しい秋の紅葉は、いつまでも見ていても飽きない人も多いのでは。

しかし紅葉を楽しむにはちょっと早いお子さんや、アクティブな方ですと飽きてしまうことも。

紅葉を見に行って「きれいだったね~」ですぐ帰るのではなく、そこに様々な楽しみもプラスしたくありませんか?

そんな時にオススメなのが、子供から大人まで楽しめる昭和記念公園です。

昭和記念公園の2018年の紅葉の見頃と、おすすめの楽しみ方を紹介します!

スポンサーリンク

「昭和記念公園の紅葉の見頃は?

見頃は11月下旬から

昭和記念公園は、東京都立川市にある国営公園。昭和天皇即位50周年を記念して作られた、自然豊かな都民の憩いの場となっています。

昭和記念公園

その敷地面積は、東京ドーム約39個分(約180ヘクタール)というから驚きですね。

そんな昭和記念公園の紅葉の見頃は、例年通りで行けば11月下旬から12月上旬頃。10月下旬からすこしずつ色づきはじめるので、緑の中の紅葉から落葉まで長い期間楽しめます

2018年は、夏の記録的な猛暑や残暑の影響もあり、紅葉の時期がやや遅れる可能性はあります。ですが長期予報では平年並みか平年よりやや高いと出ており、おおむね平年並みに11月下旬頃からピークを迎えそうです。

昭和記念公園の紅葉、見どころと楽しみ方

カナールと銀杏並木

昭和記念公園でまず見て欲しいのが、立川口から入ってすぐにある「カナール」「銀杏並木」です。

カナールとは造園用語で、まっすぐに伸びる水路の事。カナールの両脇には200mに渡って銀杏並木があり、奥には西洋形式の大きな噴水があります。

秋の日差しを受けてキラキラと反射する水面と、黄色く色づく銀杏並木はヨーロッパのお城のよう。落葉した後は黄色いジュータンを敷き詰めたようで、これまた素敵な光景です。

□昭和記念公園イチョウ並木とカナール

*銀杏並木道に沿った道は、「かたらいの道」とも呼ばれています。

日本庭園を堪能

カナールと銀杏並木が西洋の美ならば、日本庭園は和の美を象徴する紅葉の名所です。

砂川口・玉川上水口・昭島口より入り、しばらく進んだところに日本庭園があります。

日本庭園は散策式で、池に沿った通路を散策しながら紅葉が。特にカエデやアカマツが赤く色づき、湖面も赤く色づくほどです。

□立川昭和記念公園日本庭園の東京一の紅葉

*庭園内は赤、遠景が黄色の美しいコントラストが楽しめます。

また庭園の西側には、「歓楓亭」(かんふうてい)という建物が。ここでは有料で抹茶とお菓子が振舞われるため、ゆっくりと紅葉を楽しみませんか?

◆歓楓亭

  • 開館時間:
    • 3月~10月 11:00~16:00
    • 11月~2月 11:00~15:30

    *4月~9月の土日祝は17:00まで。
    *一服受付は終了時間の30分前まで

  • 料金:一服520円(お抹茶とお菓子セット)

公園内を自転車で

東京ドーム39個分の園内は、あちこちで紅葉が楽しめるため全て見るのも一苦労。なるべく全部見たい、園内をくまなく散策したいと思うなら、レンタサイクルはいかがですか。

レンタサイクルは、立川口・西立川口・砂川口の各サイクルセンターで貸し出しを行なっています。

自転車のサイズも豊富で、かご付き自転車や二人乗り用の自転車も。移動も専用のサイクリングコースを通るので、他のお客様とぶつかる危険なく安心ですね。

料金:

  • 大人(15才以上)3時間410円(30分毎に70円追加)/1日券520円
  • 子供(小中学生)3時間260円(30分毎に30円追加)/1日券310円

※利用時間は、9:30から閉園の1時間前までです。

昭和記念公園の紅葉

黄葉&紅葉まつり

毎年11月には、「黄葉・紅葉まつり」が開催されてます。

2018年の正式発表はまだですが、例年11月最初の週末から最後の週の日曜日にかけて開催されていますので、次の日程が予想されますね。

開催日程(予想):2018年11月3日(土・祝)~25日(日)

「黄葉・紅葉まつり」期間中の週末には、大人から子供まで楽しめる様々なイベントが。昨年2017年を例に取ると、次のようなイベントがありました。

  • 音楽のまちたちかわ「音の芽コンサート」
  • セグウェイで秋の散策ツアー
  • 公園をノルディックウォーキング
  • こもれびの丘自然観察会
  • 公園の自然観察ツアー
  • 野草のお茶会
  • はじめてのお茶室
  • パークヨガ

いずれも定員が設けられていたり、有料のものもあるので確認が必要。また「黄葉・紅葉まつり」の期間中は特に混雑するので、時間に余裕を持って行動しましょう。

昭和記念公園へのアクセス

基本情報

まず昭和記念公園の基本情報を紹介します。

住所:東京都立川市緑町3173

開園時間:

  • 3/1~10/31    9:30~17:00
  • 11/1~2月末日   9:30~16:30
  • 4/1~9/30の土日祝 9:30~18:00

入園料:

  • 大人   450円
  • 中学生以下 0円
  • 65才以上 210円

*2018年4月に料金が変更になりました。

公共交通機関でのアクセス

昭和記念公園には有料の駐車場がありますが、紅葉の季節は満車になることも。そのため公共交通機関を利用するほうが、より確実です。

イチョウ並木に近い立川口へは、JR中央線・立川駅を下車して徒歩15分

日本庭園に近く自転車が借りられる砂川口へは、西武拝島線・武蔵砂川駅より徒歩20分

駅からの移動時間の短さなら、JRの西立川駅を下車すると目の前が西立川口です。

関連記事:

誰でも楽しめる昭和記念公園に行こう

昭和記念公園の敷地内には、子供が遊べる遊具やスポーツ施設がたくさんあります。静かに紅葉を楽しんだ後は、友達・恋人・親子でスポーツの秋を堪能するのも素敵ですね。

ただし週末には多くの人で賑わうため、遊具や場所は譲りあいたいもの。素敵な光景を独り占めするよりは、みんなと共有するほうがもっと楽しいですよ。

広大な敷地で紅葉と遊びが楽しめる、昭和記念公園に足を運びませんか?