毎年冬にかけて猛威を奮うインフルエンザ

特に子供のインフルエンザは、
感染したら合併症を引き起こして重症化する場合もあります。
お母さんは心配ですよね。

インフルエンザの熱の症状は風邪と似ていますが、
実際のところはどうなのでしょう?

今回は、子供のインフルエンザの症状、熱、予防法について
まとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状は?

インフルエンザとは?

childinfl3

インフルエンザが風邪と違うのは、
インフルエンザウイルスによって感染するということです。

インフルエンザウイルスは、くしゃみや咳から感染していきますが、
気管支や肺で急速に増えるので症状もいきなり悪化します。
熱があるな?と思ったらいきなり39度!なんて事もあります。

インフルエンザによる高熱

インフルエンザに掛かると一番辛いのは高熱
ただ風邪の発熱とインフルエンザの発熱は違うんですね。

風邪の発熱は、高熱になるにしても、
ゆっくりと体温が上がっていきますが、
インフルエンザの場合は急激に40度近くまで発熱します

早い時で半日、遅くても24時間以内で40度近くまで熱が上がってしまうのです。
そして全身に寒気も感じます。

風邪かな?と思ってたのに、いきなり39度~40度の高熱が出た場合は要注意!
まずは医療機関に相談してみましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザによる子供の熱を治すには?

子供のインフルエンザの症状とは?

子供のインフルエンザは、大人と違って症状がわかりにくいことが多いです。

大人のインフルエンザは、全身が痛くなる等、特徴的な症状があります。
ですが、子供のインフルエンザでは、1週間近く発熱していたり、
一度熱が下がってもまた高熱を出す場合もあり、特徴がわかりにくいです

子供のインフルエンザでは、高熱だけでなく、
肺炎や気管支炎、時には脳症などの合併症を起こす危険があるので、
まずは医療機関へ行って診断してもらった方がいいでしょう

childinfl2

子供の発熱を治すには?

一番大事なことは、安静にして十分に睡眠をとることですね。
高熱により脱水症状を引き起こさないように水分はできるだけ取るようにしましょう。

市販の解熱剤は飲まない方がいいです。
脳症等の合併症も心配ですので、医療機関で処方された薬を服用するようにして下さい

インフルエンザの治療薬は?

子供のインフルエンザの治療薬は「タミルフ」「リレンザ吸入薬」「イナビル吸入薬」
そして、重症の場合「ラピアクタ点滴薬」のいずれかが処方されます。

これらを使用する場合メリットとデメリット、注意事項もありますので
処方された医療機関での説明は必ず聞くようにしましょう。

子供のインフルエンザの熱を予防するには?

インフルエンザウイルスに感染してしまうと高熱で自由に動けず、
発熱している本人も看病している保護者もとても疲れますよね。

なるべくかからないように予防することが何より大切です。

childinfl1

うがい、手洗いで進入阻止!

まずはうがい・手洗い必須!!
風邪で同じことですが、インフルエンザウイルスにもうがいと手洗いは効果的です。

集団生活をしている子供たちはどこでウイルスに触れているかわかりません。
室内に入るときはしっかりと手洗いをして、
うがいで口・喉の中のウイルスを体内に取り込まないようにしましょう。

マスクで予防!

インフルエンザウイルスはくしゃみや咳でウイルスが飛んで感染するので
マスクをつける事も予防法になります。

バスや電車で移動すると狭い室内でウイルスが飛び回っているかもしれません。
考えるとちょっと怖いですね。
そこでマスクを装着して口と鼻の中にウイルスが進入してこないようにしましょう。

予防接種をしよう

インフルエンザ予防には、やはり予防接種ですね。
面倒がらず、医療機関に確認して接種するようにしましょう。

予防接種は年齢によってワクチンの量と回数が変わります。

 ・生後6ヶ月 ~ 3歳未満は、0.25ml×2回
 ・3歳以上 ~ 13歳未満は、0.5ml×2回
 ・13歳以上 ~ は、0.5ml×1回

となっています。
これも医療機関に確認しておいて下さいね。

■インフルエンザの予防接種を受ける女の子

最後に

注射に泣いてしまう子もいると思います。私でも注射は苦手です。

そういう時は終わったあとにご褒美!として何か簡単にプレゼントしても良いでしょう。
お母さんと遊んだりしていると怖かった注射も忘れますよ。

感染してしまうと子供も重大な症状を引き起こすかもしれないインフルエンザ
とても怖いですよね。

できれば感染しないように気をつけたいもの。

冬が近づいてきたら、家族皆でしっかりと予防しましょう!