女性新入社員

新社会人として入社して、最初に体験するのが入社式です。はじめの一歩が肝心というように、なるべく失敗はしたくないですよね。

特に女性社員の場合、服装は先輩社員からよく見られています。ここで思わぬミスをすると、後々の印象が悪くなることもあり得るんですよ!

そこで、入社式での女性の服装のポイントやおすすめの着こなしについて紹介しますので、しっかりチェックして入社式に備えましょう!

スポンサーリンク

入社式の服装のポイント

基本はスーツで

スーツの女性

入社式の案内に、会社から服装の指定がされていることがあります。「会社の制服で」と指定があった場合は、指示に従い制服を着用しましょう

もし「服装は自由」「普段着で」とあった場合は、どうすればよいのでしょうか?

この場合は「スーツ」が、新社会人らしい服装となります。

「普段着」と指定されているなら、可愛いスカートやジーンズなどを選びたくなるかもしれません。しかしよほど自由な社風の会社でもない限り、きちんとした場にふさわしいスーツを着用しましょう。

リクルートスーツがある場合は?

入社式用のスーツを新たに購入するとなると、何かと出費の多い新社会人には負担になります。しかし入社式のスーツは、就職活動で使用したリクルートスーツで大丈夫ですよ

リクルートスーツはきちんと感が出やすく、色も黒・紺が多いので周囲から浮くことがありません。パンツスタイルでもスカートスタイルでも落ち着いた印象になるため、入社式にピッタリですね。

購入する場合は?

通勤用に新たにスーツを購入する予定があるなら、入社式から着用するのもよいですね。

このときもリクルートスーツと同様に、黒または紺で生地が無地のものを選びましょう。パンツスタイルでもスカートスタイルでも大丈夫ですが、スカートは膝丈のタイトスカートが無難です。

今後着用することを考えたら、洗えるタイプを選ぶと清潔感が保ちやすいですよ!

スーツに合わせる服や小物について

シャツは?

スーツに合わせるシャツは、シンプルなデザインのシャツまたはブラウスがおすすめです。色は無地の薄い青系で、フリルなどがない物を選びましょう。

柄物はできれば避けるべきですが、薄いストライプなら大丈夫です。おしゃれで目立つよりもシンプルで周囲に溶け込むスタイルが、入社式では大切なんですよ!

ストッキングは?

スーツにスカートを合わせる場合、ストッキングは欠かせません。色はベージュを選び、黒は使わないようにしましょう。

パンツスタイルの場合も、ベージュのストッキングを合わせるのがマナーです。

靴は?

かかとが低めで、スーツと同系色の革のパンプスがぴったりです。通勤時にスニーカーを履く人は、忘れないように気をつけてくださいね。

カバンは?

入社式で資料や書類を渡されることがあるので、カバンはA4サイズが入る大きさのビジネスバッグを用意します。黒のビジネスバッグはその後も使うので、持っていないならこの機会に購入しましょう!

スポンサーリンク

入社式の服装のおすすめの着こなし

シンプルに着こなす

入社式での着こなしは、清潔感と無難さが重要です。

先に紹介したように、次のものをそろえておけば、安心のコーディネートとなります。

  • スーツ
  • スーツとセットのパンツまたは膝丈スカート
  • 襟付きのシンプルなシャツ、またはブラウス
  • ベージュのストッキング
  • ヒールの低いスーツと同系色または黒のパンプス

腕時計以外のアクセサリーは必ず外し、スーツやシャツは事前にクリーニングに出しましょう。また袖やボタンのほつれを確認し、あまりにひどいなら新しいものを用意します。

できれば1週間前にはチェックをすませ、入社式の前日に慌てないようにすると安心ですよ!

スーツの女性

髪型は?

着こなしと共に気をつけたいのが、髪型です。

髪色は原則として「黒系」とし、内定後に茶色にしてしまった場合は染め直しましょう。

ショートヘアの場合はサイドを耳にかけるか、ピンで固定して耳を出すと清潔感が演出できます。

ロングヘアなら黒いゴムで一本に結び、こちらも耳を出すようにしましょう。一つに結ぶには髪の長さが足りないセミロングの場合は、ハーフアップでも大丈夫ですよ。

いずれの場合も、使用するゴムやピンは装飾のないシンプルな黒いものを使います。ワックスなどでムダ毛が飛び出ないようにし、前髪も軽く横に流して邪魔にならないようにしましょう!

新入社員は初めが肝心!

【関連記事】

社式は新社会人としての第一歩となる行事で、新入社員のために行われるものです。そこで思わぬ目立ち方をしてしまうと、後々の社会人生活にも影響が出るかも知れませんよ。

おしゃれをして他の人と差をつけるよりも、行事にふさわしい堅実な服装が新社会人には求められます。リクルートスーツまたはビジネススーツを用意し、髪の毛も堅実なスタイルにまとめればまず大丈夫です。

あとで先輩に「あれはちょっとね…」と言われないように、入社式の服装は堅実なものを着用しましょう!