aburastekata1

ホームパーティーやお誕生日会などで、沢山揚げ物をした後に困るのが油の処理ですね。

揚げ物に使ったお鍋も、早い内に洗ってしまいたいですし、使わないなら油を捨ててしまいたい。

でも、捨て方を間違えると、火事やパイプつまりの原因にもなりかねませんし、環境汚染の心配も。

そこで、環境にも優しい、安全で正しい油の捨て方をまとめましたので、ぜひ覚えておきましょう!

スポンサーリンク

正しい油の捨て方

揚げ物に使った油は、炒め物に使うと無駄にならないと言いますよね。

ですが、長い間空気に触れた油は酸化してしまい、炒め物や揚げ物がべたつく原因となります。

また体にもあまり良くないので、大量の揚げ物油は、早めに処分するようにしましょう。

aburastekata2

次から、安全で正しい油の捨て方についてご紹介します。

市販の凝固剤を使う

簡単に処理したい場合は、市販の油凝固剤を利用します。

ホームセンターやドラッグストアで販売されているので、見たことがありますよね。

使う前に必ず注意事項をよく読み、指示に従って処理しましょう。

牛乳パックを使う捨て方

身近にあるもので油を処分するなら、牛乳パックを使うと便利。

用意するものは次のものです。

  • 1リットルの牛乳パック(同じ形態なら牛乳以外の紙パックでも可)
  • 古新聞か使い古した布
  • 粘着テープ

処分方法も簡単です。

  • 牛乳パックは一度中を洗ってから、上の口を全て開いておく
  • 牛乳パックの中に、水で軽く湿らせた古新聞や布を詰めておく
  • 使い終えた油を、必ず冷めた状態で牛乳パックの中に注ぐ
  • 粘着テープで口をしっかり塞ぐ

こうすると「燃えるゴミ」の扱いになりますが、必ずお住まいの地域の分別方法を確認しましょう。

ビニール袋を使う捨て方

油の量から、牛乳パックを使うほどでもない場合などは、ビニール袋やポリ袋でも代用が可能です。

この場合は、油漏れを防ぐために、ビニール袋を二重にすることと、穴が開いていないかチェックしましょう。

後は牛乳パックの時と同じく、中に古新聞などを詰め、油を染み込ませて処分します。

この場合も、中の布や古新聞を一度水で湿らせる事を忘れずに。

ポイントを押さえて発火を防ごう

牛乳パックやビニール袋で処分する際に、中のものを水で湿らせるのには理由があります。

それは、油だけを染み込ませたものを、気温の高い場所に放置すると、自然発火する恐れがあるからです。

水を混ぜておくだけで、自然発火の危険を抑えることが可能になるんですね

それでも長い間放置するのは危険ですので、処理をしたらすぐに捨てるようにしましょう。

また油が熱いうちに処理するのは、やけどや紙類の発火、ビニールが溶ける危険があります。

必ず、油が冷えてから処理を行いましょう。

スポンサーリンク

効果的かつユニークな油の捨て方をご紹介

頂き物の油をしまいこんで忘れてしまい、気がつけば、使用期限が過ぎていたということはありませんか?

そのまま使っても問題無さそうですが、やはり期限の過ぎた油は使いたくないですよね。

ですがそのまま油を捨てるのももったいない・・・

そんな場合はこの様な方法で処分するのはいかがでしょうか?

アロマキャンドルに

aburastekata3

余った油の活用法で有名なのが、廃油から作る石鹸ですが、材料の中に劇薬の苛性ソーダを使うこともあり、少々ハードルが高いですね。

そこで、石鹸ほど難しくなく、比較的安全にできる方法が、アロマキャンドルです。

次にアロマキャンドルの作り方を紹介します。

■廃油キャンドルの作り方 Produced by 環境維新隊

用意するものは、

  • 市販の凝固剤、
  • タコ糸、
  • お好みのアロマオイル、
  • クレヨン、
  • 耐熱ガラス瓶

です。

  • 作り方
  • も簡単です。

    1. 油を80度ぐらいまで加熱する。
    2. 好きな色のクレヨンを削って油と混ぜる。1本だと濃い色になるので、半分ぐらいで一度様子を見ます。
    3. 凝固剤を入れる。説明書通りの分量だと柔らかいので、2倍程度を目安にするとローソクらしい硬さになります。
    4. 少し冷えたらアロマオイルを10滴程度入れ、軽く混ぜる。
    5. 耐熱ガラス瓶に八分目まで油を注ぐ。
    6. タコ糸を耐熱ガラス瓶に垂らす。糸が斜めになるのを防ぐのに、割り箸で挟むなど工夫する。
    7. 完全に冷えて固まったら出来上がり。

    熱した油は危険ですので、くれぐれも注意してください。

    また、市販の凝固剤の本来の使い方ではないので、その点も注意してくださいね。

    垂れ流しは汚染の元!

    【関連記事】フライパンで上手に揚げ物をするコツ!揚げる時の温度の目安は?

    くれぐれも油をそのまま排水口に流すのだけはやめましょう

    面倒だから、少量だからと、そのまま流してしまう人もいます。でもこれはあらゆる意味でとても危険です。熱いうちに捨てると、火事の原因になりますし、冷えた油が排水口が詰まらせる原因にもなります。

    それ以上に、下水が油で汚染され、環境破壊の原因にも繋がりますよね。

    自分だけなら、という考えが、周囲に迷惑を掛ける原因になってしまうことに。油も正しく捨てれば資源になります。

    地域の捨て方に従って、正しく処分したいですね。