kafunnode1
「喉が痛い!」
という時、真っ先に思うのは、「風邪かな?」と言うことではないでしょうか。

「でも、なかなか治らない…」だとしたら、「花粉症」の可能性があります。

花粉症の3大症状と言えば、
「くしゃみ・鼻水・目がかゆい」

でも、中にはが痛くなる人も。実は花粉症全体の約8割は喉の異常を感じていると言われています。

風邪と区別のつきにくい花粉症の喉の痛み。花粉症からくる喉の痛みの症状、原因や対策方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

花粉症からくる喉の痛みの症状・原因は?

花粉症で喉が痛いと言う場合、「かゆみ」「痛み」が主な症状です。

ひどくなると、風邪のとき同様、唾を飲んでも物を食べても、かゆみや痛みを感じることがあります。スギ花粉よりも、ヒノキの方が、喉の症状が出やすいようです。

kafunnode2

喉の痛みの原因

花粉症からくる喉の痛みの原因には、次の2つがあります。

・「口呼吸」による喉の乾燥

・花粉による喉の炎症

○口呼吸による喉の乾燥

花粉症で鼻づまりになると、どうしても「口呼吸」になってしまいます。

口呼吸になると、乾燥した空気が喉を直撃するため、カラカラになって粘膜が壊れてしまうので、炎症に繋がりやすくなります。

○花粉による喉の炎症

花粉が喉を直接通ることで、花粉によるアレルギーが起こります。

こうなると、喉がイガイガしたり、痛みを感じるようになってしまいます。ひどい場合には、咳き込むこともあります。

症状が出ていないだけで、普段から喉に炎症があった場合には、花粉の刺激によって炎症が悪化し、痛みが出るようになります。

風邪との見分け方

風邪のときにも喉が痛くなりますよね。喉が痛いとき、どちらが原因なのかは、次のようにして見分けることができます。

・風邪は通常1週間程度 花粉症はシーズン中続く
・花粉症には「眼のかゆみ」があり、高熱は出ない(秋の花粉症は微熱が出ることがあります。)
・花粉症では鼻水や痰はサラサラで透明。膿のような緑色なら風邪。

原因を見極めて、しっかり対処しましょう。

スポンサーリンク

花粉症の喉の痛み 対策方法は?

喉に乾燥は大敵。喉が乾燥しないようにするには、

マスク:寝るときもすると楽になります。
加湿器:喉を潤すのに効果的です。
うがい:胃薬のムコスタ(レバミピド)でうがいをするのが特に効果的。
のど飴や緑茶:のど飴は、唾液の分泌を促し、喉をうるおします。緑茶に含まれるカテキンの抗ヒスタミン作用には炎症を押させる働きも。

などの方法があります。

花粉症のときには、鼻水や痰が出ることがありますが、これは体内の悪いものを外に出そうとする働きです。

しっかり出して、体内に逆流することのないようにしましょう。

花粉症の対策については、こちらの動画も参考にしてみて下さい。

花粉症対策としては、何と言っても、

・花粉を持ち込まない:家に入るときには花粉をしっかり払う
・規則正しい食事・生活で免疫力を高める

ことが必要ですね。

喉の痛みには蜂蜜が有効

kafunnode3

喉が痛い場合、飲んだり食べたりすることが辛いときがありますよね。そんなとき、殺菌作用と炎症を抑える作用があっておすすめのなが、
蜂蜜

生姜と一緒に紅茶に入れて飲めば、身体も温まって「ほっ」としますよ。

花粉症は、一度なってしまうと「後戻り」は難しいものです。シーズン前から免疫力を高める食事を摂るなどして、少しでも不快な症状を和らげる工夫をしたいですね。