setsubunyurai1

節分と言えば「豆まき」ですよね。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お父さんが鬼になって、豆まきをしたりするかも知れませんね。

子供の頃、「年の数だけ食べる」と言われた節分のお豆ですが、今ではそんなに食べたらお腹を壊しそうです。

でも、どうして節分には豆まきをするんでしょう?

そもそも、節分とは?

節分の由来や意味、豆まきの意味や由来、豆まきの作法など、節分と豆まきについてまとめました。

スポンサーリンク

節分の由来・意味

「節分」と言えば、立春の前日を指すことが多いですよね。

でも、実は節分はひとつだけではないんですよ。

「節分」とは、雑節(ざっせつ)のひとつですが、雑節とは、季節の移り変わりの目安となる日のことです。

農業を行う上では、季節の移り変わりを正確に読むことが重要ですが、雑節は、その助けとなるものです。

雑節には、節分のほかに「土用(どよう)」「彼岸(ひがん)」などがあります。

setsubunyurai2

節分の意味

前述した通り、節分は、各季節の始まりの日の「前日」のことで、「季節を分ける」日です。

旧暦では、立春が元日ですから、節分は今でいう「大晦日」にあたります。

江戸時代以降は「節分」と言えば、立春(2月4日ごろ)の前日を指して言われることが多くなりました。

節分は大寒の最後の日にあたり、寒さがピークに達する時期でもあります。

受験シーズンのお子さんがいらっしゃるご家庭では、本当に心配な季節ですね。

豆まきの由来・意味は?

setsubunyurai3

では、節分にはどうして豆まきをするんでしょう?

節分に豆まきをする理由

昔は、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて季節が変わる前に邪気を払うため、「追儺(ついな)」と言う宮中行事が行われていました。

「追儺(ついな)」は、「鬼やらい(鬼遣らい、鬼儺)」とも呼ばれ、その行事のうちの「豆打ち」が「豆まき」のルーツだと言われています。

豆まきの意味

豆まきには「邪気を追い払う」と言う意味があります。

では、なぜ豆をまくのかと言うと、次のような説があります。

  • 昔は穀物には「魔除けの呪力」があると考えられていたため
  • (当初、豆以外にお米や麦などもまかれていました)

  • 鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らしたとき、炒り豆(大豆)で鬼の目をつぶしたと言う故事伝説に由来
  • 「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」と言う語呂合わせ

どの説に一番説得力があるように思いますか?

鬼とは

「豆まき」は、「鬼を追い払う」ために行われる行事です。

では鬼ってなんでしょう?

実は、鬼とは、
「陰(おん)」「隠(おぬ)」に由来する言葉です。

「陰」「隠」は、「目に見えない邪気」「この世のものと思えないもの」のことで、昔は、災害や疫病などの災いは「鬼」の仕業だと考えられていました。

その鬼を追い払う豆まきは、無病息災を祈る行事だったんですね。

スポンサーリンク

豆まきのポイント、ルールは?

では、豆まきをするときに、注意することはなんでしょう。

豆まきの豆

豆まきには、必ず「炒った」豆を使いましょう。

「魔目(豆・まめ)」を炒る(射る)ことは、鬼退治につながります。

炒った前と言うのは、拾い忘れた豆から芽が出ると「縁起が悪い」とされているからです。

今は、最初から炒ったお豆が売られていますね。このお豆は「福豆」と言います。

また、地域によってなのか、時代によってなのかよくわからないのですが、節分に殻つきの落花生をまくところもありますね。

これは、まいたお豆を食べられると言う合理性からかもしれません。

【関連記事】
北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

節分のルール

setsubunyurai4
  • 豆まきの前には、神棚や高いところにお供えし、神様のお力をいただく
  • 豆まきは「夜」に行う。鬼は暗くなってからやって来ます。
  • 豆をまくのは「一家の長」。「年女」「年男」のことも。でも、お父さんは鬼で忙しいのでは…
  • 豆をまくときには「鬼は外、福は内」と掛け声をかける。ただし、地域や神社によっては「鬼も内」「鬼は内」のところもあります。
  • 豆まきが終わったら、自分の年より1つ多く豆を食べる。旧暦では、節分は大晦日にあたり、年が明ければひとつ歳をとるので1つ多く食べます。豆を食べると、体が丈夫になり、風邪を引かないと言う言い伝えがあります。

【関連記事】

伝統行事は楽しんで大切にしよう

今は、小さいお子さんがいれば別ですが、節分に豆まきをしないと言うお家も多いかも知れませんね。

また、最近では「恵方巻」が人気ですが、「豆まき」とどちらが人気があるんでしょう?

豆まきのときに食べる豆の数は「年と同じ」だと思っていましたが1つ多く食べるのが本当だったんですね…

「豆まき」のような伝統行事は、子どもの頃を思い出しながら、なるべく楽しんで、続けて行けるといいなと思っています。