西条祭り

常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。

ところが愛媛県で10月に開催される「西条祭り」では、150台以上の神輿やだんじりが勢揃い!

しかも勇ましいだけではなく、幻想的な光景も楽しめる素敵なお祭りなんです。

「正月には帰れなくても西条祭りには絶対に帰る」と、地元の人が言われるほどの西条祭り。どんな祭りなんでしょう?

そんな西条祭りの2018年の日程や開催場所、見どころなどをまとめましたのでぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

愛媛・西条祭り、2018年の日程と開催場所

4つの神社の祭の総称

提灯

西条祭りは、愛媛県西条市で毎年秋に開催される、4つの神社で行われるお祭りの総称です。

4つの神社、それぞれのお祭りの2018年の日程と開催場所は次の通り。

  • 嘉母神社祭礼(かもじんじゃ)
    • 日時…2018年10月6日(土)7日(日)
    • (体育の日の前々日と前日に毎年開催)

    • 場所…西条市禎瑞地区
    • 奉納台数:中型の太鼓台6台

  • 石岡神社祭礼(いわおかじんじゃ)
    • 日時…2018年10月14日(日)15日(月)
    • 場所…西条市氷見・橘地区
    • 奉納台数:だんじり27台・みこし2台

  • 伊曽乃神社祭礼(いそのじんじゃ)
    • 日時…2018年10月15日(月)16日(火)
    • 場所…西条市神戸・大町・神拝・玉津・西条地区
    • 奉納台数:だんじり・みこし合わせて80台ほど

  • 飯積神社祭礼(いいづみじんじゃ)
    • 日時…2018年10月16日(火)17日(水)
    • 場所…西条市玉津・飯岡地区および、新居浜市大生院地区
    • 奉納台数:太鼓台11台

この中で一番規模が大きいお祭りが、伊曽乃神社。地元で西条祭りと言った場合、この伊曽乃神社の祭りを指すことが多いんですね。

また、祭りの日程はそれぞれの神社で異なりますが、重複する日もありますので、どの神社の祭りを見るのか考えて行動するようにしましょう。

愛媛の人は西条祭りに真剣です。

西条市の人にとって、西条祭りは特別なものです。

祭りのために仕事を休むという人も多いのですが、中には祭りに参加するために仕事を辞めてしまうという人もいると言われるほど。

また、祭り期間中はほとんどのお店が休業し、開店してるのはコンビニと一部官公庁と救急受付ぐらい。観光客向けに「祭り期間中に営業しているお店マップ」が配られるほどなんですよ。

更に、祭りの費用も地元の人達が負担し、県や市の援助は一切受けずに運営されているほど。だからこそ、西条祭りは熱く盛り上がり、参加する人にも見る人にも感動を与えるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

西条祭りの見どころ

だんじりと神輿が150台以上も!

西条祭りで行われるのは、いずれの神社でも「神輿やだんじりを神社に奉納する」こと。

「それだけ?」と思うでしょうが、実際に目にするとその迫力に圧倒されます。

なにせ祭り期間中に、総計150台以上のだんじりや神輿や太鼓台が各神社へと奉納されるんです!いくら言葉で説明しても「すごい迫力」としか説明できないので、こちらの動画をご覧ください。

□西条祭り 例大祭 ダイジェスト 御輿屋台 だんじり 運行

伊曽乃神社の祭りを撮影したものですが、最後の方の20分頃からの動画に注目です。

この動画のお神輿などは、全て伊曾乃神社に集結した神輿とだんじりなんです。そしてこれらを担ぐ人、見物する人のに圧倒されませんか?

これが愛媛の人が愛する、西条祭りなんです。

しかも夜になると提灯に明かりが灯され、当たり一帯が柔らかな光に包まれます。

□西条祭り 伊曽乃神社例大祭 伊曽乃神社前

勇ましい迫力と、提灯が生み出す幻想的な光、この2つの光景が楽しめるなんて素敵ですね。

ちなみにだんじりと聞くと激しいぶつかりあいがイメージされますが、西条祭りではぶつかり合いは行いません。とにかく人で混雑する祭りですが、ぶつかり合いが無い点に関しては安心して見物できますね。

迷ったら川入りを見よう

どの神社の祭りを見学するか迷ったら、10月16日がオススメです。

とくに伊曽乃神社で16日夕方から行われる「川入り(宮入)」は、加茂川に約10台ものだんじりが勢揃いします。

そのだんじりが神輿をとりかこみ、一斉に加茂川へと入っていく様子は、これぞ西条祭りと言われるほどの大迫力!

この川入りをもって伊曽乃神社のお祭りはクライマックスを迎えるので、迫力とともにどこかわびしさも感じられるんですね。

□これが西条だんじり祭り(伊曽乃神社祭礼)のクライマックス=川入り、だ!!

*2017年はあいにくの雨でしたが、それでもこの人!です。

アクセスは?

西条祭りの期間中は、県外へ出ていた愛媛県人が一斉に帰省するため、どの交通機関も大混雑します。更にだんじりや神輿の移動があるために、慢性的に道路も大渋滞します。

お出かけの際はできるだけ公共交通機関を利用し、余裕を持ったスケジュールで移動することをおすすめします。

西条市までのアクセス

愛媛県西条市までは、電車でのアクセスが一番本数も多くて便利です。

まず各方面から、東海道・山陽新幹線で岡山駅へ向かいます。そこから在来線の瀬戸大橋線を経由して予讃線に乗り換え、「伊予西条駅」で下車すると西条市です。

各神社へのアクセス

ここから各神社へのアクセスですが、駅から遠いところも多いため、基本的にはタクシー利用が良いですね。ただし、石岡神社は伊予西条駅より2つ向こうにある「伊予氷見駅」で降りれば、歩いていくことができます。

神社 アクセス 住所 地図
嘉母神社 伊予西条駅で下車⇒タクシーで7分 西条市禎瑞643 (緑)
石岡神社 伊予氷見駅で下車⇒徒歩7分 西条市氷見乙1345-1 (紫)
伊曽乃神社 伊予西条駅で下車⇒タクシーで15分 西条市中野甲1649 (赤)
飯積神社 伊予西条駅で下車⇒タクシーで15分 西条市下島山甲1883 (青)

*地図上で赤の★印のところは、伊曽乃神社祭礼の川入りの場所になります。

熱気に負けるな!

西条祭りの場所

西条祭りは地元の人にとって、お正月のようなお祭りです。

これは大げさな表現ではなく、西条祭りから始まるカレンダーが存在するほどなんです。そういった郷土愛にあふれた部分も含めて、西条祭りを見学すると熱狂的な空気にも納得です。

人と祭りの空気に圧倒されてしまいますが、こちらも負けないぐらい張り切ってお祭りを楽しんでくださいね。