節分のいわし

節分と言えば「豆まき」、そして「恵方巻」ですよね。

実は、他にも節分の食べ物には、
「いわし」
があります。

いわしは食べるだけでなく、飾られることもあるんですね。

でも何故節分に「いわし」なのでしょうか?

節分にいわしを食べる由来、飾る理由と飾り方、飾る日、はずす日などいわしと節分についてまとめてみました。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる由来

実は、節分の日に食べるものは、地域によって違いがあります。

いわしを食べるのは主に西日本の習慣で、他には

  • 関東地方:けんちん汁
  • 四国地方:こんにゃく

などがあり、中には「節分蕎麦(そば)」を食べるところもあります。

いわし数匹

節分にいわしを食べる理由

いわしの語源は、

  • 「弱し(よわし)」
  • 「卑し(いやし)」

です。

字を見ても、鰯は魚へんに「弱い」と書きますね。

更に、鰯には独特の「臭い」があります。

弱くていやしく、臭いのあるいわしを食べることは、「陰の気を消してしまう」と言う意味があります

また、節分は、冬の最後の日で、旧暦の大晦日にあたります。

節分の次の日「立春」は、旧暦の元日なので、新しい年を迎えるにあたり「魔除け」をする意味でいわしを食べるわけです。

また、臭いとともにも有効です。

節分にいわしを食べるときは、焼いて食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

節分にいわしをかざる理由

いわしは、魔除けのための飾りにも使われます。

そして節分には、魔除けのために、柊の小枝と焼いた鰯の頭を飾ります。

これは、「柊鰯(ひいらぎいわし)」「節分鰯」、西日本では、「焼嗅(やいかがし)」とも呼ばれるんですね。

私自身、節分に柊鰯を飾ることは知っていましたが、実際に見たことはありませんでした。

実物は、こんな感じですよ。

■柊鰯(ひいらぎいわし)

柊鰯の意味

昔から、魔除けには「臭いのきついもの」、「尖ったもの」が使われていました。鬼は、臭いものや尖ったものを嫌うとされたためです。

節分に尖った柊と臭い鰯の頭を飾るのは、鬼の侵入を防ぐため。尖った柊の葉は、鬼の目を刺すと言われます。

柊鰯の由来

平安時代、紀貫之の土佐日記には、「小家の門の端出之縄(しりくべなは)の鯔(なよし)の頭、柊らいかにぞ。とぞいひあへなる」
と記されています。

端出之縄とは、現在の注連縄(しめなわ)のこと。鯔(なよし)とはボラの頭です。

当時、正月の門口に飾った注連縄(しめなわ)に、柊の枝と「鯔(なよし)」の頭を刺す習慣があったんですね。

柊鰯は、この平安時代の風習に由来すると言われています。

いわしの頭

「鰯の頭も信心から」とは

鰯の頭と言えば、「鰯の頭も信心から」ということわざがあります。

鰯の頭のようなつまらないものでも、信じている人にとってはとても尊いものに感じられると言う、信仰心の不思議さをあらわしたことわざです。

ここでは、鰯の頭は、「つまらない」「値打ちのない」ものの例えとして使われています。

飾り方、飾る日・はずす日

■節分のいわし

柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方

柊鰯(ひいらぎいわし)は、魔除けなので「玄関」「軒先」に飾ります

[柊鰯の作り方]

  1. 焼いた鰯の頭と葉のついた柊の枝を用意する。
  2. 鰯のエラから目に向かって、柊の枝を突き刺す。

柊鰯を飾る日

お正月などの飾り物は、「一夜飾り」は良くないとされていますが、節分の鰯については、節分当日に飾るのが一般的。

ただし、この点についても地域差があり、小正月の翌日(1月15日)に飾るところもあります。

柊鰯をはずす日

はずす日についても、地域差があり、

  • 節分の日の翌日
  • 2月いっぱいは飾っておく
  • 次の年まで(1年間飾っておく)

など分かれています。

中には「魔除けなので取れるまで」と言う意見もありましたが、確かに、説得力がありますね。お住まいの地域の習慣にならって、はずすのが良いように思います。

はずした柊鰯は?

ずっと飾っておく場合は別として、柊鰯をはずす場合には、「はずした柊鰯をどうしたらいいか」と言う問題が出て来ますよね。

「神社へ持って行く」「埋める」などの方法もありますが、難しい場合には、紙でくるみ、塩で清めてから処分しましょう。

【関連記事】

節分の食べ物いろいろ

節分の豆まき

子供の頃、節分に「豆まき」はしていましたが、特に決まった食べ物はなかったように思います。

最近では、コンビニのキャンペーンもあって、「恵方巻」が人気ですが、山口県では、節分にくじら料理を食べるそうですよ。

節分に、大きいくじらを食べるのは、「大きな幸せ」を祈る意味だとか。こちらは、魔除けと言うよりも、縁起担ぎのようですね。

お正月や節分のような伝統行事には、古くから言い伝えられた意味があります。そのいい部分は、受け継いでいきたいものですね。