junebride1

れから挙式を控えているカップルにとっては、いつの時期に挙式を挙げると良いのか、悩んでしまうのではないでしょうか?自分たちの都合の良い時期を選ぶことも大切ですが、出来れば記憶に残る時に挙げたいものですね。

そこで人生の先輩に相談すると、「ジューンブライドは幸せになれるよ」という意見が。

6月に行う挙式のことをジューンブライドと言いますが、どうして幸せなれると言われるのでしょう?

ジューンブライドの意味や由来、今時の人気状況などをまとめました。

スポンサーリンク

ジューンブライドの意味や由来とは

結婚を守護する女神

junebride2

ジューンブライドの由来はいくつかありますが、もっとも有力なのが神話に由来するものです。ギリシャ神話の主神であるゼウスには、ヘラという妻がいます。この女神は6月の守護神であり、結婚を司る女神と言う側面も。

なので6月に挙式を上げると、ヘラの加護を受けて幸せになれるのだそうです。ヘラは浮気を許さない嫉妬深い女神でもあるので、妻にとって嬉しい加護とも言えますね。

ちなみにヘラは、古代ギリシャの影響を強く受けたローマ神話ではユノという名前に。ユノの綴りは「Juno」となり、これが英語の6月「ジューン(June)」の語源となりました。

6月が最適

昔のヨーロッパでは、農家は3月から5月にかけてが一番忙しい時期。そのため結婚式を禁止するしきたりがあり、解禁となる6月が結婚ラッシュ。村を上げて合同で結婚式を行うことも多く、そのため幸せになれると言われてきました。

また6月に挙式を行いすぐに妊娠すると、出産時期は翌年の2月から3月にかけて。農作業が忙しくなる前なので、出産時に手助けしてもらえるという側面もあったようです。

更にヨーロッパの気候では、6月が一番晴天が多く結婚式には最適の季節。雨に当たることも少ないため、挙式にふさわしいという考え方となりました。

スポンサーリンク

日本でのジューンブライド事情

ブライダル業界の努力の結果

日本における6月は、一部地域を除いて梅雨の季節

屋外での挙式は難しいですし、集まっていただく方にもご足労をかけてしまいます。また会場内の湿気が多く、お料理が傷みやすい側面も。そのためブライダル業界にとって6月は、売上が落ちてしまう季節でもありました。

これを打開するために、海外の言い伝えであった「ジューンブライド」を全面的にキャンペーンしました。昭和42年から43年にかけて行われたキャンペーンは、海外に憧れを持つ若者に大ヒット。これが結果として、日本でも「6月の挙式は幸せになれる」と言われるようになったのです。

junebride3

ジューンブライド+大安は大激戦!

ブライダル業界のアピールの甲斐があって、6月にも挙式を挙げるカップルはとても増えました。またバブル経済の頃には、海外挙式も一般的となり、6月に海外で挙式を挙げるカップルも。この頃には6月に挙式をあげようとするなら、数年前から予約しないとダメという事もありました。

更に日本独特の考え方である、「大安」が重なる日も大人気。これに日曜日が重なった場合、料金が高くなっても挙式を挙げたいカップルが多かったんです。

現在でも6月の大安は、ブライダル料金が高めの設定となっている場合があります

実際に6月の挙式は多いの?

挙式への考え方が多様化した現代では、6月の挙式事情はどのようになっているのでしょか。

実は6月の挙式は、かつてほど人気がなくなっているとの統計があります。気候が程よく集まりやすい9月と10月が人気を集め、6月はその次と言った具合です。

理由としては、ジューンブライドはブライダル料金がかかるという予算面の都合。あるいは式場内は快適でも、梅雨の季節なので来客の移動が大変という気遣いが挙げられます。

またジューンブライドが人気を集めたからこそ、他の人と違う挙式を挙げたいという考えも。ガーデンウエディングなどの屋外での挙式を行いたい人も、梅雨の6月は避ける傾向があります。

更に最近では、縁起を気にせず挙式を行うカップルも増えています。そういった場合ジューンブライドは、挙式を選ぶ理由とはなりませんね。

考え方は人それぞれ

結婚の考え方はひとつではなく、挙式に対する考え方も人それぞれです。縁起にこだわり6月に挙式したいたいという人もいれば、挙式を挙げた後が大切だという人も。

そもそも結婚式を行わない選択もあるため、6月=挙式とは言えない側面もありますね。6月に挙式を挙げると幸せになれると言われていますが、幸せは夫婦の努力で叶えるものです。

いつまでも仲良くラブラブな夫婦でいられるように、お互いに尊重して結婚生活を送りましょう!