一味違う!長野えびす講煙火大会2017。穴場の見学スポットは?

近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。

現在でも盛んに行われるのは夏で、秋にはあまり花火大会は行われないですよね。

ところが長野県では、毎年11月下旬に「長野えびす講煙火大会」という花火大会が。

しかもこの大会は上質な花火が見られる事で、例年40万人以上の観客が集まるんですよ。

そんな楽しみな長野えびす講煙火大会について、
・由来
・2017年の日程
・花火大会の見どころ
・おすすめの穴場見学スポット
・アクセス情報

をまとめてご紹介します!

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会とは

花火師憧れの大会

長野えびす講煙火大会は、毎年11月に長野県長野市で開催される花火大会です。

naganoebisu1

元々長野では昔から花火大会が盛んで、江戸時代には遊郭への集客方法として行われていたほど。それが明治時代以降、えびす講の時期に合わせて行われる様になりました。

ちなみにえびす講とは、七福神でお馴染みの「恵比寿様」のお祭りのこと。10月20日・11月20日に開催することが多く、11月に花火大会が開催されるのはこのためなんですよ。

また大正時代には、この花火大会は「花火師の憧れ」となっていました。というのも打ち上げに参加できるのは、熟練の技術を持った花火師だけだったから。現在においても優秀な花火師が集まるため、全国屈指の美しい花火が見られる大会となっています。

長野えびす講煙火大会2017年の日程

毎年11月23日に

naganoebisu2

長野えびす講煙火大会は、毎年11月23日(勤労感謝の日)に開催されます。

花火大会としては遅い時期の開催ですが、これはえびす講に関係しているから。当然ながら夜の開催ですので、防寒対策をしっかり行った上で行きましょう。

■開催日時
2017年11月23日(祝・木)18:00~20:00
※雨天決行

■打ち上げ場所
長野大橋西側 犀川第二緑地(長野県長野市大橋南1丁目)

スポンサーリンク

見どころとオススメ見学スポット

ミュージックスターマイン!

長野えびす講煙火大会で注目して欲しいのが、ミュージックスターマイン

これは全国の花火大会でも人気の、音楽に合わせて花火が連続で上がる演目です。

長野の花火大会では、花火師の高い技術と構成力が合わさり見る人の目を奪う芸術作品に

その美しさは全国の花火ファンが、「長野の花火だけは見逃せない」というほどです。

□長野えびす講煙火大会 ミュージックスターマイン

*映像でもこの美しさと迫力です!!

全国10号玉新作花火コンテスト

もうひとつ見逃せないのが、同時開催される「全国10号玉新作花火コンテスト」です。

これは全国から選ばれた花火師が、花火の新作の出来栄えを競い合うもの。10号玉はいわゆる「一尺玉」の事で、美しい新作が夜空を大きく彩ります。

高い技量を持つ職人が打ち上げる作品は、それだけでひとつの芸術と言えるほどです。

□長野えびす講花火大会 全国十号玉新作花火コンテスト

*一つ一つが独創的で、本当に美しいですね。

オススメ見学スポットは?

長野えびす講煙火大会では、有料の観覧席が2種類用意されています。

しかし料金も安い席で4200円・高い席で2万円と、家族で行く場合手を出しづらい部分も。

そこで有料観覧席にも負けない、オススメの見学スポットを紹介します。

■日赤病院周辺

日赤病院周辺は、有料観覧席の後方に位置する場所。やや場所が離れるため、花火の全体が見やすくなっています。

ただし病院という場所柄、緊急車両の邪魔にならないように注意して静かに見物しましょう

■長野大橋

会場近くの犀川にかかる橋で、花火を横から見る形となります。車の往来もある橋ですので、歩道からはみ出さないようにしたいですね。

■丹波島橋

長野大橋とは逆側にかかる橋で、こちらも横から花火を眺める形となります。長野大橋と同様に、車に注意して歩道から見学しましょう。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

公共交通機関を利用する場合、北陸新幹線の利用がとても便利です。

JR長野駅で下車した後は、シャトルバスを利用するか徒歩で会場へと向かいましょう。

シャトルバス利用は、大人180円・小人90円が必要。徒歩だと、約20分程度で会場へ到着します。

車でのアクセス

車で行く場合、高速道路「上信越道」の利用が便利です。

長野ICで一般道に降りた後は、
「真島臨時駐車場」(長野市真島町真島)、または
「長野地方卸売市場臨時駐車場」(長野市市場1-11)
へ。

須坂長野東ICで一般道に降りた場合は、
「エムウェーブ」(長野市北長池195)
を目指しましょう。

この3箇所が当日の臨時駐車場となり、ここからシャトルバスで会場へ向かうこととなります。

尚、いずれの駐車場も、15時から開場となっています。また満車になる可能性もあるため、15時には長野に到着するようにしましょう。

naganoebisu3

11月の花火はとてもきれい

11月下旬の花火大会というと、美しさよりも先に寒そう~という印象が強くなりがち。

しかし長野えびす講煙火大会は、寒い中でも行ってよかったと思うほどの素晴らしい花火が打ち上がります。

確かに11月下旬の長野は寒い時期ですが、夏よりも空気が澄むため夜空がとても美しい季節。そんな夜空を彩る花火は、本当に美しいんですよ。

暖かい服装と防寒対策をしっかり行なって、長野の花火を見に行きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

港町神戸の花火大会、2017年の日程と穴場スポットをご紹介!

異国情緒あふれるおしゃれな街・神戸。季節を問わず、とても人気のある観光スポットですね。

記事を読む

東京湾花火大会2017!打ち上げ場所や穴場スポットはどこ?

★東京湾花火大会は、残念ながら2016年度以降、当面の中止が決定いたしました。 東京で

記事を読む

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。海峡の幅もそれほど広くないため

記事を読む

諏訪湖花火大会2017年の日程と見どころ!穴場スポットは?

日本人は花火が大好き!と言い切ってしまいたくなるほど、花火を見ているとウキウキしませんか?

記事を読む

隅田川花火大会、2017年の日程と時間。穴場スポットは?

東京の夏を彩る花火大会は様々ですが、その中でも江戸時代から続く花火大会が、 隅田川花火大会

記事を読む

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

八王子花火大会2017年の日程は?穴場のスポットもご紹介!

夏の東京では、週末ごとに花火大会が行われます。 そのため同じ日に花火大会が重なることも

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

多摩川の花火大会2017年の日程は?おすすめの穴場もご紹介!

川沿いの土手にシートを敷き、川から打ち上げられる花火を見て美しさに歓声が上がる…。 こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑