節の変わり目などになると、「腰が痛い!」と感じることはありませんか?まるで虫歯がズキズキと痛むような感覚が、腰にくる感覚がくることもあります。

これってもしかすると、神経痛かもしれません。

腰にくる神経痛とはどんな症状で、またどう対処すればよいのでしょうか。

そんな気になる、腰の痛みからくる神経痛の症状や原因、対処についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

腰の症状から考えられる病名、症状は?

腰が痛いときは、次のような症状が考えられます。

腰筋筋膜症【ようきんきんまくしょう】

長時間同じ姿勢で立っていたり、座り続けて仕事をした後など、背中から腰にかけてこわばりを感じ、押すと強く痛みます。

下肢のしびれはなく、X線検査をしても、骨などに以上は認められません。

腰にくる痛み

ぎっくり腰・腰椎捻挫【ようついねんざ】

俗にいうギックリ腰

不自然な姿勢で重い物を持ち上げたり、腰をひねった瞬間に、腰に激痛が走ります。稀に、咳やくしゃみをした時に起こることもあります。

(余談ですが私はちょっと太ってるので、くしゃみでぎっくり腰をよく起こします。)

背筋が緊張して腰を伸ばせなくなり、ひどい場合は、前かがみの姿勢のまま動けなくなります。

腰椎椎間板ヘルニア【ようついついかんばんヘルニア】

ぎっくり腰のように、腰に突然激しい痛みが起こる場合と、徐々に痛みが強くなる場合があります。また、ぎっくり腰を数年前から何度も繰り返しているうちに、腰椎椎間板ヘルニアに移行するケースも有ります。

腰痛に加えて下肢のしびれや痛み(坐骨神経痛)が生じます。体を動かすと痛みが強くなるため、しだいに椅子などに座っていることが多くなります。

腰部脊柱管狭窄症【ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう】

歩くと腰や臀部〈でんぶ〉、膝から下に痛みを感じます。

前かがみの姿勢になって暫く休むと痛みが軽くなりますが、再び歩き出すと数分で下肢の痛みや痺れが強くなり、また歩けなくなってしまいます。

座っている時や寝ている時は、痛みは生じません。

腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎がずれる(すべる)ことで痛みが発症します。

ぎっくり腰と違うと言えるところは、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれたままということです。これが、腰椎分離症、そして腰椎すべり症の特徴です。

坐骨神経痛【ざこつしんけいつう】

坐骨神経痛とは、実は病名とは違って、その症状の名称を指します

腰痛そのものだけでなく、太ももの後ろからふくらはぎ、足首やかかとにかけて、鋭い痛みが走ります。

坐骨神経は、腰椎の腰髄から足の裏まで伸びている神経なんですが、この神経が刺激されて起こる痛みの総称が坐骨神経痛。前かがみの姿勢(前屈位)で痛みが生じることが多く、咳やくしゃみがキッカケで痛みが起こることもあります。

腰の痛みといっても様々。その中でも、神経痛の腰の痛みと言えば、ほとんどが坐骨神経痛ということになりますね。

スポンサーリンク

腰の神経痛、その原因は?

腰の神経痛である坐骨神経痛は、病気そのものというより、症状の1つ。ですので、実は原因も様々です。

その中でも、他の腰痛が原因で発症することが多いんです

年齢が若い方は、

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群

高齢になってくると、

  • 腰部脊柱管狭窄
  • 腰椎椎間板ヘルニア

を原因として発症することが多いですね。

どちらにしても、背骨の腰の部分にある腰椎に起こる異常が原因で、坐骨神経が圧迫されてしまい、その結果として、腰から下の下半身に痛みやしびれを引き起こすわけなんです。

腰に痛みが・・

腰の神経痛、その治療法は?

それでは坐骨神経痛はどのように治療していけば良いでしょうか?

症状、あるいはその度合によっても変わってきますが、まずは体を温めることが大事です。

例えば、

  • 半身浴をする
  • 温かい食事を摂る
  • 部屋を温める

・・といったことで、保温することが大事です。

そしてそためには、適度に運動をして筋肉をつけることも必要ですね。また必要に応じて、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんざい)で痛みを和らげて下さい。

ただ、やはり素人判断で治療するのは危険。もし腰が痛い!神経痛かも?と症状が疑われる場合は。早めに最寄りの病院を受診して医師に相談するのが一番です。

*坐骨神経痛の治し方については、こちらの動画でストレッチの方法も紹介しているので参考にしてみるのもいいですね。

【関連記事】
突然の胸の痛みからくる神経痛。その原因と治療法は?

最後に、予防するには?

shinkeitukoshi3

骨神経痛は、腰の痛みの症状の1つであり、原因は様々。ただ、やはり予防のためには、普段の生活で腰の負担を極力避けることが大事ですね。

同じ姿勢をずっと続けていたり、立ち仕事を長時間続けていたり、重い物を持つというのは、あまり好ましくありません。仕事でどうしてもそうなるのかもしれませんが、なるべく腰に負担がかからないように気をつけた方がいいですね。

また保温を心がけることは大事ですし、調子の良い時は筋肉を無理しない程度にしっかりつけておくことです。

大事な腰、保温に努めながら、無理しないよういたわって下さいね。