席は休憩スペースに用意されているのみで、参加者はほとんどの時間を立って過ごします。

立食パーティーでの服装ですが、ドレスコードを確認する必要があります。特に指定がない場合、会社関係や同窓会ならセミフォーマルで大丈夫。

ただし長時間立つ事になるので、あまりヒールの高い靴や履きなれない靴は避けましょう。

また料理を自分で取るため、袖が広がったデザインは料理に触れてしまう可能性が。特に女性の場合、袖に広がりのない七分丈の上着を選ぶとより洗練されますよ。

荷物はクロークに預ける事になるため、最低限の荷物はポケットやカバンへ。ポケットに名刺入れを準備したり、フォーマルに合うショルダーバッグを用意しましょう。

料理は右から左へ

乾杯の挨拶を終えたら、いよいよ立食パーティの開始です。

立食パーティーでは料理は各自に配られず、自分で取りに行く必要があります。

料理は大きなテーブルに一列に配膳されていますが、これを取るにもマナーがあるんですね。

それは「並んでいる料理は、右から左へと進んで取る」ということ。左から逆走して取りにいったり、あれが食べたいとUターンするのは恥かしい事なんですよ。

小さく3種ほど

食べ放題のお店で料理を山盛りに取る人を見ると、ちょっと残念に思いますよね?

立食パーティでもそれは同じで、お皿の上に何種類も山盛りにするのはマナー違反。お皿の大きさにもよりますが、3種類~4種類を小さく盛り付けましょう

また同じお皿に温かい料理と冷たい料理を、一緒に乗せるのは良くないと言われています。しかし料理の関係でどうしても乗せる場合は、離して乗せれば大丈夫です。

お皿は常に新しいものを

一人でお皿を何枚を使うのが忍びなくて、なんとなく皿を使いまわしていませんか?

実はこれもマナー違反で、きれいでも一度使った皿に新しく料理を乗せてはいけません。使い終えた皿は、回収用のテーブルが用意されているはずなのでそちらへ。

もしなかったり見つけられなかった場合は、会場内のスタッフに渡しつつ場所を確認しましょう。

スポンサーリンク

コース料理を意識する

たくさんの料理が用意されている場合、どれから食べていいか迷ってしまいます。立食パーティーもパーティーですから、ここはコース料理を意識して取るとスマートに食べられます。

最初に取るのは前菜にあたる、カナッペ・ゼリー寄せなどのさっぱりした料理。二番目はサラダとなりますので、前菜と一緒に小さく盛り付けましょう。

次にスープとパンになりますが、立食パーティだと出ないこともあるので省略しても構いません。その次は魚料理ですが、食べづらいので小さめにカットされたものを選びましょう。

その次がメインとなるお肉料理。魚料理と同じく食べやすいサイズを。最後がデザートになるので、美味しそうなスイーツはここでいただきましょう。

歓談のマナーは

立食パーティーでは、新しい人脈を作る大きなチャンスにもなります。そのため食べてばかりいないで、身近な方との歓談を積極的に楽しみましょう

この時、左手にお皿やグラスを持ち、右手は常に開けておくのがマナー。できれば会話のときは皿は持たず、左手にグラスだけのほうがよりスマートです。

またグラスのドリンクが冷えていると、そこから水滴がこぼれて相手や自分の服を汚すことが。ハンカチやナプキンを使って底を持つようにすれば、水滴汚れを伏せすことが可能です。

楽しく歓談を

立食パーティーは自分で食事を取りに行くなど、他のパーティと大きな違いがあります。そのため難しく考えがちですが、食事よりも歓談がメインと考えれば意外と楽なパーティーです

食事は美味しそうですがガッツリ食べようとはせず、少量を取って程々に。あとは天気やきょうの料理といった、当たり障りのない話題から会話を弾ませていけば大丈夫です。

食事は程よいアクセントと考えて、立食パーティーで素敵なひとときを過ごしましょう!