国の動物園の中で特に知名度も高く人気なのが、東京・上野にある上野動物園です。都民なら遠足や学校行事などで、一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか?

また上野動物園と言えばパンダが大人気。パンダを目当てに地方から東京へ遊びに行く方もいるほどです。

そんな上野動物園には、開園記念日があることを知ってましたか?

そこで、

  • 上野動物園開園記念日とは?由来は?
  • 上野動物園の歴史について
  • 上野動物園開園記念日のイベント

…について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

上野動物園開園記念日とは?由来は?

上野動物園が開園した日が…

パンダ

上野動物園開園記念日は、毎年3月20日です。

上野動物園は正式名称を「恩賜上野動物園(おんしうえのどうぶつえん)」といい、上野恩賜公園(上野公園)の一角にあります。

年間入場者数が全国でもトップの動物園で、2018年度は年間約450万人が訪れたほど。

*綜合ユニコムによる統計(2位は名古屋の東山動植物園の260万人)

そんな上野動物園は1882年(明治15年)3月20日に開園した、日本で一番古い動物園なんです。このことを記念して、毎年3月20日を開園記念日としているんですね。

「恩賜」とは?

ところで上野動物園の正式名称にある「恩賜(おんし)」とは、どういうものか気になりませんか?

恩賜には、「君主が臣下をねぎらうために与える物品やその行為」という意味があります。日本では「天皇から賜った物品・名前・地位」全般のことを、恩賜と呼んでいます。

上野動物園がある上野公園は、明治時代には宮内庁が管理していました。その後1924年(大正13年)の皇太子様(後の昭和天皇)ご成婚の記念に、東京市(現在の東京都)に下賜(かし)されました。

*下賜=高貴な方が、身分の低い人に物を与えるという意味

そうした経緯もあり、1949年(昭和24年)に「恩賜上野動物園」の名称となったんです。

上野動物園の歴史

上野動物園のはじまりは

上野動物園

上野動物園が開園したきっかけには、1873年(明治6年)にウィーンで行われた万国博覧会が関係しています。

この万博で日本の物産をアピールするために、全国各地から様々な物産が集められました。実はこの時に動物も集められ、後に展示するために上野動物園が作られたんです。

1886年(明治19年)には宮内庁の管轄となり、外国からの動物も増えていきました。トラ・ライオン・ゾウといった動物園の人気の動物も、この時期には上野動物園にはいたんですよ。

戦争を経て…

1924年(大正13年)に東京市(現在の東京都)の管理となった後も、上野動物園は人気を集めていました。

しかし戦争が激化した1943年(昭和18年)に、動物の処分がくだされてしまいます。これは戦争による空襲で猛獣が逃げることを恐れたためで、クマ・ライオン・トラが処分されてしまいました。

また人気者だったゾウも処分され、現在でも「かわいそうなぞう」(作:土家由岐雄)というお話で伝えられています。

やがて戦争が終わると上野動物園は園内の拡張が行われ、再び動物たちがやってきました。

そして1972年(昭和47年)の中国交正常化を記念して、2匹のパンダが上野動物園にやってきます。「ランラン(蘭蘭)」と「カンカン(康康)」と名付けられたパンダは、たちまち大人気となったんですよ。

スポンサーリンク

上野動物園開園記念日のイベントは?

お得に楽しもう!

上野動物園は、普段は次の入場料が必要となります。

  • 高校生以上 600円
  • 65歳以上  300円
  • 中学生   200円
  • 小学生以下 無料
  • 都内在住・在学の中学生 無料

しかし、3月20日の開園記念日にはすべての方の入園料が無料となります

※ちなみに、3月20日を含め他にも以下の日が「無料開園日」です。

日付 記念日等 無料になる対象
3月20日 開園記念日 全て
5月4日 みどりの日 全て
10月1日 都民の日 全て
5月5日 こどもの日 中学生以下のみ
9月15日~9月21日 老人週間 60歳以上の方とその付添者1名

シャンシャンが見たい!

上野動物園と言えば、パンダのシャンシャン(香香)は絶対に見ておきたいですよね。かつては整理券が必要でしたが、現在は先着順で待機列に並んでからの見学となっています。

なお2018年12月中旬にはシャンシャンの親離れが進んでいて、2019年3月の頃には別の部屋で暮らしているはずです。親子揃っての姿が見られないのは残念ですが、それでも愛らしいシャンシャンはしっかり見たいですね。

シャンシャン

上野動物園の混雑は?

上野動物園は人気のスポットですが、開園直後でなければ入園そのものは比較的スムーズ。ただし、毎年上野動物園開園記念日は、無料だということもあり、いつもよりも大きく混雑します

とりわけ、シャンシャンのいる「パンダ館」は、2018年の開園記念日では事前申込・抽選制を導入しましたが、それでも非常な混雑でした。

とは言え、2019年の3月には親離れも済んでいるため、昨年よりは少しだけ待ち時間が短くなるかも知れません。もしシャンシャンを見に行くなら、遅くても開園時間の朝9時には行かれることをおすすめします。

特に入り口から近いパンダ館のある東園一帯と、園内を走るモノレールは、午前中非常に混雑します。午後2時〜3時ぐらいになると落ち着いてくるので、午後から遊びに行くのもおすすめですよ。

□shoebill、開園記念日に飛びまくるハシビロコウ

*ほとんど動かないことで有名な「ハシビロコウ」も、開園記念日だからか、すごく飛んでいますね!

パンダ以外にもたくさんの動物が!

野動物園はアクセスもよく、貴重な動物も多いことから人気のスポットとなっています。そんな上野動物園の開園記念日には、入園料が無料となるんです!

そのため毎年大変多くの人でにぎわいますが、西園など、場所によってはそれなりに落ち着いている場所もあります。パンダも見ておきたいですが、他にも貴重で可愛くかっこいい動物はいっぱいいますよ。

上野動物園の開園記念日には、たくさんの動物たちをたっぷり楽しみませんか?