山芋のとろろ

バテなどで食欲が無い時は、山芋とろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

とろろならつるんと食べられますし、ご飯にかけても美味しいですよね。山芋は消化を助け栄養価も高いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

また生のまま頂くことが多い山芋は、加熱しても栄養面に変化はないのかも気になります。

そこで山芋の栄養・効能・カロリーや、加熱しても大丈夫なのかどうか?といったことについて紹介します!

スポンサーリンク

山芋の栄養素は?

カリウムがたっぷり

山芋

  • 長芋
  • 自然薯
  • 大和芋

というものがありますが、これは品種の違いによるもの。

これらのなかでもっとも食べられている、「長芋」を山芋として紹介します。

□自然薯 とろろ 作り方 山芋

*ちなみ自然薯とろろにしても、箸でつまめてしまうほど粘り気があります。

山芋の主な栄養素ですが、100g当たりで見ると次のとおりとなります。

ちなみに山芋100g分は約5センチとなり、一人前の分量の目安にもなります

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンE 0.2㎎
ビタミンB1 0.1㎎
ビタミンB2 0.02㎎
ビタミンB6 0.09㎎
ビタミンC 6㎎
カリウム 430㎎
カルシウム 17㎎
マグネシウム 17㎎
0.4㎎
食物繊維 1g

この中で特に注目して欲しいのがカリウムで、食べられる部分の多い野菜の中では上位にランクイン。

いも類はカリウムが多いのですが、一度に食べられる量も考えると山芋は特に優れているんですよ。

山芋

この他の栄養素として、次のものが含まれています。

  • コリン
  • アミラーゼ
  • サポニン

山芋のカロリーは?

意外と低カロリー

いも類はカロリーが多めのイメージが強く、食べ過ぎると太るのでは?と思われがちです。

しかし山芋のカロリーは、100gあたり65kcalと意外とヘルシー

同じくカリウムが多めの里芋ですと58kcal、さつまいもですと132kcalとなります。里芋は調味料を入れた煮付けが主な食べ方ですし、さつまいもはおやつ向きの味。

生でそのままいただける山芋は、低カロリーなところが嬉しいですね。

スポンサーリンク

山芋の効能は?

消化を手助け

アミラーゼという栄養素は消化酵素の一種で、胃腸薬にも配合されているすぐれもの。すばやく胃もたれを解消し、胃腸の回復に役立ちます。

栄養をしっかり吸収できるようになるんですね

動脈硬化を予防

コリンは血管を拡張する効果をもつ、アセチルコリンの材料となる物質。

また血管に脂肪がつくのを防ぐレシチンの材料となるため、動脈硬化の予防には必要な栄養素です。

血管を拡張すれば血液が流れやすくなるため、高血圧の予防にも最適です。

更にサポニンには脂質を溶かし、血液をサラサラにする効果が。血管に血栓ができて詰まると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが跳ね上がります。

生活習慣病を予防する意味でも、長芋は効果的です

むくみを解消!

長芋にたっぷり含まれるカリウムは、体内の余計な塩分(ナトリウム)を排出する効果があります。

余計な塩分は水分をしっかり保持してしまうため、むくみの原因に。また高血圧の原因にもなるため、むくみを解消すると血圧を正常にもどす効能も期待できます

見た目もすっきりする上に、高血圧予防にも繋がるのは嬉しいですね。

山芋は加熱しても大丈夫?

山芋を入れたお好み焼き

熱には弱い

とろろや千切りなど生で食べることの多い山芋ですが、お好み焼きのつなぎとして使うことも。しかし山芋は熱に弱く、加熱すると特有のネバネバは無くなるものの、栄養価は落ちてしまいます

そのためお好み焼きに入れてしまうと、山芋の栄養効果はあまり期待ができません。また熱々のご飯にかけて頂くとろろご飯も、栄養素が壊れる可能性があります。

お好み焼きに入れる場合は、その美味しさで元気になることに期待。とろろご飯にする場合は、少しご飯が冷めてからかけるのがおすすめですよ。

疲れた時に美味しく食べよう!

【関連記事】

芋には疲労回復と消化を助ける効果があり、動脈硬化の予防なども期待が出来ます。とろろをご飯にかけていただけば、食欲のないときでもスルリと食べられますね。

加熱してしまうと栄養価が下がってしまいますが、山芋は生で食べることが多いので気にしなくても大丈夫。

とは言え、できれば山芋は生で頂いて、栄養素を丸々吸収したいものです

疲れて食欲が落ちている時には「山芋を食べて、元気な毎日を送りましょう!