taiikuslogun1

と言えば、運動会・体育祭の季節ですね。小学校なら紅白に分かれて、中学校や高校ならば、学年ごとやクラス対抗で競い合う事になります。

そのクラスごと、また学年ごとの団結力を高めるのに一役買うのが、体育祭のスローガンではないでしょうか。

しかし、かっこいいスローガンを考えるのは結構大変ですし、悩む時間があるなら体育祭の練習に力を注ぎたいですよね。

そこで、考える際の参考にしたい、体育祭・運動会のスローガンを決める時のポイントや、使えるストーガンの例をいくつかご紹介します

スポンサーリンク

体育祭(運動会)のスローガンを決めるポイント

短いメイン+熱い勢いのサブ

taiikuslogun2

体育祭のスローガンに求められるのは、分かりやすさと勢い、そして力強さです。

そこでスローガンを「メイン+サブ」に分けて、作ってみるのはいかがでしょうか。

  • メインスローガン
     → ワンスレーズ、あるいは5文字程度の単語を選びます。
  • サブスローガン
     → 10文字以内くらいで、命令形や言い切りの形にします。

例えば「走る」と「走れ」なら、「走れ」のほうが強い印象を受けますよね?言い切ってしまう形はキツイ印象になりますが、この勢いの良さはスローガンにはよく似合います。

四字熟語はスローガンの宝庫!

メインのスローガンを考える上で、とても参考になるのが「四字熟語」です。

たった4文字で、それ以上の意味が伝わる四字熟語は、文字の力強さもあってぜひ利用したいもの。
気をつけて欲しい点としては、過去に使われている可能性があるので、そこは確認しておきましょう。

過去に使われているけれど、それでも使いたい四字熟語がある場合は、漢字を変えてしまう方法も。

例えば「先手必勝」を使いたいが、過去に使われていたとします。そこで、音が似ている漢字、あるいは同音の漢字に変更し、「千手必走」というのはいかがでしょうか。

このように体育祭らしさを取り入れつつ、勢いのあるものを考えたいですね。

英語を取り入れよう

かっこ良さを入れたいのならば、英語をワンフレーズ使うのもいいですね。

例えば、「力強く」と「ストロング(Strong)」は、意味は同じなのに英語のほうがかっこよく感じませんか

難しい英単語は覚えづらいですが、意味がわからないなりにもなんだかかっこいい印象に。わかりやすい単語を組み合わせれば、日本語よりもやっぱりかっこいい印象へとつながります。

時事ネタは上級者向け

スローガンに親しみやすさをプラス方法として、時事ネタを取り入れる手法があります。

ただし一歩間違えると「すべって」しまいますし、ダジャレのセンスも問われます。しかしハマった時の面白さとわかりやすさは、時事ネタを取り入れる強みと言えます。

ポイントは、現在流行っているフレーズよりも、少し前に流行したフレーズを使用すること

体育祭に関わるすべての人がわかるものを使うほうが、より賛同を得やすくなります。

後はダジャレのセンスと語呂合わせですが、こればかりは考える人のセンスに任せるしかありません。時事ネタを使うのは上級者向けですが、ハマった時のインパクトはすごいので頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

体育祭のスローガンの例

プロの例を見てみよう

体育祭とは違うのですが、プロスポーツチームのスローガンはとても参考になります。

例えば、プロ野球チーム「千葉ロッテマリーンズ」の、2015年のスローガン。

翔破 熱く!勇ましく!!泥臭く!!!

漢字2文字の短くも勇ましいメインフレーズ、短く言い切ってしまうサブフレーズ。

しかもチームロゴに「カモメ」が入るチームなので、翔ぶという漢字を入れてらしさをプラスしています。プロの方が考えたスローガンですので、そのまま使うのはNGですが、参考になりませんか?

その他のプロスポーツチームの例も、いくつか紹介します。

  • 冒険 ココロ躍れ
     (サッカー・セレッソ大阪・2013年スローガン)
  • 雷鳥奮迅! One Soul
     (サッカー・松本山雅FC・2017年スローガン)
  • 一致団結~One Team, One Family, One Dream
     (サッカー・ヴィッセル神戸・2017年スローガン)
  • カ舞吼! – Kabuku –
     (プロ野球・広島東洋カープ・2017年スローガン)
  • 挑む – Tigers Change –
     (プロ野球・阪神タイガース・2017年スローガン)
  • 1(ワン)ダホー!
     (プロ野球・福岡ソフトバンクホークス・2017年スローガン)

実際にスローガンを考えてみよう

taiikuslogun3

体育祭で使えそうな四字熟語を基に、スローガンをいくつか提案してみます。

こちらは参考程度のものと考えて、更に良いスローガンのきっかけにしてくださいね。

体育祭のスローガンの例

疾風怒濤 (しっぷうどとう):
※意味は「状況がめまぐるしく変化する」

疾風(はやて)のごとく駆け抜けろ!
走りだせ!打ち砕け!勝利をつかめ!

武運長久 (ぶうんちょうきゅう):
※意味は「戦場で幸運が長く続くこと」

グランドの女神を呼び寄せろ!
体育祭(ルビは「いくさ」で)の勝利は我らと共に。

勇猛果敢 (ゆうもうかかん):
※意味は「勇ましく大胆な行動」

勇者(〇〇校生)よ!果敢に立ち向かえ!
その勇気で勝利を果敢につかみとれ!

色々調べて考えて!

関連記事:面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

育祭のスローガンを考えるのは大変ですが、練習の合間に考えると良い気分転換になります

四字熟語を使ったり、かっこいい英単語を探したりと、頭の運動にもなってよいのでは?みんなでアイデアを持ち寄って、そこから良いとこ取りするのも一体感が生まれて楽しいですよ。

ぜひみんなで考えたかっこよくて心に残るスローガンで、体育祭を盛り上げてくださいね!