領収書や契約書に収入印紙を

社の経費で高額な買い物をした時に「領収書に収入印紙を忘れないで」と言われたりしますよね?

また土地や建物を購入する時に交わされる契約書にも、収入印紙が必要となります。

大きなお金が動く時に登場する収入印紙ですが、扱ったことが無い人にとっては購入できる金額や、購入場所について悩むことも。

そんな収入印紙を使う目的や購入金額の種類、そして欲しいときに購入できる場所について紹介していきます。ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク
 

収入印紙の目的や購入できる金額は?

大きなお金が動く時に使うのが収入印紙

領収書

収入印紙は領収書などの「お金のやり取りに関わる書類や文章」を作った時に必要となる切手状の紙です。

お金のやり取りに関わる書類を作る時には、取引が公平であるという証拠が必要です。そのときに法律で証明してくれる代わりに、国に「印紙税」を収める必要がでてくるわけです。

そこで登場するのが「収入印紙」です。収入印紙を購入することで印紙税を支払ったことになり、書類に貼って「公平な取引」の証拠とするわけですね。

収入印紙が必要となる主な書類は領収書・契約書などで、支払う金額も法律によって細かく決められています。

私達の生活でもっとも身近なのが、「5万円以上の商品を購入したときの領収書」です。領収書はお金のやり取りを記入した書類ですが、5万円未満なら印紙税の対象となりません。

また貼り忘れたり、わざと貼らなかった場合は処罰の対象となるので、必ず収入印紙があるか確認しましょう。

収入印紙の金額の種類は31種類!

収入印紙は、必要となる「印紙税」の違いにより、以下のとおり、全31種類にわかれています。

種別 収入印紙の金額
100円まで
(10種類)
1円・2円・5円・10円・20円・30円・40円・50円・60円・80円
100円以上
(7種類)
100円・120円・200円・300円・400円・500円・600円
1,000円以上
(7種類)
1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・6,000円・8,000円
10,000円以上
(7種類)
10,000円・20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・60,000円・100,000円

かなり細かい金額にわかれていて驚きますね。

収入印紙で必要となる金額は?

収入印紙の金額は、取引内容と取引金額によって異なります。例えば一番身近な「領収書(売上代金が発生した場合の受取書)」に関しては、次の金額が必要になります。

領収書記載の金額 収入印紙(印紙税)
5万円~100万円以下 200円
100万円を超え、200万円以下 400円
200万円を超え、300万円以下 600円
300万円を超え、500万円以下 1,000円
500万円を超え、1千万円以下 2,000円
1千万円を超え、2千万円以下 4,000円
2千万円を超え、3千万円以下 6,000円
3千万円を超え、5千万円以下 10,000円
5千万円を超え、1億円以下 20,000円
1億円を超え、2億円以下 40,000円
2億円を超え、3億円以下 60,000円
3億円を超え、5億円以下 100,000円
5億円を超え、10億円以下 150,000円
10億円を超える 200,000円
(受取金額の記載なし) 200円
収入印紙

日常生活で発行する領収書は、ほとんどが100万円以下でしょう。そのため私達が一番目にする機会が多い収入印紙は、200円と言えますね。

なお、契約書に使う収入印紙については、文書の種類(1号~20号)によって細かい違いがあります。国税庁のホームページにて公開されていますので、確認しておくと安心ですよ。

参考リンク:印紙税額一覧表(PDF) -国税庁-

※領収書はこの中の「17号」のところに該当します。

スポンサーリンク

収入印紙の購入が可能な場所は?

確実なのは郵便局

郵便局

収入印紙は、郵便局で購入することができます。特に高額の収入印紙が必要な時は、郵便局なら確実です。郵便局は全国どこにでもあるので便利ですね。

平日のみ営業しているイメージがありますが、大きい郵便局なら土日も営業しています。また「ゆうゆう窓口」なら24時間受付を行っているので、近くの郵便局を確認してくださいね。

【関連記事】

少額ならコンビニや地元の小売店で

コンビニ

収入印紙は郵便局の他にも、「収入印紙売りさばき所」の指定を受けた店で購入が可能です。地元の小売店・タバコ屋の他に、コンビニやスーパーでも取り扱っていることがあります。

コンビニは24時間購入できて便利ですが、少額の収入印紙しか取り扱わないことが多いので気をつけてくださいね。

法務局

法務局でも収入印紙を取り扱っています。近くにある場合は、高額な収入印紙の取り扱いもありますし、すぐ入手出来て助かりますよ!

市役所や区役所

市役所や区役所などの役場で収入印紙を取り扱っている場合があります。ただし市役所によっては小額のみというケースも多いので、あらかじめ近くの市役所に確認しておくといいですね。

金券ショップ

金券ショップでは、額面よりも安く収入印紙を販売していることがあります。これは他のお客様から買い取りしているからで、「印紙税」は最初に購入した方が支払った形となります。

ただし収入印紙が常にあるかはお店次第ですし、額面も探しているものがないかも知れません。必要になった時にお店をチェックして、在庫があったら運が良かったと考えるようにしましょう。

収入印紙が必要な時に慌てないように

入印紙は、高額な領収書などが「公平な取引である」という証明として貼る切手状の紙です。一定金額以上の取引を記入した紙には、金額に応じて貼る必要があると法律で定められているんですよ。

収入印紙は全31種類の金額があり、書類に書かれた金額によって必要な収入印紙が変わってきます。もっとも身近な200円の収入印紙はコンビニで購入できますし、郵便局なら確実に購入できます。

もしも収入印紙が必要になったら、慌てず郵便局やコンビニで必要な金額を購入しましょう!