□ショートケーキを大量に作るケーキ屋さんの1日

生日やちょっとしたお祝いに、ケーキがあるとうれしくなりますよね。また仕事で頑張ったごほうびに、ケーキを買う人も多いのではないでしょうか。

そんなケーキの中でも定番中の定番が、いちごがのったショートケーキ。そのショートケーキにはかわいい記念日があって、お得なイベントがあることを知ってましたか?

そこで、

  • ショートケーキの日の由来
  • ショートケーキの日のイベント
  • ショートケーキに似た洋菓子関連の記念日

…について順にまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ショートケーキの日はいつ?由来は?

ショートケーキといえば…

いちごショートケーキ

ショートケーキの日毎月22日

仙台の「カウベル」という洋菓子のお店が2007年に提案し全国に広まったものです。残念ながら「カウベル」は閉店してしまいましたが、ショートケーキの記念日は今も全国で受け継がれています。

22日がショートケーキになったのには、ケーキに欠かせない「いちご」が関係しています。

手元にカレンダーがあったら見てほしいのですが、22日の上は何日ですか?

その答えは15日ですね。22日から1週間である7日分を引くと15となるので、どの月でもカレンダー上では22日の上は15日になります。

その15という数字は「いちご」と読めますよね。上にいちご(15)が乗っているから、22日はショートケーキの日というわけです。

22日そのものとショートケーキは関係ありませんが、この由来はとてもかわいいですね!

日本のショートケーキとは?

ショートケーキはスポンジケーキの土台に生クリームを塗り、上にいちごをのせたものですが、実は日本で考案されたものなんです。海外にはないケーキなんですよ。

そのショートケーキがの日本で誕生した由来にはいくつかの説があります。

アメリカのショートケイクから

アメリカにはビスケット生地の間に生クリームとイチゴをはさんだ、「ショートケイク(shortcake)」というお菓子があります。このショートケイクを「不二家」の社員が参考にして、日本のショートケーキを作ったという説があります。

フランスのフレジエから

また「コロンバン」の創業者が、フランスのケーキを参考にしてショートケーキを考えたという説もあります。

参考にしたフランスのケーキは「フレジエ(Fraisier)」という、「いちご」という意味があるケーキ。スポンジ生地はアーモンドペーストが入っているため、しっとりとした食感が特徴なんですよ。

アメリカの「ショートケイク」もフランスの「フレジエ」も、食感は日本のショートケーキとは違ったもの。もし食べるチャンスがあったら、ショートケーキと食べ比べてみたいですね。

ショートケーキの日のイベントは

いちごショートケーキ

ローソンでは

毎月22日のショートケーキの日には、お店などでお得なイベントが行われています。

身近なところですとローソンでは、価格そのままで「プレミアムロールケーキ」にイチゴがプラス。毎月22日だけの限定スイーツなので、見逃せませんね。

銀座コージーコーナーでは

関東を中心に全国に400店舗展開している「銀座コージーコーナー」では、毎月22日に対象のショートケーキを10%引きで販売しています

対象となるのは、「苺のショートケーキ」と「コージープリンセス」の2商品。ケーキを取扱う店舗すべてで行っているので、22日になったらチェックしたいですね!

スポンサーリンク

ショートケーキに似たお菓子の記念日は?

シュークリームの日

ショートケーキ以外にも、お菓子の記念日はいくつもあります。

その一つが、毎月19日のシュークリームの日。洋菓子メーカーのモンテールが制定した記念日ですが、「19(ジューク)」と、「シューク(リーム)」の語呂合わせから名付けられました。

シュークリーム

パンケーキの日とホットケーキの日

毎月10日はパンケーキの日で、これはハムでおなじみの「日本ハム」が制定したもの。パンケーキを食べるときに使うフォークを「1」に、パンケーキを「0」に見立てたのが日付の由来です。

また、パンケーキとは別に、毎年1月25日にはホットケーキの日もあります。

この日は気象庁観測による、日本の最低気温(-41.0度)が観測された日(1902年北海道旭川市)。そんな寒い日に暖かなホットケーキを食べてもらおうと、森永製菓が発案したんですよ。

【関連記事】
パンケーキとホットケーキの違いは何?実は同じもの?

ケーキの日

ショートケーキも好きだけど、他のケーキも大好きという人は多いですよね。そんな方に教えたいのが、1月6日のケーキの日

この日は日本ではじめてケーキの宣伝が行われた日で、上野の風月堂が1879年(明治12年)に行いました。

美味しいケーキ

洋菓子の日

ケーキだけじゃなく、スイーツすべてが大好きという人もいますよね。そんな方には、9月29日の洋菓子の日があります。制定したのは「三重県洋菓子協会」で2002年のこと。

9月29日になったのは、フランスでは大天使・ミカエルの祝日だから。ミカエルは菓子職人を守護する天使なので、そこからこの日が選ばれたんですよ。

記念日をまとめると・・

ショートケーキの日、またショートケーキに似たお菓子関連の記念日をまとめると次の通りです。

日付 記念日 制定したところ 記念日の由来
毎月22日 ショートケーキの日 カウベルという洋菓子店 カレンダー上ではイチゴ(15)が乗っている日
毎月19日 シュークリームの日 株式会社モンテール 「19(ジューク)」「シューク(リーム)」
毎月10日 パンケーキの日 日本ハム フォークが「1」、パンケーキが「0」
1月25日 ホットケーキの日 森永製菓 日本最低気温(-41度)が観測された日
1月6日 ケーキの日 上野風月堂 日本初のケーキの宣伝が行われた日
9月29日 洋菓子の日 三重県洋菓子協会 菓子職人の守護天使ミカエルの祝日(フランス)から

かわいいショートケーキの日!

チゴが乗ったショートケーキは、甘くてとても美味しいケーキ。そんなショートケーキの日は毎月22日で、その由来は「カレンダーでは上にイチゴ(15)が乗っている」から。15日をいちごに例えるのはかわいいですし、ちょっとした話のネタにもできますね。

また毎月22日にはローソンや銀座コージーコーナーで、お得なキャンペーンがあるのも見逃せません。

毎月22日のショートケーキの日を活用して、美味しいケーキをいっぱい食べませんか?