康志向の高まりから、マラソンがブームとなっています。

普段、ランニングをしている方の中には、マラソンの大会に参加経験のある方も、おられるかも知れませんね。

全国で数多くのマラソン大会が開催されていますが、その中でもさが桜マラソンは、桜の時期にある九州唯一のマラソン大会として、非常に人気があります。

さが桜マラソンの参加エントリーや由来・歴史、そして、2019年の開催日や内容、ゲスト出演者情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

さが桜マラソン2019年の開催日・時間・場所

佐賀県佐賀市で毎年春に行われる「さが桜マラソン」。2019年の日程やコースは次の通りです。

  • 大会名:さが桜マラソン2019
  • 開催日:2019年3月24日(日)※雨天決行
  • スタート時間:9:00~
  • 場所:
    • スタート:佐賀県総合運動場陸上競技場前(国道263号)
    • ゴール :佐賀県総合運動場陸上競技場
  • 種目:
    • マラソン(42.195km) ※定員8500人
    • ファンラン(9.8km)※定員1500人
  • コース:
  • コース 場所 関門 距離 地図
    往路:
    佐賀県総合運動場前
    ~佐賀城跡
    ~吉野ケ里歴史公園
    佐賀県総合運動場前 スタート
    県立博物館前 第1関門 4.4km
    国立病院前交差点南 第2関門 8.8km
    佐賀工場団地交差点前 第3関門 10.6km
    県造園協同組合前 第4関門 14.6km
    吉野ヶ里歴史公園内 第5関門 23.7km
    復路:
    吉野ケ里歴史公園
    ~多布施川沿い
    ~佐賀県総合運動場
    JAライフサポート佐賀前 第6関門 27.2km
    県造園協同組合前 第7関門 33.2km
    さが水ものがたり館前 第8関門 37.2km
    佐賀市上下水道局前 第9関門 40.8km
    佐賀県総合運動場前 フィニッシュ 42.195km

    ※ファンランはマラソンコースの前半を利用して実施します。
    ※コース地図参照:さが桜マラソン コース&アクセス

ファンランは、楽しみながら走ることを目的とし、競技的なランニングとは一線を画す種目です。

さが桜マラソンとは?

さが桜マラソンは、毎年3月中~下旬頃に開催されるマラソン大会です。

さが桜マラソンの3つの魅力

マラソンで走る!

さが桜マラソンは、全国屈指のフラットコース。疲れにくくケガも起きづらい走りやすいコースは、記録を狙うことができ、自己新記録を更新しやすいのが特徴です。

また、さが桜マラソンのもうひとつの魅力は、そのコース設定にあります。

佐賀県総合公園をスタート、「佐賀城跡」を周遊し、「吉野ケ里遺跡公園」へと向かう、自然と歴史の両方を感じながら走ることの出来る、全国でも珍しいマラソン大会です。

さらに「桜マラソン」と言う名の通り、桜のシーズンに、満開の桜を愛でながら走ることができるのが、この大会の魅力です。

コース中には、

  • スタートから約5kmの県庁お堀周辺
  • 20km地点の神埼市内
  • 35km以降の多布施川河川敷の桜並木

・・・と、数か所の桜スポットがあります。

中でも、多布施川沿いは、約3000本の桜が連なる名所となっており、マラソン完走後には、花見を楽しむ方も多いですね

さが桜マラソンの参加資格(参加エントリー)

さが桜マラソンの参加資格(参加エントリー)は、次の通りです。

  1. マラソンは18歳以上の男女(高校生除く)。
  2. ファンランは高校生以上(15歳以上)の男女。
  3. 関門閉鎖時間内に走ることができる人。
  4. 健康であり、申込規約を遵守できる人。

マラソン(42.195km):制限時間 6時間30分、関門9ヵ所(予定)
ファンラン(9.8km):制限時間 1時間45分、関門1ヵ所(予定)

※「陸連登録者」として参加する場合は日本陸上競技連盟登録が必要です。また学生は新学年です。車イス不可(安全性が確保できないため)

○2019年度については、エントリーは終了しています。

さが桜マラソンの由来・歴史

さが桜マラソンは、佐賀市制百周年を記念して1989年に始まりました。

2012年までは、ハーフと10kmの大会でしたが、2013年からは、フルマラソンとなりました。現在は、フルマラソンとファンラン(9.8km)があり、ファンランは、桜を見ながら楽しく走るコースとなっています。

フルマラソンとファンラン合わせて10,000人の参加が見込まれる非常に人気のある大会です。

スポンサーリンク

さが桜マラソン、2019年のゲスト出演者の情報

走る!

さが桜マラソン、決定している2019年のゲスト出演者は次の通りです。

■2019年のゲスト

  • 土佐礼子さん
  • 2001年の世界陸上選手権で銀メダル。2004年アテネ五輪で5位入賞。2008年北京五輪も出場しています。現在三井住友海上火災保険女子陸上部アドバイザー。

  • M高史さん
  • 駒澤大学陸上競技部にて2時間40分34秒のマラソン記録を持つ。2011年から「ものまねアスリート芸人」として活躍。全国各地のマラソン大会などに参加しています。

  • 君原健二さん
  • 1968年メキシコ五輪マラソンの銀メダリスト。ボストン、別大など国内外の有名マラソンで13回の優勝歴。さが桜マラソンにはこれまで1度も欠かすことなく連続出場されています。

  • 栁川春己さん
  • 1996年アトランタパラリンピックマラソンで日本人初の金メダルを獲得。鍼灸院を営みつつも、各種マラソン大会に出場されています。

佐賀の春を楽しもう

桜を愛でる

ンニング愛好者にとって、歴史を感じながら走り、桜のトンネルを抜けてゴールする、さが桜マラソンは、非常に魅力的な大会なのではないでしょうか。

佐賀県は、米どころとして有名ですね。日本酒の酒蔵や有明海の魚介類など「食」が魅力。

大会では、会場の陸上競技場に、物産展も出展され、地元のグルメが楽しめます。近くには温泉もあり、マラソン以外の楽しみもたくさんあるので、「応援」で参加して、桜と地元グルメを堪能するのもいいですね