吉日な日

しく何かを始める場合、できれば良い結果となるようにしたいですよね?そのための努力はとても大切ですが、ちょっとした縁起を担ぐことで気持ちも楽になることがあります。

そんな時に覚えてほしいのが、「吉日」というもの。

結婚式をあげるなら、大安吉日がよいとよく言われますね。そんな縁起が良い「吉日」は一定周期で訪れるもの。しかも吉日がいくつも重なる日もあると聞くと、なんだかご利益がありそうですよね!

そんな、吉日の意味や、どんな吉日があるのか?また2018年の吉日の日程や吉日が重なる日についても順にご紹介します。

スポンサーリンク

吉日とは?その意味は?

縁起が良い日

吉日は「きちじつ」と読むのが一般的ですが、「きちにち」「きつじつ」と読む事もあります。本来の読み方は「きちにち」「きつじつ」なのですが、どの読み方でも間違いではないんです。

そんな吉日の意味は、次のものとなります。

  • 縁起が良いとされる日
  • 物事を始めるのに良い日

吉日に科学的な根拠はありませんが、昔から「吉日は縁起が良い日」として伝わっています。

日付など関係ない!という人もいるかもしれません。しかし、人間は意外とメンタルで左右されるもの。いつ始めても良いのであれば、より縁起の良い日を選んで始めたほうが余裕が生まれますよ。

吉日にお願いする

吉日と言えば、何がある?

三種類の吉日

吉日とされる日ですが、一般的には次の吉日が特に知られています。

  • 大安(たいあん)
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  • 天赦日(てんしゃにち・てんしゃくじつ)

この中の「大安」は吉日として有名ですよね。結婚式などでおなじみの日です。

「一粒万倍日」「天赦日」は人によってはあまり馴染みがないかもしれませんが、こちらも良く知られた吉日なんですよ。

六曜の日付

大安とは

大安は「六曜」と言う暦における、縁起の良い日の事です。

六曜は「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6日で一周する暦、これは太陰暦を元にしたもの。現在の「太陽暦」に当てはめた場合、時々この周期が変わる事があります。

大安は「大いに安し」と言う意味で、何を行っても失敗することがない日とされています。そのため、結婚や起業など、失敗してはいけない事を始めるのに最適。

その一方、「良い日だからこそ休むべき日」とする考え方もあります

一粒万倍日とは

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは、選日(せんじつ)という暦における吉日のことです。

選日は六曜・七曜(いわゆる一週間のこと)などの暦の周期に当てはまらない、良い日・悪い日などのこと。12日で一回りする「十二支」と、10日で一回りする「十干(じっかん)」の組み合わせなどで決められています。

一粒万倍日は「ひと粒の種をまくと万倍の実りがある」ため、何を行うにも良い日のこと。特に起業やお金に関することを始めるのに、とても良い日とされています

一方で、借金したり、物を借りたりすると、苦労も増えてしまうので避けたほうが良い日とも言われています。

天赦日とは

天赦日(てんしゃにち・てんしゃじつ)は、暦注下段と呼ばれる吉日・凶日の一つ。迷信であると禁止された時期もありますが、根強い人気があり現代まで伝わっています。

天赦日に神様が天に上がる日とされ、あらゆる罪が赦される最良の吉日

そのため、婚礼・出産届・引っ越し・起業・財布の購入に、特に良い日とされています。その吉日ぶりは暦に「天しや」と書かれ、「万よし(よろずよし)」と注釈が付けられるほどなんですよ。

慶事やビジネスでの吉日の使い方

書類を書く人

慶事では

吉日が深く関わる日といえば、結婚式が挙げられます。

友引を選ぶ方も多いですが、やはり人気なのが大安の吉日。その結婚式のお知らせや、あるいは引っ越しのお知らせの手紙で「吉日」を使うととても便利です。

手紙の文末には日付を入れますが、結婚などのお知らせでは具体的な日付は問わない事が。そこでお知らせを出した日を「●月吉日」とし、文末に書き添えましょう。

注意としては、結婚・出産などの慶事とそれに関わるお礼状といった、嬉しい報告に対して使うこと。葬儀や法事・離婚の報告は良いお知らせではないため、吉日を使ってはいけません。

ビジネスシーンでは

ビジネスシーンで吉日を使う場面は、起業・開業を顧客に伝える手紙に限定しましょう

この場合も結婚のお知らせなどと同じく、お知らせを出した日を「●月吉日」として文末に添えます。

ちなみにビジネス文章では曖昧な表現は厳禁で、誰が読んでもわかる文書にしなければなりません。特に契約に関わる文章で日付が曖昧だと、信頼を損ねてしまいます。

吉日は縁起が良いとは言え、実際は根拠のない曖昧なもの。ですので、ビジネスシーンでは使わない事を心がけけましょう。

スポンサーリンク

2018年の吉日はいつ?

それでは、3種類の吉日、大安の日・一粒万倍日・天赦日について、それぞれ2018年の日がいつなのか?順番にご紹介していきます。

■2018年の大安の日・一粒万倍日・天赦日

大安 一粒万倍日 天赦日
1月 1月5日(金)
1月11日(木)
1月22日(月)
1月28日(日)
1月8日(月)
1月11日(木)
1月20日(土)
1月23日(火)
2月 2月3日(土)
2月9日(金)
2月15日(木)
2月20日(火)
2月26日(月)
2月1日(木)
2月7日(水)
2月14日(水)
2月19日(月)
2月26日(月)
2月1日(木)
2月15日(木)
3月 3月4日(日)
3月10日(土)
3月16日(金)
3月20日(火)
3月26日(月)
3月3日(土)
3月6日(火)
3月11日(日)
3月18日(日)
3月23日(金)
3月30日(金)
4月 4月1日(日)
4月7日(土)
4月13日(金)
4月18日(水)
4月24日(火)
4月30日(月)
4月4日(水)
4月5日(木)
4月14日(土)
4月17日(火)
4月26日(木)
4月29日(日)
4月16日(月)
5月 5月6日(日)
5月12日(土)
5月16日(水)
5月22日(火)
5月28日(月)
5月11日(金)
5月12日(土)
5月23日(水)
5月24日(木)
6月 6月3日(日)
6月9日(土)
6月14日(木)
6月20日(水)
6月26日(火)
6月4日(月)
6月5日(火)
6月6日(水)
6月7日(木)
6月18日(月)
6月19日(火)
6月30日(土)
7月 7月2日(月)
7月8日(日)
7月18日(水)
7月24日(火)
7月30日(月)
7月1日(日)
7月13日(金)
7月16日(月)
7月25日(水)
7月28日(土)
7月1日(日)
8月 8月5日(日)
8月15日(水)
8月21日(火)
8月27日(月)
8月6日(月)
8月7日(火)
8月12日(日)
8月19日(日)
8月24日(金)
8月31日(金)
9月 9月2日(日)
9月8日(土)
9月13日(木)
9月19日(水)
9月25日(火)
9月5日(火)
9月8日(土)
9月13日(木)
9月20日(木)
9月25日(火)
9月13日(木)
10月 10月1日(月)
10月7日(日)
10月11日(木)
10月17日(水)
10月23日(火)
10月29日(月)
10月2日(火)
10月7日(日)
10月8日(月)
10月17日(水)
10月20日(土)
10月29日(月)
11月 11月4日(日)
11月9日(金)
11月15日(木)
11月21日(水)
11月27日(火)
11月1日(木)
11月13日(火)
11月14日(水)
11月25日(日)
11月26日(月)
11月28日(水)
12月 12月3日(月)
12月7日(金)
12月13日(木)
12月19日(水)
12月25日(火)
12月31日(月)
12月9日(日)
12月10日(月)
12月21日(金)
12月22日(土)

※太字は「吉日」が重なる日です。

吉日と吉日が重なる日はいつ?

段々に大きくなる

一粒万倍日は運気が何倍にもなる日で、天赦日は最強の吉日。大安とあわせてこれらが重なる日は、更に強い吉日となるんですよ。

一粒万倍日と天赦日が重なるのは、次の3日。

  • 2月1日(木)
  • 7月1日(日)
  • 9月13日(木)

一方、大安と天赦日が重なるのは、次の2日。

  • 2月15日(木)
  • 9月13日(木)

また、大安と一粒万倍日は重なる日が多く、次の9日あります。

  • 1月11日(木)
  • 2月26日(月)
  • 5月12日(土)
  • 9月8日(土)
  • 9月13日(木)
  • 9月25日(火)
  • 10月7日(日)
  • 10月17日(水)
  • 10月29日(月)

それぞれの吉日が重なる日を見ていると、3つの吉日が重なる日があることに気づきませんか?

実は9月13日は3つの吉日が重なる、2018年最強の吉日。もし重大な決断を行うのであれば、9月13日に実行すると強いご利益があるかもしれませんよ!

吉日が重なる日は何をすると良いの?

新しくはじめよう!

吉日が重なる日は、それぞれの吉日のパワーが重なって更に運気が高まる日となります。

例えば、
大安と一粒万倍日が重なれば、
・・・失敗しづらく成果が何倍にも。

天赦日と一粒万倍日が重なると、
・・・金運が良くなる最強の吉日に。

天赦日と大安が重なると、
・・・成功するイメージがとても強くなる

というわけです。

そんな吉日が重なる日は、婚姻届を出したり結婚披露宴を行うのもよいですし、あるいは財布を新調したり宝くじを購入したり。

何かを始めるきっかけがほしいなら、このような吉日が重なる日がおすすめですね

【関連記事】

気持ちにプラスになる吉日を活用しよう!

一緒に進む

日は縁起の良い日とされ、何かを始めるのに最適だと言われています。最も有名なのは「大安」ですが、この他にも「一粒万倍日」「天赦日」という吉日も。

結婚式や婚姻届の提出、起業や引っ越しに最適なので迷ったらこの日に行いたいですね。

一方で科学的根拠はないので、より都合が良い日があればそちらに合わせても大丈夫です。

とはいえ気持ちを後押ししてくれるイメージにつながるので、ぜひ積極的に吉日を活用しましょう!