nattou4
好き嫌いがわかれる食べ物の代表と言えば、
「納豆」ではないでしょうか。

独特の匂いがしますし、ネバネバした食感があって、
食わず嫌いになる人も多いもの。

私は納豆好きなので、そのネバネバが良いのに!
とは思いますが、食の好みですから仕方ないですよね。

でも納豆には、体に取り入れたい栄養や効果が沢山含まれているとも。

なので、食わず嫌いな人にぜひ知ってもらいたい、
納豆の栄養と効果、また嫌いな人にもオススメなレシピについてまとめてみました。

スポンサーリンク

納豆の栄養と効果について

納豆には、どの様な栄養と効果があるのでしょうか。

nattou1

血液サラサラ!

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」には、
血液をサラサラにする効果があります。

血液がサラサラになることで、
脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ効果が期待できるのです。

また、高血圧症の改善にも、効果があります。

便秘解消にも!

食物繊維には腸内をお掃除して、
便秘を解消させる効果があります。

実は納豆には、100g中7gもの食物繊維が含まれているのです

納豆1パックは平均40gですから、
一度に取れるのは約3gと、あまり多そうには思えません。

しかし、食物繊維が多そうなごぼうでも、
100gで3.1gすので、実はごぼうより多いのですよ。

女子力アップ!

納豆のネバネバは、「ムチン」「ポリグルタミン酸」という成分で出来ています。

これらの成分には保水効果があり、
お肌をプリプリに保つ効果があります。

また、納豆にはビタミンB1が含まれています。
この成分は貧血予防に効果が期待できる成分です。

更に、納豆に含まれる大豆イソフラボンは、
更年期障害、生理不順、骨粗しょう症にも効果があるのです。

いずれも女性には気になる健康効果があるので、
積極的に食べたいですね。

納豆の効率的な食べ方

nattou2

納豆を効果的に食べるには、どうすれば良いのでしょうか。

食べる前に放置?!

納豆は発酵食品です。
そのため、日にちを置いた方が発酵が進み、成分も増加します。

一方で発酵が進みすぎると、独特の臭いも強くなってしまいます。

丁度良く美味しく食べるには、
食べる30分前に納豆を冷蔵庫から出して、常温にしましょう

こうすることで、少しだけ発酵が進むので美味しくなり、
栄養面もプラスになりますよ。

サラサラ効果は夜に

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、
体内に取り込まれから10時間前後、活発に作用します。

そのため、血栓が出来やすい就寝時に作用するように、
夕食に納豆を食べると効果的です。

朝に食べるイメージのある納豆ですが、
血液サラサラの面からは、夜食べたほうが良いでしょう。

出来れば加熱しない

ナットウキナーゼは熱に弱い為、
70度以上に加熱すると、効果は弱まってしまいます。

そのため、納豆は加熱せず、
そのまま食べるほうが、サラサラ効果の為には良いのです。

ですが、アツアツご飯程度でしたら、気になるほど弱まりません。
普通にご飯に乗せて、美味しく頂きましょう。

チョイ足しでカバー

納豆にはビタミンBは含まれていますが、
他のビタミンは含まれていません。

栄養素を補うためには、刻んだネギを入れると良いですね。

長ネギは、ビタミンAとCを補ってくれ、
香味が納豆の匂いを押さえる効果があります。

また、ほんの少し油を足すことで、納豆の吸収力がアップします

ごま油を入れると、匂いも中和して、味も良くなります。

意外なことに、オリーブオイルと黒胡椒を合わせると、
パンに合う食材になりますよ。

スポンサーリンク

オススメ納豆レシピをご紹介

苦手な人も食べやすくなる、納豆レシピを紹介します。

油揚げ納豆焼き

加熱すると、ナットウキナーゼが弱くなってしまいますが、
その分、納豆独自の臭いやネバネバも弱まります

苦手な人が食べやすくなるのでおすすめですよ。

○男子大学生のオトコ飯 「油揚げの納豆包み焼き作ってみた」

■材料(2人分)
納豆…2パック
長ネギ…5センチからお好みで
かつお節…10g(個別パックなら2袋)
納豆についてきたタレ…2パック
醤油…少々
ごま油…少々
油揚げ…4枚

■作り方
1・油揚げは、一度油抜きをする。
  ザルに入れて熱湯をかけても良いし、クッキングペーパーに包み、電子レンジで1分弱加熱でも良い。
2・半分に切り袋状に開く。切る前にまな板の上で、箸を転がすと、簡単に中が分離する。
3・納豆、みじん切りにした長ネギ、かつお節をボールに入れ、ごま油とタレを入れて混ぜる。
4・混ぜたものを油揚げの中に入れる。7分目を心がけると、焼いた時に中身が出てこない。
5・爪楊枝で油揚げの入り口を塞ぐ。
6・フライパンに並べ、中火で両面に軽く焼き色がつくまで焼く。
7・お皿に盛り、醤油を少々掛ける。

ポイントは、軽く焼き色程度にすること。

これにより、加熱しすぎず、
ナットウキナーゼを極力活かしつつ、
粘り気と匂いを抑える事ができます。

お好みで、具材にチーズやキムチを入れると、
更に匂いが気にならなくなります。

食べるときに、レモンをふりかけても、
さっぱりして美味しく食べられますよ。

nattou3

無理強いは良くないけれど

いかがでしたか?

納豆には、これだけの効能があるのですから、
ぜひ毎日でも食べて欲しいですね。

好き嫌いに関しては、味覚の問題もあるので、
嫌いな人には無理をして食べさせる事もないかもしれません。

ただ最近の納豆の中には、匂いを抑えた製品もありますし、
レシピを工夫すれば食べやすくなります

匂いや食感を理由に、食わず嫌いをするのはとてももったいないですよ。
無理にとは言いませんが、工夫して納豆を食べてみて下さいね。