明治神宮外苑は、一年を通じて緑が多く、気軽に立ち寄れるオアシスとして親しまれています。

特にになるとイチョウ並木がとてもきれいで、写真に撮りたくなるほどの美しい光景がひろがります。

しかも11月になると「いちょう祭り」が開催され、出店もあってにぎやかさもプラス。紅葉だけでは物足りない人にも評判がよく、親子連れ・恋人同士・友達同士で楽しめるんですよ。

そんな明治神宮外苑の紅葉

  • 2018年の紅葉の見頃
  • イチョウ並木の見どころ
  • いちょう祭りの期間や見どころ
  • 明治神宮外苑の由来
  • アクセス情報

などについて紹介します。

スポンサーリンク

明治神宮外苑の紅葉の見頃は

11月下旬が見頃!

明治神宮外苑の紅葉

治神宮外苑の紅葉は、11月中旬からはじまります。

例年、紅葉の見頃は11月下旬頃。紅葉は12月上旬ごろまで楽しめます。

2018年においては、夏の記録的な猛暑の影響や残暑の厳しさから、紅葉が例年より遅くなる可能性もあります。とは言え、長期予報では気温は例年並みかやや高いとでているので、概ね例年どおりの紅葉となるのではないでしょうか。

また丁度この頃はいちょう祭りの期間と重なるため、祭りの期間が紅葉の見頃と覚えるとわかりやすいですよ。

イチョウの落葉に注意

紅葉の見頃で気をつけてほしい点として、イチョウは葉が一斉に落ちる樹木と言う事です。1日であっという間に葉が落ちて、樹木が丸裸になってしまうこともあるんです。

イチョウのジュータンも素敵ですが、イチョウ並木を楽しみたい方は、早めの時期に行く事をおすすめします

明治神宮外苑の紅葉の見どころ

イチョウ並木

明治神宮外苑の美しいイチョウ並木

明治神宮外苑と言えば、やはりイチョウ並木は外せません!

聖徳記念絵画館までの約300メートルに渡って、イチョウの街路樹が2列に植えられています。

青山通り側の入り口に立つと、絵画館まで一直線にイチョウ並木が並ぶ様子は、まるで絵画のよう!それも1枚の絵に見えるように計算した上で、植林及び絵画館が設計されているからです。

写真に収めて、また実際にこのイチョウ並木を歩いてみて、美しさを堪能したいですね。

□明治神宮外苑のイチョウ並木

*並木の黄色が素敵ですね。平日でこの人出なのも納得です。

神宮外苑いちょう祭り

そしてイチョウ並木といえば、「神宮外苑いちょう祭り」も忘れてはいけません!

例年イチョウが色づく11月中旬から12月上旬の時期に開催され、多くの人でにぎわいます。

2018年のいちょう祭りの開催期間は次の日程の予定となっています。

  • 開催時期…2018年11月16日(金)~12月2日(日)
  • 開催時間…10:00~17:30
  • 会  場…いちょう並木噴水池周辺・軟式野球場
  • 入場料…無料

※雨天決行ですが、状況により中止される場合もあります。
※紅葉の時期が遅くなれば、日にちが後ろにずれる可能性もあります。

神宮外苑いちょう祭りの特徴は、全国各地のご当地グルメが屋台で楽しめる事。毎年人気のイベントです。

屋台を例にとりますと、

  • 広島焼き
  • 中津からあげ
  • 牛すじぼっかけそばめし
  • グリーンカレー
  • ケバブサンド
  • チーズハットグ

といったB級グルメ

  • 北海道の海鮮丼
  • 秋田のきりたんぽ鍋
  • 博多もつ鍋らーめん
  • 牡蠣のがんがん焼き
  • 近江牛炙りにぎり上
  • 神戸牛ステーキ串
  • 特上松坂牛串

といった、地方ならではのグルメ各種

更には、

  • 地酒・世界のビール
  • ご当地スイーツ

まで、一度に楽しめるんですね。

その他にも、
地元特産品、工芸品の販売ブースや、産地直売の野菜があるのも見逃せません!

グルメ以外にも、大道芸が披露されていたり、ご当地キャラの登場も去年はありました。もし今年も登場するのなら、お子さんが大喜びですね。

□水晶玉の大道芸 神宮外苑銀杏祭り

*大道芸もすごいですが、話術もスゴイですね!

明治神宮外苑とは

ところで、「明治神宮外苑」の歴史をご存知ですか?

明治神宮外苑は、明治天皇崩御後に明治神宮と時を同じくして造園されました。

位置的には隣接してませんが、明治神宮の一部として考えられ、管轄も明治神宮が担当しています。明治神宮が純和風なのに対し、神宮外苑は洋風の造園なので、比べてみると面白いですよ。

神宮外苑の特徴は、貴重な植物が多く緑豊かなことと、スポーツ施設が充実していること

現在解体中の国立競技場や、神宮球場などが有名ですね。いちょう祭りの時期は野球のシーズンは終了していますが、夏ですと野球選手と遭遇出来るかも?

スポンサーリンク

明治神宮外苑へのアクセス

基本情報

明治神宮外苑の基本情報は次の通りです。

  • 住所  …東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号
  • 問合せ …03-3401-0312(代表)
  • HP   …明治神宮外苑

明治神宮外苑には門がなく、24時間いつでも無料で見に行く事が可能です。

ただし付属施設などは利用料が必要で、利用時間も決められているので注意が必要です。

アクセス

イチョウ並木へ向かうアクセスは、次のルートが便利です。

  • 東京メトロ・銀座線「青山一丁目駅」および「外苑前駅」下車、徒歩5分。
  • 都営地下鉄・大江戸線「青山一丁目駅」下車、徒歩5分。

いずれも駅から地上に出ると青山通りなので、迷うこと無くイチョウ並木へ行く事ができます。

その他のルートは次の通りです。

  • JR総武線「信濃駅」下車、徒歩5分。

こちらは、聖徳記念絵画館が近いルートとなります。イチョウ並木へはここから10分ほど歩いたところになります。

  • 都営地下鉄・大江戸線「国立競技場前駅」下車すぐ。

駅出てすぐに、改修中の国立競技場があります。イチョウ並木へはここから15分ほど歩いたところです。

関連記事:

変わる明治神宮外苑を楽しんで

ちょう祭り開催中は大変混雑する神宮外苑。ゆっくり楽しむなら遅い時間がおすすめ。またいちょう並木以外にも、サクラケヤキといった赤く色づく木々も見逃せません。

神宮外苑の変わりゆく季節と、現在工事中の国立競技場をゆっくり見学するのもオススメ。この時期にしか見られない風景ですね。

イチョウ並木はもちろんのこと、他にも見どころ沢山の明治神宮外苑。ぜひ秋の紅葉の時期には見に行ってみてくださいね。