しゃみをする時に手やハンカチで口をおさえますが、その時に嫌な臭いを感じたことはありませんか?

「もしかして口臭?」

と思って確認してみて臭わない時は、唾液が臭いの元かもしれません

唾液の臭いは一度気になってしまうと、何とかして治したいと思うものです。相手に不快感を与えるかも知れませんし、何より「ニオイ」の問題はデリケートですからね。

そこで、不快な唾液の臭いの原因と対策方法について紹介します。

スポンサーリンク

唾液から臭いがする原因は?

歯と歯ぐきのトラブル

唾液が臭う原因でまず考えられるのが、歯と歯ぐきのトラブルです。

虫歯で歯に穴ができると、そこに食べかすが入り込んでしまいます。食べかすの主成分はたんぱく質で、実は口の中に多く生息する細菌の大好物。

分解と同時に細菌が増殖。これが臭いの原因となってしまうのです。

更に歯肉炎で歯ぐきが炎症を起こすと、膿や出血が。これら自体も臭うのですが、常に触れている唾液にも成分が混ざり臭くなってしまいます。

salivaodor1

食べ物

ニンニクなどの強い香りがする食事を取った後は、口臭が強くなります。これは唾液も同じ事で、唾液に香りが溶けこんで唾液が臭うことがあります。

また食事の後に歯磨きを行わないと、歯の隙間などに挟まった食べ物が細菌のエサに。細菌が繁殖して歯垢となり、唾液と混ざって臭いの元となります。

更に歯垢を放置すると、石のように硬くなり歯石に変化。歯石ができると歯垢がたまりやすくなるため、臭い元となってしまいます

舌の汚れ

鏡で舌を見ると、白くコケが生えていませんか?

これは「舌苔(ぜったい)」というもので、舌の角質や食べかすから出来ています。舌苔の主成分もタンパク質なので細菌が繁殖しやすく、臭いの元となってしまうのです。

唾液が足りない

口の中には、常に数百種類の細菌が存在しています。

細菌が存在すること自体は問題ありません。ですが、数が増えてしまうと臭いの原因になるんですね。

口の中は常に新鮮な唾液で潤う為、細菌の数は一定に保たれますが、体調不良や脱水状態、あるいは口で呼吸するクセがあると口の中は乾燥状態に。そうなると唾液が足りなくなるため、細菌が増え、その結果臭ってしまうのです。

スポンサーリンク

唾液からくる臭いの対策方法

歯医者に行こう

虫歯や歯肉炎があるのなら、歯医者で治療を受けましょう。

歯医者に行くのが面倒、また治療が怖いと放置すると、臭いばかりでなく歯を失ってしまいます。

虫歯などが無くても、見えない位置に歯石が固まっていることも。検診も兼ねて歯石除去を行なってもらうと、すっきりする上に臭いもとれますよ。

salivaodor2

こまめな水分補給

唾液が減って口の中が乾燥しがちな場合、こまめな水分補給を心がけましょう。

一度の大量の水を飲まず、少しずつ口に含んで潤すように飲むのがコツ。食事中に飲み物を取るなど工夫すれば、食べかすも残りにくくなります。

舌磨き

舌苔を取り除くには、専用のブラシ(舌ブラシ)で優しく舌磨きを行います。

ただし強く舌磨きを行うと、傷がついてかえって臭いの原因に。全てを取り除こうとせず、少しずつ取り除くようにしましょう。

□Q:舌の掃除は毎回必要? 口腔ケアチャンネル 180

*優しく掃除することが、舌磨きの鉄則です!

鼻呼吸を意識する

普段から口呼吸のクセがあると、どうしても口の中が乾いてしまいます。

そこでマスクをして、鼻で呼吸することを意識しましょう。

マスクは口呼吸を防ぐ意味と、口から水分が蒸発するのを防ぐ意味が。臭いが気になる時のエチケットにもなるので、鼻呼吸が定着するまで着用しましょう。

よく噛む

食事の時にあまり噛まずに飲み込むと、唾液が出にくくなってしまいます。

そのため一口で20回以上かむことを意識して、よく噛んで食べましょう

また口寂しい時におやつを食べるのではなく、ガムを噛むようにするのも効果的。顎をよく動かすと唾液が出やすくなるため、スルメなどの硬い食べ物もオススメです。

唾液を増やす体操

よく噛む事以外にも、舌を動かす運動で唾液の量を増やす方法があります。

その中でオススメなのが、口を閉じた状態で舌を動かす方法

手順は、次の通りです。

1.口を閉じて頬を膨らませる
2.頬と歯ぐきの間に舌を入れ、ゆっくり表側の歯をなぞる
3.表が終わったら歯の裏側も同様に、ゆっくりと舌でなぞる

ポイントは、ゆっくり舌を動かすこと

舌や口の筋肉がつっぱりますが、無理のない範囲で行いましょう。じんわり唾液が出てくるので、唾液不足解消にうってつけです。

病気が隠れている場合も

関連記事:唾液が多いのは大丈夫なの?多くなる原因と対策方法は?

唾液の臭いは気になりますが、日頃のケアで大抵は解消できます。

気になったら唾液を増やすことと、歯磨きや舌磨きを意識しましょう。

しかし唾液の臭いの中には、体調不良や消化器や鼻の病気が原因のことも。胃腸が弱っていたり鼻炎が続くようならば、こちらの治療もきちんと行いましょう。

臭いは自分も他人も気になるもの。唾液の臭いを解消して気持よく生活したいですね。