お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。

しかしうっかり飲み過ぎたり無理に飲み続けると、二日酔いになる可能性が。

ひどい頭痛吐き気などに襲われ、起き上がれないほどの体のだるさに飲んだ事を後悔することも。二日酔いを治す方法はいくつかありますが、食べ物で治す事は可能なのでしょうか。

そこで二日酔いに効果のある、食べ物や飲み物を9つ厳選してご紹介します!

スポンサーリンク

二日酔いになってしまった時に効果のある食べ物

グレープフルーツジュース

hangoverfood1

二日酔いの原因の一つが、お酒に含まれるアルコールによる利尿作用。飲んだ量以上に水分が排出されてしまうため、脱水症状を起こして具合が悪くなってしまいます。これらを解消するには、水分・塩分・糖分を摂取する必要があります。

そんな時にフルーツ100%ジュースを飲むと、果汁に含まれる糖分が素早く吸収されて楽になります。

特にグレープフルーツには、肝臓の機能を高めるビタミンCと疲労回復に役立つクエン酸がたっぷり

飲み会の帰りに、コンビニで100%グレープフルーツジュースを購入しておくと翌朝役立ちますよ!

しじみ

hangoverfood2

二日酔いになるもう一つの原因が、アルコールを分解する際に発生するアデドアルデヒド。アデドアルデヒドは有害物質で、体に残り続けると頭痛や吐き気の原因となります。

通常ならすぐに分解されて水や二酸化炭素になりますが、大量に飲むと分解が追いつきません。その結果いつまでも体に残ってしまって、二日酔いを引き起こすのです。

アデドアルデヒドを素早く分解するには、肝臓の働きを高めてあげる事が大切。そこで肝臓の機能を高める、オルチニン・アラニン・タウリンを含んだ食べ物を取ると効果的です。

しじみにはこれらの成分がたっぷり含まれ、更に味噌汁にする事で水分補給も。こちらもコンビニやスーパーなどでインスタント味噌汁が売られているので、飲み会帰りに購入したいですね。

□しじみ汁

*二日酔いのときは作る余裕もありませんが、しじみ汁の作り方も紹介しています。

ウコン

hangoverfood3

ウコン(ターメリック)の黄色は、クルクミンという成分。

クルクミンも肝臓機能を高める効果があるため、二日酔いに効果があります。お酒を飲む前に前に摂取すると、肝臓機能が高まって二日酔い予防に。

二日酔いになった後に摂取しても、肝臓が元気になるのでアルコール分解が進みます。

飲む前にカレーで腹ごしらえをして、二日酔いになったときはウコンドリンクで乗り切りましょう。

トマト

hangoverfood4

トマトに含まれるリコピンには、アルコールの分解を助ける効果もあります。クエン酸も含まれるため、疲労回復効果も期待できます。

そのまま食べても良いですし、トマトジュースで飲むのもオススメ。お酒を飲む前やお酒と一緒に摂取すると、二日酔い予防にもなりますよ。

参考記事:ミニトマトの栄養と体に良い効果とは?カロリーはどれくらい?

はちみつ

hangoverfood5

はちみつに含まれる甘み成分「果糖」は、アセトアルデヒドの分解を手助けする効果が。

100%フルーツジュースなどに、スプーン1杯分入れて飲むと相乗効果が期待できます。飲酒前や二日酔いのときになめても効果があるので、食欲が無いときにもオススメです。

hangoverfood6

は柑橘類並のビタミンCがあり、酸味が少ないため食べやすい果物です。

また柿特有の成分であるアルコールデヒドロゲナーゼには、アルコール分解を手助けする効果が。更に渋みと旨みのもとであるタンニンには、アセドアルデヒドを無害化する効果と胃壁の保護する効果も。

「柿を食べると医者が青くなる」ということわざがありますが、二日酔い対策に柿はぴったりなんですよ。

梅干し

hangoverfood7

梅干しにはピクリン酸という成分が含まれ、アルコール分解効果が。またクエン酸の酸味のおかげで、二日酔いの朝でもさっぱりと食べられます。

水分も取れるおかゆに入れて食べれば、水分と栄養も取れますね

大根

hangoverfood8

大根はビタミンCが多く、食欲不振や胃の不快感を和らげる効果が。水分も多いため大根おろしにして食べれば、脱水症状からの回復にも役立ちます。

吐き気などで食べられないときは、大根おろしの汁だけでも口にしましょう。それだけでも効果が期待でき、ゆっくりと体が回復に向かいますよ。

参考記事:大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

納豆

hangoverfood9

納豆のねばねば成分であるムチンは、アルコールの吸収を妨害する効果が。

お酒を飲む前やおつまみとして食べることで、二日酔いの予防につながります。また肝機能を高める効果のあるビタミンB2が、アルコールの分解を手助け。

大根おろしと一緒に混ぜれば、水分も取れて食べやすくなりますよ。

参考記事:納豆の栄養や効果とは?苦手な人向けレシピもご紹介!

まずは水分補給を

参考記事:つらい二日酔いの症状は何が原因?効果的な治し方は?

二日酔いになった時は食欲が落ちてしまいますが、食べないと回復するのに時間が掛かります。特に吐いてしまった後は脱水症状を起こしやすく、水分補給を行わないと回復できません。吐いてしまってもいいので水分を少しずつとり、ゆっくり体を労わりましょう。

しかし本当のことを言えば、二日酔いにならない飲み方をするのが理想的

今回紹介した食材に頼ることがないよう、お酒は適量を守って飲みましょう!