々な料理に使える豆腐は、手軽に使えて栄養価も高いため冷蔵庫に常備したい食品の一つ。スーパーの特売商品として登場することも多いですし、まとめ買いしている方も多いのではないでしょうか。

そんな豆腐ですが、冷蔵庫の中で賞味期限が切れてしまい、泣く泣く処分した経験はありませんか?

1日程度なら大丈夫のような気もしますが、実際はどれぐらいまでなら食べられるのでしょうか?

そこで、

  • 豆腐の賞味期限は?
  • 賞味期限が切れても大丈夫か
  • 期限切れの豆腐のおすすめの食べ方

…を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

豆腐の賞味期限は?

豆腐をきる

賞味期限と消費期限について

ほとんどの食品のパッケージには、「賞味期限」または「消費期限」の表記があります。これは食べる際の目安となる日付なのですが、その目的は大きな違いがあります。

賞味期限とは、「この日までなら食べることが可能」な期限のこと。期限をすぎると味が落ち、また傷んでしまう確率が上がります。

一方の消費期限とは、「この日までなら安全に食べることが可能」な期限のこと。期限を過ぎた場合、安全面での保証はできなくなります。

【参考記事】
賞味期限と消費期限の違いとは?開封済みの場合はどうなるの?

豆腐の賞味期限は?

豆腐に関しては、美味しく食べられる時期と安全に食べられる時期がほぼ同じ。そのためメーカーにより違いはありますが、最近は「賞味期限」と表示されている豆腐が多いです。

また豆腐のパッケージ方法は2種類あり、その違いによって賞味期限も変わってきます。

一つは、「水に浸かった状態でパッケージに密封された」ものです。スーパーで購入する場合、ほとんどがこちらのタイプ。

この場合の未開封での賞味期限は、製造日から3~5日。ただし大手メーカーの豆腐の場合はパックごと熱殺菌処理をされていることが多く、その場合は10日程度になります。

そしてもう一つのパッケージ方法は、「充填式」によるもの。容器いっぱいに豆腐を詰め込んで密封し、熱処理などで殺菌が行われています。

そのため賞味期限も長めで、製造日から1ヶ月程度となります。

豆腐の賞味期限、切れていても大丈夫?

長くても3日をめどに

切った豆腐

賞味期限(消費期限)が過ぎた食品は、味の上でも安全面でもあまり食べることはおすすめ出来ません。

特に豆腐に関しては、賞味期限がそのまま消費期限となる食品です。未開封の場合でも、賞味期限を過ぎたものは食べない方が無難。長く見ても3日も過ぎたものは処分した方が良いですね

食べられるかの判断基準は?

たとえ賞味期限前の豆腐でも、開封しておかしいと感じたら処分を。また開封済みの余った豆腐も傷みやすいので、期限内でも使う前にチェックが必要です。

豆腐が安全に食べられるかどうかは、次の点をチェックしましょう。

  • パック全体が膨らんでいないか
  • 水が濁っていないか
  • 豆腐が黄色く変色していないか
  • 豆腐から異臭がしていないか
  • 豆腐を触った時に、ぬめりや粘着感・糸を引く感触がないか

これらのうち一つでも当てはまるなら、豆腐は傷んでいる可能性があります。もったいないと思わずに、この豆腐は食べすに捨てるようにしましょう。

スポンサーリンク

期限切れ豆腐のおすすめの食べ方

まずは一度加熱して確認

賞味期限が過ぎてしまったけれど、特に色や匂いなどおかしな点がない豆腐は一度加熱してみてください

加熱方法は、レンジで10秒ほどの加熱でOK。このときに異臭がしたら、傷んでいるので処分しましょう。

ピリ辛スープ

豆腐ピリ辛スープ

豆腐を加熱する料理方法は様々ですが、簡単なものならお味噌汁などの汁物がおすすめ。特に豆板醤を入れたピリ辛スープは味も濃く、豆腐の味が落ちていても美味しくいただけますよ。

■材料(2人前)

  • 豆腐   1丁
  • 豚バラ肉 1~2枚
  • 玉ねぎ  1/2個
  • 白菜   1~2枚
  • 溶き卵  1個
  • 豆板醤     大さじ1/2~1
  • 中華スープの元 小さじ1
  • ごま油     少々
  • 水       400cc

■作り方

  1. 豆腐はさいの目に切り、10秒程度レンジで加熱します。
  2. 豚バラ肉・玉ねぎ・白菜は、食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋に玉ねぎ・白菜・水・中華スープの元を入れます。
  4. 沸騰したら豚バラ肉を加えます。
  5. 豆板醤を加えて混ぜてから、豆腐を加えてひと煮立ちさせます。
  6. 沸騰したら溶き卵を加えて火を止めます。
  7. ごま油を加えて軽く混ぜてから器に盛ります。

余っている野菜を加えると、冷蔵庫掃除にもなって一石二鳥。豆板醤の代わりにキムチを入れても美味しいので、ぜひ試してくださいね。

□ピリッと辛くてあったまる!ふわふわ卵の麻婆スープのレシピ・作り方

*豚バラ肉をひき肉に変えると、麻婆豆腐風のスープにもなりますよ!

賞味期限内でも確認してから

豆腐はそのままでも食べられ、また料理にも使える便利な食材。しかし冷蔵庫で保存しても賞味期限が早いため、実は注意が必要な食品の一つでもあります。

たとえ未開封で賞味期限前でも、開けてみて異臭がしたら食べずに処分する。賞味期限が過ぎていて食べられそうでも、必ず確認してから加熱していただきましょう。

お手軽で健康にも良く毎日でも食べたい豆腐ですが、賞味期限(消費期限)には注意して食べたいですね!