お姫様の人形

の子のいる家庭では3月3日に合わせてお雛様を飾りますが、諸事情で飾れない家庭もありますね。また家のスペースに限りがあるので、飾ったとしてもお内裏様とお雛様だけという場合も・・・

そんな方にぜひおすすめしたいのが、様々なお雛様が一度に見られる
「佐賀城下ひなまつり」です。

伝統的なお雛様や愛らしい手作り雛がたくさん飾られ、関連イベントも盛りだくさん。どんなお祭りなのか気になりますね。

そんな、佐賀城下ひなまつりについて、

  • 佐賀城下ひなまつりとは?
  • 2019年の開催日程
  • イベント内容や見どころ
  • アクセス情報

を紹介します!

スポンサーリンク

佐賀城下ひなまつりとは?

佐賀は雛人形でいっぱい!

賀城下ひまなつりとは、佐賀県佐賀市で毎年春先に開催されるイベント。2019年度で19回目の開催となり、佐賀市内の各所でたくさんのお雛様が飾られます

お雛様以外にも参加型のイベントや、バザー等も開催されるため、この時期の佐賀は大にぎわい。佐賀の春を告げるイベントとして、すっかり定着してるんですね。

雛人形

佐賀城下ひなまつりの日程・会場

2月中旬から約1ヶ月間!

佐賀城下ひなまつりは、例年2月中旬から3月下旬にかけて約一ヶ月以上にもわたって開催されます。2019年の開催期間や会場は次の通りになりますね。

  • 開催時期:2019年2月11日(月・祝)~3月31日(日)
  • 開場時間:10時~17時
  • 会場:
    • 徴古館(ちょうこかん)
    • 佐賀市歴史民俗館
    • 旧古賀銀行、旧古賀家、旧福田家、旧三省銀行、旧牛島家、旧森永家、旧久富家

    • ほか市内各所
  • 入場料:
    • 徴古館     …300円
    • 佐賀市歴史民俗館…400円(小学生以下無料)
    • 2館共通入場券 …600円
    • 前売り共通入場券…550円
    • ※その他の市内各地の会場は入場無料

※佐賀市歴史民俗館でチケットが必要なのは、旧古賀銀行、旧古賀家、旧福田家、旧三省銀行の4つです。

前売り入場券は、佐賀市歴史民俗館や徴古館以外にも、佐賀市観光協会、佐賀市役所(観光振興課)、佐賀市観光案内所(JR佐賀駅の構内)にて1月16日~2月10日の間販売されます。

佐賀城下ひなまつりのイベント・見どころ

総数5000点の雛人形!

佐賀城下ひなまつりの最大の特徴は、市内各所で見られる雛人形の数々。その数は5000点以上とも言われ、これほどの数が揃うのは日本でもなかなかありません。

中でも徴古館で見られる鍋島家に代々伝えられてきた雛人形は、その細工の美しさに思わずため息がこぼれますよ。

その他にも歴史ある雛人形や、佐賀特産の織物をまとった雛人形なども、歴史民俗館の各場所で展示されます。

□佐賀城下ひなまつり

*雛人形と一口でいっても、様々なお雛様があるんですね。

子どもびなの宴(うたげ)

「佐賀城本丸歴史館」の大広間では、「子どもびなの宴」と呼ばれる、佐賀市内の小中学生が制作した、雛人形約2000体の展示も行われます。

伝統を伝える人形だけでなく、未来ある子供たちの作った雛人形も見られるなんて素敵ですね。

  • 開催日程:2019年2月16日(土)~3月7日(木)
  • 開催時間:9:30~18:00
  • 開催場所:佐賀城本丸歴史館外御書院(佐賀市城内2-18-1)
スポンサーリンク

佐賀城下春の骨董市!

雛人形だけでは…という方には、佐賀城下春の骨董市はいかがでしょうか?

佐賀城下ひなまつりにあわせて例年開催される「骨董市」は、九州最大規模!毎年50店あまりが出店し、陶芸や古民具などの骨董が立ち並びます。

  • 開催日程:2019年3月1日(金)~3月3日(日)
  • 開催時間:10:00~17:00
  • 開催場所:松原神社境内(佐賀市松原2丁目10-43)

実は佐賀は有田焼・伊万里焼・備前焼といった、陶芸がとても盛んな地域。骨董市で見つけた品が、実は掘り出し品だった…なんてこともあるかも知れませんよ!

さが*ひな市

また、「さが*ひな市」と題して、毎年ハンドメイドフェアが開催されます。

革小物・バッグ・アクセサリー・編み物・織物といた手芸品が大集結!また飲食ブースなどもあるため、ちょっとした休憩にも最適です。

雛人形とあわせて見物して、お気に入りの品を見つけたいですね。

さが*ひな市は、例年3月初旬頃の土日に開催されています。2018年の日程は次の通りですね。

  • 開催日程:2019年3月9日(土)~10日(日)
  • 開催時間:10:00~16:00
  • 開催場所:佐嘉神社(西駐車場)、松原神社、656広場

体験イベントも沢山!

佐賀城下ひなまつりは、体験型イベントも用意されています。

例えば、2月11日(月・祝)に開催される、佐賀城下ひなまつりと御朱印巡り。こちらは会場を順にたどりながらウォーキングする家族に人気のイベント。所要時間は約4時間です。佐賀の良いところが発見できると好評なんですよ!

自分もお雛様になりたい女の子には、旧久富家の「よそほひ処 二葉」にて、着物の着付けサービスも体験できます。着物レンタルもあるので、手ぶらで行けるのも嬉しいですね。

更には週末ごとに「徴古館」では、お抹茶の席(300円)も用意されます。

他にも、

  • 徴古館で茶花体験(2/15(金)、3/1(金)、3/15(金)、10:00〜12:00)
  • 旧古賀銀行でアクアビーズ体験(2/24(日)11:30~、13:30~、15:30~、各500円)
  • 旧福田家で抹茶ひき体験(2/23(土)、2/24(日)1000円)
  • 旧福田家で佐賀錦の手織り体験(土日祝10:00~15:00 1000円(要予約))
  • 旧森永家・旧久富家で組紐やステンドグラスの制作体験

といった体験イベントもあります。

気になるものがあればぜひ体験してみてはいかがですか?

ひなまつり

アクセス

佐賀城下ひなまつりは佐賀市内各所で開催されるため、大渋滞が予想されます。また市内の駐車場が限られていることもあり、公共交通機関を利用することを強くおすすめします。

公共交通機関でのアクセス

東京・大阪方面から飛行機を利用する場合は福岡行きを利用します。

佐賀県には佐賀空港もあるのですが、便が少ないため福岡空港行きのほうが便利。福岡空港からは佐賀市内行きの高速バスを利用し、およそ1時間ほどで佐賀(佐賀駅バスセンター)に到着となります。

新幹線を乗り継いで博多駅まで行き、特急に乗り換えて佐賀駅を目指す方法もあります。

徴古館・佐賀市歴史民俗館へのアクセス

徴古館や佐賀市歴史民俗館へのアクセスは次の通りです。

○徴古館
佐賀駅バスセンターから2番 県庁前・佐嘉神社前行きバスで10分、「佐嘉神社前」下車徒歩すぐ
その他、11番、20番、21番、23番、28番、29番の各バスでも行けます。

○佐賀市歴史民俗館
佐賀駅バスセンターから11番 佐賀大学・西与賀(又は12番 佐賀大学・東与賀)行きバスで約5分、「呉服元町」下車徒歩2分

※貴重な歴史的建物群の一つである旧古賀銀行

路線バスも

ひなまつりの展示会場は市内に点在するため、移動には路線バスを使うと便利です。バス乗り放題と資料館の入場券が、佐賀市観光案内所・佐賀市観光協会・柳町案内所にてセット販売されています。

また土日祝には、レトロなひなまつり周遊バスも。料金は大人150円・小学生80円で20分毎に運行されます(1日フリー乗車券は、大人350円・小学生180円)。

こちらは会場に直接いけるのでわかりやすいですよ!

佐賀をめいいっぱい楽しもう

賀城下ひなまつりは、様々な雛人形が一度に楽しめるおまつりです。

イベントも目白押しですので、誰が行ってもとても楽しめるイベントでもあるんですよ。

開催期間も約1ヶ月と長く、3月3日を過ぎても開催しているのでスケジュールも組みやすいですね。

雛人形以外にも展示物が多く、見に行くだけで佐賀の歴史や特産品が学べるのも魅力。誰と行っても、一人で行っても楽しめる、佐賀城下ひなまつりにぜひ足を運んでくださいね!