近では一年中野菜が手に入るようになって、旬がなくなったという人もいます。しかし旬の野菜や果物はとても美味しいですし、旬の時期にしか出回らない野菜も。

そんな野菜の一つに、「むかご」というものがあります。あまり馴染みのない野菜かも知れませんが、実は栄養や効能も高く、すごい野菜なんですよ!

そこで、

  • むかごとは?旬はいつ?
  • むかごの栄養や効能
  • むかごの味は?オススメの食べ方

…について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

むかごとは?旬はいつ?

山芋の赤ちゃん

小さいむかご

「むかご」とは、植物が繁殖するために作るもので、葉や茎が小さく変形したもののこと。土に植えると芽が出ますので、種ではありませんが種の一種ともいえます。

漢字では「零余子」、あるいは「珠芽」と書きますね。また地域によっては「ぬかご」と呼ばれることもあります。

ただし、一般的に「むかご」といった場合、それは山芋にできる「むかご」のこと。山芋の茎や葉の根元部分にできる、直径1~2センチ程度の丸く灰色の芽のことなんですね

親しみをこめて「山芋の赤ちゃん」とも呼ばれてるんですよ。

旬はいつ?

むかごがとれるのは主に東北や北海道で、これは山芋の生産地と同じ。収穫時期も長芋などと同じく9月下旬から11月初旬にかけてで、旬は10月〜11月頃となります。

ただしあまり商品として沢山採れるものではなく、長期保存にも向きません。そのため地元の道の駅などで販売される程度で、他の地域に出荷されることが少ない幻の野菜なんですよ。

むかごの栄養や効能は?

むかごの主な栄養は?

たくさんのむかご

まずは、むかご100gあたりの主な栄養を紹介します。

ただしむかごは1個あたり約2gと、とても小さい野菜。100gとなるとそれなりのボリュームなので、参考程度としてくださいね。

栄養素(100gあたり)
カロリー 93kcal
ビタミンB1 0.11mg
ビタミンB6 0.07mg
ビタミンC 9mg
ビタミンE 0.4mg
パントテン酸 0.6mg
カリウム 570mg
マグネシウム 19mg
0.15mg
食物繊維 4.2g

むかごは小さいですが山芋なので、山芋の成分とほぼ同じ。特にカリウムは豊富に含まれていますね。

この他に、

  • アミラーゼ
  • アルギニン

…と言った有効成分も、含まれています。

むかごの効能は?

むかごは小さいですが、様々な健康によい効能が期待できる野菜なんですよ。

塩分バランスの正常化

むかごにたっぷり含まれるカリウムは、血液内のナトリウムバランスを整える効果があります。

ナトリウムは塩分に含まれるもので、増えすぎると動脈硬化などの生活習慣病の原因に。しかも水分とくっつきやすいため、体のむくみの原因にもなってしまいます。

そのナトリウムを水分とともに排出することで、動脈硬化とむくみ改善につながるんです。

疲労回復

むかごに含まれるアミラーゼには、ご飯などに含まれるデンプンを分解しやすくする効果が。その結果、胃腸の負担が軽くなって食欲不振の改善につながります。

しかもデンプンが分界されると糖分となり、体を動かすエネルギーに。

またアルギニンには血流アップや、疲労回復効果、免疫力アップの効果があり、疲れたときにむかごを食べると、体にエネルギーが届きやすくなって元気になるんですよ

スポンサーリンク

むかごの味は?おすすめの食べ方

ベースは長芋

気になるむかごの味ですが、山芋と同じくクセのないシンプルな味。また山芋よりもホクホクしていて、山芋と里芋の良いとこ取りの食感も楽しめます

ただし皮に近い部分に少し土っぽい香りがあるため、その点が気になるという人も。「むかご」は皮ごと食べられますが、気になる場合は次の方法で軽く皮を落としましょう

  1. むかごを軽く洗ってからすり鉢に入れる。
  2. やさしく手で押さえながら転がす。
  3. 手に薄皮がついてきたら、水で洗い流して完了。

一生懸命洗いすぎると、実も削れてしまうので軽い力でこすりましょう。

塩ゆでにする

塩ゆでしたむかご

むかごの食べ方でおすすめなのが、シンプルな塩ゆでです。

■材料

  • 水洗いしたむかご 100g
  • 塩        小さじ1
  • 水        200cc程度

■作り方

  1. 鍋にむかご・塩を入れ、むかごが隠れる程度の水をいれてから火にかける。
  2. 沸騰したら2~3分ゆでる。
  3. ザルに上げて水気を切れば完成。

お好みで軽くコショウをふったり、バターを加えてもおいしいですよ。

□キャンプ米でムカゴご飯を炊いてみた♪

*米2合に対して小さじ1の塩と100gのむかごを入れて炊くと、むかごの混ぜご飯になりますよ。

見かけたら食べたいむかご

【関連記事】

かごは山芋の一種で、山芋が収穫される秋の時期に一緒にとれるもの。農作物として育てるものではないため、地元以外ではあまり見かけない野菜でもあります。

直径2センチ程度と小さいながらも、山芋とおなじく元気になる成分がたっぷり。皮ごと塩ゆでしたり、ご飯と一緒に炊いて食べるととても美味しんですよ。

秋の季節に道の駅などでむかごをみつけたら、ぜひ買って食べてみませんか?