しっとりとした生地が何層にも重なったバームクーヘンは、結婚式の引出物としてもおなじみです。小さい時に重なった生地をはがして食べて、親から叱られた人もいるかも知れませんね。

そんなおいしいバームクーヘンには、記念日があることを知ってましたか?実はバームクーヘンの記念日には、日本の歴史も関係していると聞いたら気になりますよね。

そこで、

  • バームクーヘンの日の由来
  • バームクーヘンの意味や名前の由来
  • バームクーヘンの日のイベント

…を紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

バームクーヘンの日の由来は?

初めてのバームクーヘンが誕生した日

バームクーヘン

バームクーヘンの日3月4日。洋菓子メーカー「ユーハイム」が制定しました。

バームクーヘンの日の制定には、このユーハイムの創業者「カール・ユーハイム」が深く関係しているんですよ。

カール・ユーハイムは1886年生まれのドイツ人で、1909年に中国の青島で洋菓子店を開きます。ところが1914年に第一次世界大戦が勃発し、日本軍の捕虜となり「広島」へ連行されてしまいました。

その後1919年3月4日、広島県物産陳列館(現:原爆ドーム)にて、ドイツ人捕虜が作った作品の展示即売会が開催されました。この時カール・ユーハイムは日本人好みにアレンジしたドイツのお菓子を作り、人気を集めたんですね。

これが日本初のバームクーヘンだったため、このことを記念して3月4日がバームクーヘンとなりました。

2019年は日本で初めてバームクーヘンが焼かれてから100年目の節目の年に当たります。例年以上に、バームクーヘンの日が盛り上がりそうですね!

バームクーヘンの意味や名前の由来は

バームクーヘンを作る

ドイツ語でバームクーヘンは?

バームクーヘン(バウムクーヘン)はドイツ語で「Baumkuchen」と書きますが、「木(Baum:バウム)のケーキ(kuchen:クーヘン)」という意味があります。年輪を重ねた木のように、何層にも重なっていることからこの名がつきました。

そのため日本では「長く歳を重ねる縁起物」として、結婚式の引出物としても良く使われるようになったんですね。

バームクーヘンの作り方

バームクーヘンの始まりは、ギリシャのオベリアスというところで作られていたパンだと言われています。木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたもので、中が空洞になる点がそっくりなんですね。

現代でもバームクーヘンを作るときは、生地を芯に巻きつけて専用のオーブンでじっくりと焼いていきます。そして芯を回転させながら、生地を何度もつけて焼き重ねて焼き上げます。

その結果、薄い生地が何層にも重なり、ふんわりしっとりとした焼き上がりとなるんですね。

□手作りバウムクーヘンの製造風景@リンデンバウム

*何度も生地をかけてじっくり焼くから、おいしいバームクーヘンができるんですね。

日本とドイツのバームクーヘンの違い

ドイツのお菓子として知られているバームクーヘンですが、実はドイツではそれほど食べられていません。そのため「本場のバームクーヘン」を探そうとすると、なかなか見つからずにびっくりするかも知れません。

またドイツのバームクーヘンは、日本のものと違って、バターたっぷりで食べごたえがある特徴もあります。

日本では縁起物の贈答品としても人気で、日頃から良く食べられるバームクーヘンですが、ドイツでは特別な日のみに食べる、珍しい伝統菓子という扱いなんですよ。

スポンサーリンク

バームクーヘンの日のイベント

ユーハイムでは

バームクーヘンの日を制定したユーハイムでは、毎年3月4日に限定商品を販売しています。

2018年にはハローキティとのコラボを行い、バームクーヘンとミニトートバッグのセットが販売されました。2019年はバームクーヘンが伝わって100年目ということもあり、ユーハイムの限定商品も期待できそうですね。

*2018年はキティちゃんのトートバッグが人気でした!

バウムクーヘン博覧会(そごう神戸・そごう広島)

「そごう神戸店」と「そごう広島店」では、2016年より「バウムクーヘン博覧会」を開催しています。2018年のイベントではドイツの老舗菓子店の職人が招かれ、本場のバームクーヘンが味わえました。

もちろん国内の有名店も集結し、日本のおいしいバームクーヘンもたっぷり楽しめました。また博覧会だけの限定商品も販売され、こちらはすぐに完売するほどの人気だったんですね。

2019年は、

  • そごう神戸では、2月28日(木)~3月6日(水)
  • そごう広島では、3月19日(火)~3月24日(日)

に、それぞれ「バウムクーヘン博覧会」が行われますよ。

広島では?

日本で初めてバーククーヘンが販売されたのは、広島物産陳列館(現在の原爆ドーム)です。そのため広島でもバームクーヘンに関する様々なイベントが開催されています。2018年にはバームクーヘンの歌やキャラクターの公募、ラッピングされた市電も走ったんですよ。

2019年の100周年には改めて動きがあるかも知れないので、注目したいですね。

バームクーヘンを食べる

じっくり重ねたバームクーヘン

輪を重ねたように見えるバームクーヘンは、生地をかけながら時間をかけて焼くドイツ伝統の洋菓子です。

贈答品としても人気ですが、実はドイツではそれほど食べられていないと言うから驚きですね。日本に伝わった理由も戦争が関係しているなど、驚くことばかりです。

2019年はバームクーヘン100周年となるため、イベントや限定商品なども期待したいですね。日本で年輪を重ねるように進化したバーククーヘンを、じっくり味わいませんか?