海道へ行った方から、お土産として「鮭とば」をもらったことはありませんか?

地域によっては見慣れない人もいるかもしれない鮭とばは、細長く堅いのが特徴。そのため噛み切ろうとしても噛みきれず、歯が弱い方にとって扱いに困ってしまいます。

そもそも「鮭とば」とはどういうもので、どのようにすれば美味しく食べられるのでしょうか。

そこで
・鮭とばとは?
・鮭とばの作り方は
・鮭と場の食べ方

…を紹介するので、頂いた時の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

鮭とばとは?

鮭を保存食に

鮭とばは冬の北海道・東北地方・新潟(村上市)で作られている、秋鮭の保存食のこと。

現代ではおつまみのイメージが強いですが、本来は冬の貴重なたんぱく源。アイヌの人たちが作っていたものが広まり、北海道・東北で愛されている食べ物になったんですね。

「とば」を漢字で書くと・・

鮭とばとは聞きなれない言葉ですが、漢字では「鮭冬葉」と書きます。冬葉はアイヌ語の「トパ」を語源としたもので、その意味は「群れ」というもの。

また「トゥパ」という、「鮭を細長く切って干したもの」を指す言葉も由来となっています。

鮭とばの作り方は?

細く切って寒風にさらして

鮭とばは、濃縮された鮭の旨みと、やや強めの塩味が特徴

これは後から味付けしたものではなく、鮭と塩による自然の味なんですよ。

昔ながらの鮭とばの作り方は、実はとてもシンプルです。

  1. 秋鮭は一度洗ってから開き、内蔵や血合いを取り除く。
  2. 内蔵があった部分を丹念に洗い、血合いなどを洗い流す。
  3. たっぷりの塩を鮭にすりこみ一晩置く。
  4. 鮭を細長く縦に切る。
  5. 風通しの良い場所で、3日から1週間程度陰干しして完成。

地方によっても作り方が違い、海水につけてから干したり、一週間ほど塩漬けしてから干す地方も。

いずれにしても寒風で水分を飛ばすことで、味が濃縮されて旨みがたっぷり味わえるんですよ。

□鮭とば つくりかた

*ご家庭で作る場合は、カビが生えないようにしっかり乾燥させましょう。

鮭とばの美味しい食べ方!

基本は炙って

鮭とばを食べた人の感想で多いのが、「とにかく堅い」ということ。たしかにそのまま食べると堅いですが、炙ることで鮭の脂が出て柔らかくなります

炙り方ですが、ガスコンロの魚焼きグリルで2~3分炙るのがオススメ。魚焼きグリルがない場合は、テフロン加工のフライパンの上に乗せて軽く焼く方法も。

尚、電子レンジやオーブントースターですと、鮭の脂で発火する恐れがあるので注意が必要です。

そして、食べるときは鮭の皮を取り除き、そのままかぶりつきましょう

スポンサーリンク

日本酒に漬けて

最近では柔らかい鮭とばも販売されていますが、堅めの鮭とばも一手間加えると柔らかく変身します。

その方法とは、「日本酒をまぶして一晩置く」こと。この一手間で鮭とばがほぐれやすくなり、そのままでも美味しくいただけます。

炙って食べれば日本酒の風味も加わって、更に美味しい一品に。ほぐしたものとキャベツや玉ねぎと炒めると、これだけで簡単な一品になりますよ。

鮭とば炊き込みご飯

おつまみに最適の鮭とばですが、料理にも使えるので積極的に活用したいですね。その中でも簡単でおいしいのが、鮭とばを使った炊き込みご飯

これなら鮭とばの塩気も気にならず、それでいて鮭の旨味がご飯全体に染み込みますよ。

■材料(3合分)

  • 米       3合
  • 鮭とば     50g(1~2本)
  • 醤油      大さじ1
  • 顆粒の和風だし 小さじ1
  • 酒       大さじ1
  • しめじ     1パック(100g程度)
  • ひじき     大さじ1
  • 油揚げ     1枚

■鮭とば炊き込みご飯の作り方

  1. ひじきはあらかじめ水で戻しておく。

  2. 油揚げは油抜きをしてから、食べやすい大きさに細切りにする。

  3. 鮭とばは皮を取り除いてから1センチ幅に切り、酒をまぶして30分程度置く。

  4. 米をといでザルにあげ、水切りをして30分置く。

  5. 炊飯器に米・ひじき・油揚げ・ほぐしたしめじ・鮭とばを入れ、3合の目盛りに合わせて水を入れる。

  6. 醤油・和風だしを加えてから、炊飯する。

  7. 炊き上がったらご飯を混ぜて完成。

鮭とばの塩分があるので、調味料は味を整える程度で充分白ごまを散らすとさらに美味しくなりますし、いくらを乗せると贅沢な「親子飯」になりますよ!

噛みしめると旨味が

地域によっては馴染みが薄い鮭とばですが、北海道・東北ではちょっと贅沢なおつまみとしてお馴染み。

ストーブの上に乗せて炙り、熱々をかじりながらお酒を飲むのが冬のお楽しみとなっています。

じっくり炙れば柔らかくなりますし、噛みしめるほどに鮭の旨味が。手が止まらなくなるほど美味しいですが、塩気が強めなので食べ過ぎには要注意です。

お土産で鮭とばをいただいたら、おつまみに料理に手広く活用しませんか?