ママいつもありがとう

GWが明けたら、母の日はもうすぐですね。

毎年お花などをプレゼントしているけれど、今年はいつもと違う素敵なものを贈りたい。

…なんて考えてる方にオススメなのが、「手作りのアイテム」

難しいものは出来ないけれど、ちょっとしたものなら初心者でも簡単ですよ。いつものプレゼントにプラスしてもいいですし、自信作ならメインでプレゼントも。

今年の母の日にプレゼントしてみたい、手作りのアイデアやその作り方を紹介します。

スポンサーリンク

母の日に手作りのものを送るポイント

母の日に贈る花

母親が大好きなものを取り入れよう

どんなプレゼントで言えることですが、相手が喜んでくれそうなものを贈ることが大切です

母の日ですから、送る相手は母親。あるいはお姑さん、という場合もあるかも知れませんね。

せっかくの手作りなのですから、母親やお姑さんが好きな色、デザインなどを盛り込んでみましょう

母親が、花よりも動物が好きなら動物を、物より食べものなら料理に挑戦する、といった具合です。

手作りは、贈る相手にオンリーワンの対応ができるのが強み。少しでも相手の好みを取り入れてみるようにするといいですね。

手作りプレゼントのおすすめは?

それでは、実用性のある、おすすめの手作りプレゼントを紹介します。

手作りに慣れていない方でも、ちょっとしたコツをつかむことで、上手に作れるようになるものです。

作るときには、いきなり作るのではなく、何回か練習も兼ねて作ってみると、更に上手に作れますよ。

定番のポストカードに一工夫

母の日のメッセージ

普段、面と向かって言いづらい感謝の言葉も、カードなら伝えやすいですよね。

カードを手作りしてみるのはいかがですか?

◆用意するもの

  • 市販のポストカード 1枚
  • 色画用紙      1枚
  • マスキングテープ  1つ
  • のり
  • カッター
  • 定規

色画用紙はポストカードより一回り大きいサイズのもの。無ければA4サイズでOKです。

全て、100円ショップでも購入可能ですよ。

◆作りかた

  1. 色画用紙の中心にポストカードを貼ります。
  2. ポストカードの余白が3センチ以上あるようなら、カッターと定規を使って綺麗に切ります。
  3. ポストカードの四隅に、手でちぎったマスキングテープを貼ります。
  4. (イメージはポスターをテープで張る状態)

  5. メッセージを書き込んで出来上がり。

曲がらないようにポストカードを張るだけなので、お子さんでも簡単ですね。

絵を書く趣味があるなら、ポストカードの代わりに自作の絵でも良いです。お子さんの絵も一緒に添えて、母の日カードにするのも素敵ですよ。

スポンサーリンク

ニードルフェルトの動物

少し難しいほうがやりがいがある、という方にお勧めなのがニードルフェルトです。

ニードルフェルトとは、綿状の羊毛に専用の針を納戸もさしてフェルト状にし、動物などを作る手芸です。

初めてでも簡単に作れる、フェルトボールのストラップを紹介します。イヤホンジャック付きのストラップ紐を使えば、スマホにも使えて実用性も抜群ですよ。

2つセットで作ってお互いの携帯・スマホにつけて、時々電話しようねと約束するのも素敵ですね。

◆材料

  • 好きな色の羊毛
  • ニードルフェルト用の針
  • 作業用の硬いスポンジマット(発泡スチロールで代用可)
  • 羊毛と同系色の糸
  • ストラップ用のヒモ

全て100円ショップや手芸店で購入できます。

◆作り方

  1. 羊毛を細長く(5センチほど)ちぎり、くるくると巻きます。
  2. 巻いた横側をニードル針でザクザク刺します。
  3. ある程度刺したら反対側、横…と満遍なく刺します。
  4. ある程度丸くなったら新しい羊毛を巻いて足し、満遍なく刺shます。
  5. 好みの大きさになるまで(2)-(4)を繰り返します。
  6. (ストラップにするなら直径3センチほど)

  7. 長めの裁縫用の針に糸を通します。
  8. (糸は2重にすると切れにくくなります)

  9. フェルトボールの中心部を通るように、反対側まで糸を通します。
  10. ストラップの金具部分に通し、糸をさした入り口へ糸を通します。
  11. もう一度(7)と(8)を繰り返します。
  12. 糸をしっかりと縛り、余った糸を切ります。
  13. 結び目部分をフェルト針で押し指し、隠して完成。

羊毛は2色混ぜるとマーブル状になりますし、小さく丸めてた羊毛を刺すと水玉模様を作ることもできます。

注意して欲しいのは、ニードル針で羊毛を刺すときに間違えて手を刺す危険があること。また、力加減を誤ると、ニードル針が折れることもあります。

ザクザク刺すのは楽しいですが、気を抜かずに集中して作業を行いましょう。

オンリーワンをプレゼント!

母の日のプレゼントメッセージ

作りの品は、市販品より小さく、ささやかな物が出来るかもしれません。

ですが、どのようなものができたとしても、そこに込められた想いは、市販品には決して負けてはいませんよ。

お母さんの好みに合わせて作ったものは、いわばオンリーワンのプレゼント感謝の気持ちと一緒に渡せば、きっとお母さんも喜んでくれる事間違いなしですね。