ューシーで甘いパイナップルは、南国フルーツの代表格。缶詰で一年中食べられますが、やはり生のパイナップルは格別ですよね。

そんなパイナップルですが、実は「パイナップルの日」「パインの日」の2つの記念日があるんです。またパイン絡みで「パインアメの日」という記念日もあります。

パイナップル関係で複数の記念日があることや、それぞれの由来も気になりませんか?

そんな、パイナップルとパインとパインアメ、それぞれの記念日の由来についてまとめてみました。

スポンサーリンク

パイナップルの日の由来は?

  パイナップル

8月17日はパイナップルの日

パイナップルの2つの記念日のうち、「パイナップルの日」8月17日です。

こちらを制定したのは、ドール株式会社。パイナップル・バナナなどの生産・販売を手がけている会社で、果物の加工食品も販売しています。

ドールの果物は「Doll」のシールが貼られているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ドールはパイナップル農園として始まった会社で、現在も主力商品の一つがパイナップル。そのパイナップルの魅力をもっと知ってほしいとの理由で、パイナップルの日が制定されました。

パイナップルの日が8月17日となったのは、「8」と「17」を合わせると「パ(8)イ(1)ナ(7)ップル」と読めることから。パイナップルは夏が旬のため、美味しいパイナップルをPRするのにぴったりですね。

パイナップルの日のイベントは?

パイナップルの日のイベントですが、残念ながら大々的には行われていません。

スーパーなどでドール製品のイベントがあれば、盛り上がりそうなのに少し残念ですね。

パインの日の由来は?

パイン

8月1日はパインの日

パイナップルのもう一つの記念日である、「パインの日」8月1日

こちらは、「沖縄県パイン・果樹生産振興対策協議会」が制定したものとなります。

パイナップルは熱帯アメリカ原産で、日本の気候では育ちにくい果物。それでも暖かな沖縄県と鹿児島県の一部で、少量のパイナップルが生産されています。

沖縄のパイナップルは8月が旬で、また「8」と「1」が「パ(8)イン(1)」の語呂合わせに。そのため8月1日をパインの日とし、パイナップルの認知度を高めようとしているんですね。

パインの日のイベントは?

8月はパイン収穫の最盛期ということもあり、沖縄県・農林水産省では8月1日からの一ヶ月を「パイン消費拡大月間」に制定してパイナップルの魅力をアピールしています。

しかしパイナップルの日と同様、大規模な活動は行われていないのは残念ですね。

国産のパイナップルは?

私達が口にするパイナップルのほとんどが、フィリピンを中心とした海外からの輸入品となっています。

これは日本の風土がパイナップルの生産に向いていないことと、国内での生産量がごくわずかだから。

しかし国産パイナップルは完熟に近い状態で出荷されるため、輸入品より更に甘い特徴が。そのため沖縄でとれたてのパイナップルを食べると、輸入品には戻れないという人がいるほどなんです。

最近では本州のスーパーでも取り扱う場合もありますが、価格は輸入品の倍以上。それでも「旬」の味が楽しめるので、一度は口にしてみたいですね。

*通販でも購入できますよ。

□パイナップルの花ってこんな花です 沖縄パイナップルパーク

*少しわかりにくいですが、パイナップルの花が見られるのも沖縄ならではですね。

スポンサーリンク

ちなみにパインアメの日は?

8月8日はパインアメの日

パイナップルで連想されるもののの一つに、「パインアメ」があります。こちらも「パインアメの日」があり、8月8日になります。

パインアメは「パイン株式会社」が製造している飴で、1951年生まれのロングセラー商品。当時はパイナップルは高級品で、パイナップル缶もなかなか口にすることができませんでした。そこで、憧れの果物を手軽に味わってもらおうと、1951年にパインアメの販売を開始。当初は穴が空いていなかったのですが、よりパイナップルらしさに近づけるために穴が開けられました。

そんな「パインアメ」は、味もパイナップルのように甘く、スーパーやコンビニでもおなじみの商品ですね。

このパインアメを2つ並べると、穴が空いている部分もあって「8」の数字そっくりに。そこからパイン株式会社が、8月8日を「パインアメの日」としました。

パインアメの日のイベントは?

パインアメの日に関しても、お店などで特別なイベントは行われていません。

しかしパイン株式会社のツイッター公式アカウント(@pain_ame)でパインアメの日を宣伝する様子が、「どこか和む」と毎年話題になっているんです。

Twitterをしている方は、ぜひチェックしてみてはいかがですか?

パイナップルもパインも

パイナップルには、

  • 8月1日の「パインの日」
  • 8月17日の「パイナップルの日」

の2つの記念日があり、それぞれの由来についてご紹介しました。

また、パインに関係した記念日として、8月8日の「パインアメの日」があることもわかりましたね。

実は他にも、パイナップルの日を制定したドールが、「ドール・スウィーティオパインの日」という同社のスウィーティオパイナップルをPRする記念日も制定しています。

こちらは8月1日。「パインの日」の由来と同じく、8(パ)1(イン)の語呂合わせから決定しています。8月1日で記念日が重なるので、ややこしいですね。

とは言え、暑い8月はパイン消費拡大月間ですし、旬を迎える美味しい季節。パイナップルやパインアメを食べながら、元気に夏を乗り越えませんか?