イクを落とすときに必要なクレンジング剤には、様々な種類があります。

お肌にメイクが残ったままだと肌荒れの原因にもなるので、しっかり落としたいですよね。

一方でしっかり落とせるクレンジング剤は、お肌の潤いを守る油分まで奪いやすい欠点が。

しかしクレンジングクリームを使えば、お肌の潤いを守りつつメイクもしっかり落とせるんですよ。

そこでクレンジングクリームの正しい使い方と、使うときに覚えておきたいポイントをまとめました!

スポンサーリンク

クレンジングクリームの特徴

しっとりとした洗いあがり

cleansingcream1

クレンジングクリームは、その名の通りクリーム状のクレンジング剤です

その成分には潤いを守る成分や、お肌を保護する油分がたっぷり。そのため洗いあがりはさっぱりと言うよりは、しっとりなめらかな感触となります。

これはお肌の潤いを残しながらメイクを落とすためで、乾燥肌の方には嬉しいですね。

摩擦を防止

クレンジングで肌が荒れてしまう原因には、肌をこすりすぎてしまう点も挙げられます。こすりすぎは肌の表面のバリアを壊してしまい、皮膚が粉を吹くカサカサ肌の原因に。

その点クレンジングクリームは伸びがよく、また肌全体に伸ばしてもクリームの厚みがあります。

このため手でなじませた時に、肌との間に起こる摩擦をある程度和らげてくれます

もちろんクレンジングクリームでも、必要以上のこすり過ぎは厳禁ですよ!

クレンジングクリームを使う時のポイント

cleansingcream2

タイプを確認する

まず確認して欲しいのが、クレンジングクリームのタイプです。

クレンジングクリームには2つのタイプがあります。

1.洗い流すタイプ
一つは「なじませた後に水で洗い流す」タイプ。

2.拭き取るタイプ
もう一つが「なじませた後に、拭きとり化粧水などを含ませたコットン等で拭き取る」タイプです。

拭き取りタイプも洗い流せるタイプと兼用の事が多いですが、中には拭きとり専用というものもあります。

拭きとり専用タイプは、専用の拭きとり化粧水を必要とします。

これは化粧水にクレンジングを落とす成分を配合したもので、お肌をいたわりながらさっぱりする効果が。

クレンジングクリームのしっとり感が苦手な方には、拭きとり専用タイプがオススメです。ただし拭き取る時に摩擦が入りやすいので、優しく拭き取ることを徹底しましょう。

手や顔は乾燥状態で

クレンジングクリームは、手や顔が濡れていると効果を充分に発揮出来ないことがあります。また手に汚れがあるとそちらと反応して、メイクを落としきれないことも。

メイクを落とす前に、手を石鹸等で洗い、タオルで水分を取ってからクレンジングを始めましょう

ポイントメイクは別のもので落とす

クレンジングクリームは穏やかにメイクを落とすため、しっかりメイクだと落としきれないことがあります。

特にウォータープルーフタイプの、ファンデーションやマスカラはやや苦手。

アイメイクは専用のリムーバーで落としてから、クレンジングクリームを使いましょう。

スポンサーリンク

クレンジングクリームの正しい使い方

洗い流すタイプの場合

1.手を石鹸で洗い、水気をしっかり拭きとる。

2.手のひらにさくらんぼ1個分のクレンジングクリームを取り、手で包んで温める。

※こうすることでクリームが伸びやすくなり、メイクになじみやすくなります。

3.額・鼻・ほほ・アゴにクリームを乗せ、内側から外側へと円を描くように優しく肌になじませる。

4.指の感触が軽くなったら、少ぬるま湯で丁寧に洗い流す。

5.よく泡立てた洗顔料で、顔を包み込むようにして洗う。

6.きれいなぬるま湯で、やさしくすすぐ。

7.タオルで顔を包むようにして水気を取り、化粧水などでしっかり保湿を行う。

クレンジングを落とした時点では、顔のベタつきが気になるかも知れません。しかしたっぷり泡立てた洗顔料で洗えば、潤いを残しつつさっぱりと洗えますので大丈夫です!

cleansingcream3

拭き取りタイプの場合

1.洗い流すタイプの1から3までを実行する。

2.ティッシュを顔に広げて優しく押し、クリームをある程度吸わせて取り除く。

※この時ティッシュでこすると、肌あれの原因となります。

3.拭きとり化粧水を、たっぷりコットンに含ませる。

4.コットンでやさしく顔全体を拭き取る。

5.コットンを折りたたみ、小鼻や目元など細かい部分を優しく拭きとる。

6.ぬるま湯で軽くゆすいでから、洗い流すタイプの5~7を実行する。

□佐伯式正しいクレンジング方法

*1分9秒から拭き取り方法が登場します。優しく拭いてしっとり素肌に仕上げましょう。

しっとりすっきり!

クレンジングクリームは穏やかにメイクが落とせて、しっとりと洗い上げるクレンジング剤。

さっぱり感を求めるなら・・ふき取り式
しっとりを求めるなら・・・洗い流し式
と選べるのもいいですね。

しっかりメイクやポイントメイクは、別のクレンジングを使えばメイク残りも気になりません。なにより素肌のうるおいが守られるため、翌日のメイクにも期待できるかも。

しっとりにもすっきりにも洗えるクレンジングクリームを、メイク落としに取り入れませんか?