kazenemuke1
体調が悪くなり始めたり、寒気を感じたり、
咳や鼻水が出始めると風邪薬を飲むものですが、
その後、眠たくなってきてしまった!という経験のある人も
多いんじゃないでしょうか。

それが夜ならまだしも、
昼間勤務中、あるいは車の運転中などだったら?

場合によっては一大事になりかねません。

何故風邪薬を飲むと眠たくなってしまうのでしょう?
眠たくなってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

風邪薬で眠たくなるのはなぜ??

kazenemuke2
風邪薬で眠たくなるのは、
「抗ヒスタミン薬」という成分が大きな原因です。

この抗ヒスタミン薬、鼻水やくしゃみを止める有効な作用があるんですが、
実は副作用もあるんですね。

その副作用の1つに、睡眠を誘導する作用があります。

風邪薬は、眠ることを期待して飲んでるわけでは無いので、
眠くなってしまうのは確かに困りますね。

風邪薬を飲んで眠たくなってしまった時の対策は?

では、風邪薬を飲んで実際に眠くなってしまったら
どうすれば良いでしょうか?

カフェインを摂る

コーヒーや紅茶等に含まれるカフェインは、
脳に出てくる眠気を誘導する物質の働きを止めてくれますので、
眠気防止の効果があります。

最近ではカフェインを配合している風邪薬も
販売されているので成分表で確認してみることも大事ですね。

ただし、カフェインは全ての人に効果が出るわけではないです。

日光浴をする

まだ眠気でボーっとしてしまう場合は日光浴がお勧めです。
直射日光を浴びると眠たくなるホルモンのメラトニンが減るので
眠気が覚める効果があります。

夜の場合であれば、スーパーやコンビニエンスストアなど
明るいお店に入ることでもメラトニンが減少します。

顔を洗う

洗面台に行って、顔を冷たい水で洗いましょう。
一時的には眠気を抑える効果があります。

体操、運動をする

体を動かして運動をすると眠気を抑えられますね。
外をしばらく歩くだけでもいいです。

ガムを噛む

すぐに動けない場合はガム等を噛むことも効果的です。

噛む動作で脳が動き出すセロトニン神経が
働きだして眠気対策になります。

ミント味のガムなどは刺激があるので
更に効果を期待できます。

しばらく寝る

風邪薬を飲むくらいなので、体調も万全はないでしょう。
可能ならゆっくり休んでしばらく寝るのが一番ですね。

スポンサーリンク

風邪薬に頼らない!風邪予防は?

「抗ヒスタミン薬」が入っていない風邪薬を飲む

仕事があるから、どうしても風邪薬を飲まないといけない!
などの事情があるようでしたら、
「抗ヒスタミン薬」が入っていない風邪薬を選ぶのが得策です。

ただ、咳止め薬ではありますが、風邪薬ではこれは見つけるのは難しいです。

kazenemuke3

うがいと手洗い

風邪の予防としてやはり効果的なのは、うがいと手洗いです。
どこでウイルスに感染しているかわかりませんからね。
丁寧に手洗いとうがいすることが一番簡単で効果的な予防ですね。

マスクをする

外出するときはマスクを使用することが更に効果的です。
特に人ごみなど多くの人が歩いている場所では尚更ですね。

次の動画なども参考にしてみて下さいね。

■アナウンサー直伝!風邪を予防する3つの方法

最後に

風邪薬を飲んで眠気が出るのを予防するには
風邪薬を飲まないことです。
そして出来ればゆっくり休むのが一番です。

・・と言っても仕事があったりで、
そうもいかない方も多いでしょうね。

そんな時は、今日上げた方法を試してみて下さい。

ただ、毎日の食事や睡眠にも気をつけ、
風邪に負けない体を作り、日々免疫力を高めていくことが
やはり大事ですね。